2017年10月アーカイブ

2017年10月31日

Q:G-6. パソコンの利用について(アカウント・ログイン関連)

アカウントの紛失による再発行申請やアカウントロック、Yドライブ・学術情報システムへのログインに関する問題が発生した際には、4階エレベーター横のICCカウンターに問い合わせてください。

faq

Q:G-5. 印刷について

印刷には入学後に貰える学生アカウントが必要となります。図書館4階エレベーターの前に印刷用のパソコンがありますので、アカウントが発行されたらご自身のログインIDとパスワードでログインし、印刷を行ってください。

使用する際に分からないことや質問がある時にはエレベーター隣のICCカウンターで、いつでも質問してみてください。

faq

Q:G-4. 館内施設利用について

図書館にある施設は申請さえすれば学生でもほとんどのものが利用できます。3階の個室閲覧室や4階のグループ閲覧室の利用については2階のカウンターで申請を受け付けています。また2階カウンターではイヤホン、iPad、プロジェクターなども貸し出しています。SDカードリーダーやDVDドライブのようなパソコン関連の物品は4階のICCカウンターでも貸し出しています。ノートパソコンの貸出は相談デスクでも受け付けていますが、19時以降の返却の際には2階のカウンターに返却してください。

☛館内各施設の利用

faq

2017年10月24日

卒論ガイダンス「卒論事始め!」終わりました!

LC池田です。

先週卒論ガイダンス「卒論事始め!」を終えました。

予想以上に多くの方にお越しいただくことができました。

ガイダンスでは、卒論執筆の年間スケジュールと、テーマが決まっていくまでのプロセスを学習相談デスクの大学院生の事例も交えながらお話しました。

ワークでは、大学院生の事例を参考に、実際に計画を立てていただきました。参加者それぞれの個性も垣間見ることができました。

卒論執筆で大切なのは、これからの時期ですので、ぜひガイダンスの内容をご自身の執筆に活かしてみてください。

また、ガイダンスに来られなかった方も、資料をあげておきますので、ご参照ください。

卒論事始め!.pdf

院生卒論スケジューリング事例.pdf

卒論について、何か聞きたいことがあれば、お気軽に学習相談デスクにお越しください。

学習相談デスク一同、お待ちしております。

guidance

2017年10月13日

卒論ガイダンスが終了しました(布村)

こんにちは。LCの布村です。

本日、卒論の構成について、二回目のガイダンスをしました。

来てくれた皆さん、ありがとうございました!

来られなかった皆さんについても、本日の資料をダウンロードして是非ご覧になって下さい。

さて、今回のガイダンスでは卒論を書く上での枠組みとしてIMRADと言うものを紹介しました。

IMRADは英語論文であったり、科学的な実証研究を論文にするときに使う枠組みです。

なので皆さんの論文執筆にどれだけ使えるかは分かりませんが、なるべく皆さんの卒論にも応用できるようにしたつもりです。

スライドも見ながら、使えそうなものだけ使ってやって下さい。

今回のガイダンスで疑問が残った人、スライドだけ見て「なんのこっちゃわからん」となった人はぜひデスクに来て下さい。

また、ワークで使ったワークシートもあげておくので、使いたい方は使ってください。

さて、私のガイダンスは終わりましたが来週も引き続き以下の卒論ガイダンスがあります。

16日(月)18:00~「卒論事始め!~スケジューリングとテーマの決め方~」

17日(火)16:30~/20日(金)17:40~「卒論で使える!効果的なデータの示し方」

どちらも必ず皆さんの卒論の手助けになると思うので、是非参加して下さい。

guidance

2017年10月11日

英語【第二言語習得】

≪名前≫ 寺島 芙由 (てらしま ふゆ)

≪所属≫ 東京外国語大学大学院 総合国際学研究科 博士後期課程 世界言語社会専攻

≪専門≫  

専門は第二言語習得です。特に英語学習者の発音習得について研究しています。

他にも、外国語学習一般の効果的な学習方法や教授方法に興味があります。

≪おすすめの書籍≫

石田秀雄(2002)『わかりやすい英語冠詞講義』大修館書店. K/a5/512156(3F閲覧室)

英語の冠詞に関する本です。中高でざっくりとは習ったけど、いまいち使い分けがよくわからないという方にお勧めです。

≪趣味≫

アニメ鑑賞:趣味が高じて、アニメを通じた英語学習を普及させようと画策しています。

洋書の多読:児童書を中心に。

profile

中国語【日本経済史】

≪名前≫ 内川 隆文

≪所属≫ 東京外国語大学 総合国際学研究科 博士後期課程 国際社会専攻

≪専門≫

第二次大戦中の日本の電力行政について研究してきました。

最近は単なる行政の研究から電力と社会思想の接合点へと関心テーマが動いています。

※中国語を専門的に勉強しているわけではないですが、経済つながりで中国には長年多大な関心を寄せています。

 中国政治にかかわる図書の翻訳も手がけています。

 お勧めの図書にも挙げた與那覇さんの『中国化する日本』はどなたが読んでも面白く感じられると思います。ぜひご一読を☆

≪ほびー≫

①ドローン(持ってますッ!) ②アコーディオン ③Age of Empire3(この神ゲーを知らない世代も多くなったと思う) ④ロシア民謡および軍歌を歌うこと

≪おすすめの書籍≫

田中聡『電気は誰のものか』(晶文社,2015

Electrifying America: Social Meanings of a New Technology, 1880-1940 (MIT Press)

