11月~2月 府中市適応指導教室ボランティア(募集終了しました)

 府中市教育委員会では、市内の外国につながる児童・生徒を対象とした日本語適応指導教室を新規に開設します。
 外大の多言語・多文化教育研究センター ボランティア活動スペースも連携・協力しています。
 この度、11月7日からの教室開始にあたり、学生ボランティアを募集します。外国につながる子どもへの支援や、教育に関心のある方の参加をお待ちしています!


【日程】 11月7日~12月19日、1月9日~2月20日(すべて水曜日)15時~17時 ※すべての日程に参加できなくても大丈夫です。

【活動場所】府中市教育センター(府中駅徒歩7分)

【支援の対象となる子ども】府中市内の小中学校に通う外国につながる児童・生徒(来日あるいは海外から帰国して6ヶ月以内)

【活動内容】
教室の活動内容は、来日・帰国直後の児童・生徒に対する日本語適応指導。日本語、日本の文化や日本の学校のきまり、社会のルール・マナーなどついて、指導します。指導プログラムは教育委員会で作成し、教室全体をみる先生がいますので、学生は児童・生徒の学習の補助に入ります。
また、イベント(お楽しみ会、お正月など)を企画し、体験型学習の手法を取り入れた適応指導の活動を作り実施します。

【参加希望の方】
10月12日昼休みに、ボランティア活動スペース(研究講義棟206)で説明会を開催します。
お弁当持参で、直接お越しください。上記日程の都合がつかない方は、個別に対応しますので、ご相談ください。

※府中国際交流サロン児童学習支援とは別の教室です。府中国際交流サロンおよび他の日本語指導教室で活動中の方の参加も歓迎します。

府中市適応指導教室夏休み教室の様子はこちら

チラシはこちら


(ボランティア活動スペース)

日時: 2012年10月04日