ボランティアを始めるにあたって

ボランティア活動をやってみたいと思ったら

  • まずは、ボランティア活動スペースVOLASにお越しください。
    VOLASには、学生ボランティア団体の情報、外部団体のボランティア募集情報が集まっています。

    ⇒学内ボランティアの紹介はこちらから

  • コツは、「やってみたい、面白そう!」と思ったことをすることです。
    たくさんある情報の中から、自分にピンとくる活動を探してみましょう。

ボランティア活動を始めることが決まったら

  • 無理のない範囲で活動をしましょう
    活動内容をあらかじめ詳しく聞き、自分にあったものを選び、できる範囲のことを無理なく続けましょう。
  • 相手の立場を理解しましょう
    相手の望んでいることを的確にとらえるように心がけましょう。
  • 約束を守りましょう
    いったん活動すると決めたことは、責任を持って活動しましょう。
  • 個人情報は固く守りましょう
    活動中に知り得た名前や住所などの個人情報は他の人に口外しないでください。
  • 周囲の理解を得てから活動しましょう
    家族など周囲に活動内容を伝え、理解を得てから活動をしましょう。
  • ボランティア保険について
    万が一の事故に備えて、ボランティア保険に加入しましょう。
  • 活動の点検や記録をつけましょう
    活動に慣れてきたら、活動の内容を再度確認しましょう。また、振り返るためにも活動記録をつけるようにしましょう。
  • 次のような場合は、必ず連絡をしましょう
    ・風邪をひいたり、体調が悪くなったり、急用ができて活動を休まなければならないとき。
    ・相手から中止の連絡があったとき。
    ・活動を継続できなくなったとき・・・など。(社会福祉法人 府中市社会福祉協議会 HPにもとづいています)

困ったなと思ったら

まずは受け入れ先のスタッフの方に相談してみてください。
それでも解決しない場合や言いにくい場合は、ボランティア活動スペースまで、連絡をしてください。
大切なことは、ひとりで悩まないことです。何かあったら、すぐに周囲に相談してください。一緒に考えていきましょう。

東京外国語大学 ボランティア活動スペース volas@tufs.ac.jp