【外部団体情報】8/20,8/25 「日本・イスラエル・パレスチナ学生会議」(JIPSC)一般向け公開イベント開催

外大生も参加している外部団体「日本・イスラエル・パレスチナ学生会議」(JIPSC)より、イベントの情報が届きましたので、ご紹介します。


=========

・一般公開シンポジウム「『難民』と入植者~イスラエル・パレスチナのアポリア」(8月20日(火))

こんにちは。日本・イスラエル・パレスチナ学生会議です。今年も8月にイスラエル・パレスチナから学生を招へいし、「夏会議」と呼ばれる2週間の合宿と様々な活動を行います。その一環として今回は一般の学生方を中心に招き、シンポジウムを開催します。テーマは「難民」と「入植者」です。

タイトル:「難民」と「入植者」~イスラエル・パレスチナのアポリア

日時:8月20日(火)19:00-21:00

場所:NPO推進センター(新宿区高田馬場)

参加費: 500円

内容: 「近隣諸国に住むパレスチナ難民の実情」

   錦田愛子先生(東京外国語大学アジア・アフリカ研究所助教)

「西岸地区におけるユダヤ人入植者の実情」

   立山良司先生(日本エネルギー経済研究所客員研究員 、元防衛大学教授)

それぞれの先生の講演の後イスラエル人、パレスチナ人学生とのパネルディスカッションを実施します。

※シンポジウムの公用語は英語になります。ただし当日日本語のレジュメを配布し、講演後に日本語の質問も受け付けます。

参加をご希望の方(氏名、所属をご記入お願いします):jipsc.atd@gmail.com


・合同学生会議報告会(8月25日(日))

夏会議開催が近づいていますがそのメインイベントである報告会のご案内です。

報告会は約2週間の合宿の中でイスラエル・パレスチナの様々な問題を話し合ったり、多様な活動を通して交流を深めた日本人・イスラエル人・パレスチナ人学生の参加者が一般の皆様にそうした経験を伝え、共有する機会です。解説付きですのでイスラエル・パレスチナ問題についての知識が詳しくない方にもオススメです。また通訳も付いています。イスラエル人、パレスチナ人学生と直接交流できるこの貴重な機会を是非お見逃しなく。

日時: 8月25日(日)14:30-16:50 

場所: スイングビル8階(東京都武蔵野市境2丁目 JR武蔵境駅北口徒歩1分) 

参加費: 無料 

内容:夏会議の内容紹介    日本人、イスラエル人、パレスチナ人学生参加者の感想        分科会(会場のみなさまが少人数に分かれ会議参加者と直に交流できる機会です)

参加をご希望の方(氏名、所属をご記入お願いします):jipsc.atd@gmail.com

当団体に関するお問い合わせ: jipsc.since2003@gmail.com


日時: 2013年07月31日