【外部団体情報】「福島の花」プロジェクト 学生翻訳ボランティア募集!

【活動時期】2015年4月上旬~20日頃まで ※応相談

?

★「福島の花」プロジェクトとは?

原発事故により、今まで福島県民が大切にしていた豊かな自然との距離ができました。

それは、長年の文化形成の中で県民に培われた、地元への誇りが失われそうなほどに大きな出来事でした。

しかし、震災後も以前と変わらず美しく咲く花は力強く、その姿は人々に長年自然に囲まれ過ごしてきた豊かな時間を想起させ、人々の心を癒してくれます。

このプロジェクトでは、Facebook、ウェブやアートギャラリーでの「福島の花」の展示を通じて、多くの方に花をご覧いただき、元気になっていただき、県内外の方に新たな福島の一面を伝えていくことを目的としています。

?

「福島の花」を震災後3年半撮り続けている写真家の野口勝宏氏から、社会貢献の一環として、ご厚意により無償で作品をご提供いただき、県内外で写真展示(入場無料)を行っています。

「福島の花」プロジェクト https://www.facebook.com/FukushimaFlowerProject

?

★活動内容

西会津芸術村で「福島の花」の展示を行います(5/2~7月上旬)。作品の花の説明文の翻訳(英語もしくは専攻語)が活動内容です。日本語で200~300語で、例えば以下のような内容です。

・撮影場所(例:この花がある仮設で撮影されたこと)
・花の歴史(例:江戸時代に人気で交配されて多品種となった)
・花の特徴(例:花びらに見えるものは、実はがくである)
・花に関連する書籍や物語、エピソード
・花を見て受ける印象

【申し込み】「福島の花」プロジェクト 橋森あかり(本学卒業生)

akari.hashimori[at]gmail.com [at]を@に直してください。

※詳細資料がVOLASにありますので、興味のある学生は来室してください。

※橋森さんとのやりとりは、基本的にはメールで進めることになります。携帯キャリアメールは使用しないようにしてください(携帯メールは不着等発生するため)。

日時: 2015年02月05日