中国化する日本 増補版 日中「文明の衝突」一千年史 (文春文庫

profile

2017年10月 6日

卒論ガイダンスのデモがありました(布村)

こんにちは。学習相談デスクの布村です。

最近めっきり寒くなってきました。卒論提出の時期が着々と近づいていますね。

「そろそろ書き始めないとやばいな...」と思って書き始めたものの「どうやって書いたらいいのだろう...」と思ったきり何も書けてない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな皆さんに来ていただきたいのが「卒論ガイダンス」です。

私は「IMRADをつかった卒論の組み立て方」というタイトルで、卒論の構成に関するガイダンスをします。

来週のガイダンスに先立ち、今週の水曜日にデモを行いました。デモとは、図書館の職員さんが学生役となって実際にガイダンスを行うものです。

ここで、本番に向けて修正すべき点についてフィードバックをもらいます。何枚か写真を載せますね。

デモは本番さながらの緊張感です...私も必死です

ホワイトボードぐちゃぐちゃです。本番までに改善します。

これを読んで、「IMRADってなんだよ!」と思った方「卒論やばいよ!!」と思った方、ぜひぜひ卒論ガイダンスにいらしてください。

IMRADの説明だけでなく、実際に皆さんが持ち寄ったテーマを使って構成を考える時間も用意してあります。

まだテーマが決まっていないけど、卒論についてなんとなく考えておきたい3年生(1・2年生)も大歓迎です。

10日(火)18:00〜19:00

13日(金)16:30〜17:30

の時間で図書館4階@ラボで行います。

ぜひぜひ来てくださいねー。

(布村猛)

guidance

卒論ガイダンスのデモを終えて

こんにちは。学習相談デスク池田です。

秋学期の初週が終わろうとしていますが、皆さんの秋学期の出だしはいかがでしたでしょうか。

今回のブログでは、来週から開始の「卒論ガイダンス」の舞台裏(というと大げさですが...)をご紹介しようと思います。

学習相談デスクでは、年に数回のペースでデスクの院生(以下、LC)が学部生にレポートや卒論の執筆についてのガイダンスを開催しています。

ガイダンス開催に際して、LCは本番を向かえる前に、「デモ」を行います。

図書館職員さんに、本番と同じ形式でガイダンスを行い、様々なコメントをもらった上で、必要であれば修正を施し、本番に臨むわけです。

今回はそのデモの一部を写真と共にご紹介します。

発表中の様子。図書館職員さんがオーディエンス役。

スライドを一部載っけます!もっと見たい方は本番にお越し下さい!

そして最後に職員さんからコメントをいただきます。有益な指摘が貰えるので、院生にとっても学びの場になっています。

写真はコメントする職員さんと、コメントを聞きながらスライドを追う報告者。

卒論ガイダンスもいよいよ来週にせまってきました!

学習相談デスク一同皆さまのご参加をお待ちしております。

guidance

2017年10月 3日

チェコ語 【言語学】

≪名前≫ 村田 英璃(むらた えり)

≪所属≫ 東京外国語大学 総合国際学研究科 博士前期課程 世界言語社会専攻

≪専門≫
専門は言語学・文法論。チェコ語の品詞「助詞」を扱っています。

≪おすすめの書籍≫

大橋鎭子 『すてきなあなたに』 暮しの手帖社。全六巻。

雑誌暮しの手帖に掲載された、日々の暮らしを綴ったエッセイ集。中学生のときから読み続けている、とっておきの愛読書です。雨の日の昼下がり、好きな紅茶を飲みながら、夜寝る前の30分... ほっと一息つきたいときに。

≪趣味≫ 折り紙

profile

イタリア語・英語 【比較政治学】

≪名前≫ 池田 和希(いけだ かずき

≪所属≫ 東京外国語大学 総合国際学研究科 博士後期課程 国際社会専攻

≪専門≫
専門は比較政治学。政党システム論・政党組織論を主たる分野として研究。

イタリアを軸に、ヨーロッパ各国を見ている。また、カエルを中心とした両生類にも関心が強い。

≪おすすめの書籍≫

宮島喬・木畑洋一・小川有美編(2018)『ヨーロッパ・デモクラシー 危機と転換』岩波書店

第一線の研究者が、英国のEU離脱や移民・難民問題など現状のヨーロッパが抱える諸問題を論じた1冊。

≪趣味≫ 爬虫類・両生類飼育

profile

category