• アクセス
  • English
  • 東京外国語大学

Activities活動記録

  • Home
  • 活動記録
  • シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」(TICAD7パートナー事業・7月13日)報告

センターの活動

シンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」(TICAD7パートナー事業・7月13日)報告

2019年7月13日(土)

7月13日、上智大学にてシンポジウム「日本のアフリカ研究を総覧する」(TICAD7パートナー事業)が当センター及び、京都大学アフリカ地域研究資料センター、上智大学アジア文化研究所、東京大学アフリカ地域研究センターの主催により開催されました。

山極壽一京大総長の基調講演に続き、13の大学・研究機関がそれぞれのアフリカ研究について紹介しました。武内進一センター長は、東京外国語大学のアフリカ研究の特徴について、アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)や当センターの取り組みを紹介すると同時に、学部レベルで「アフリカ地域専攻コース」を設けていることや、大学院の「平和構築・紛争予防専修コース(PCS)」並びに、東京農工大・電気通信大学とが共同で設置する「共同サステナビリティ研究専攻」について述べて、アフリカ研究と教育との繋がりが強化されている現状を説明しました。

DSC05132.JPG

シンポジウムの後半では、外務省、JICA、NGOといったアフリカに関わる実務家を交えて、日本のアフリカ研究の特長や課題、研究と実務の関係などについての議論が行われ、「持続可能な開発目標」(SDGs)に代表される今日的課題に対応するには、分野を超えた協働や、アフリカ人留学生を含めた人材育成の強化が必要だという点が強調されました。

m91ghaAZ.jpg

【本シンポジウムの参加大学・研究機関による共同声明及び当日のプログラムはこちらからご覧いただけます】