中山 智香子 (NAKAYAMA Chikako)

氏名 / Name 中山 智香子 (NAKAYAMA Chikako)
所属職名 / Affiliation 大学院総合国際学研究院/教授
Institute of Global Studies/Professor
電子メール / Email
ウェブページ / Website
学位 /
Degree
  • 修士(経済学)(早稲田大学) 1989年
  • 博士(社会・経済学)(ウィーン大学(オーストリア)) 1995年
研究分野(e-Rad分野) /
Research Field(s) (by e-Rad)
  • 思想史
    History of thought
  • 経済学説、経済思想
    Economic doctrines and economic thought
研究キーワード /
Research Keywords
  • global studies
  • 経済思想 グローバルスタディーズ
    economic thought

自己紹介 / Biography

大戦間期オーストリアを中心とするドイツ語圏の経済思想、社会思想を専門領域とし、K.ポランニーの思想、世界システム分析などを援用したグローバル・サウスの観点からサステイナビリティ研究を行っている。また、この観点から貨幣論の考察も行っている。

学歴 / Academic Achievement

  • 1995年03月 早稲田大学大学院経済学研究科 単位取得満期退学
    1995.03 Waseda University Graduate School, Division of Economics Accomplished credits for doctoral program
  • 1995年07月 ウィーン大学大学院大学院経済学研究科経済学 修了
    1995.07 Vienna University Graduate School, Division of Economics Completed

所属学会 / Affiliated Academic Societies

    • 社会思想史学会
      Japanese society for the history of social thoughts

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • 贈与と交換のはざまに:「血」と感染をめぐる社会科学的思考の考察, 社会思想史研究, 46巻, 9-31, 2022年
  • グローバリゼーションと「危機」の経済的位相;コロナショック2020の示すもの, 現代思想, 48巻7号, 219-223, 2020年
    Globalization and the economic phase of the 'crisis': What the Corona-shock 2020 shows us , review of contemporary thoughts, 48(7), 219-223, 2020
  • ジオポリティクスが媒介したヘゲモニーの推移:「アメリカの世紀」のあらわれ, 現代思想, 45巻18号, 78-87, 2017年
    The transition of hegemony via geopolitics: the appearance of 'The American Century', The journal of contemporary thoughts, 45(18), 78-87, 2017
  • 認知資本主義と統治:貨幣が国家から離れるとき, 認知資本主義:21世紀のポリティカル・エコノミー, 241-256, 2016年
    cognitive capitalism and the governance, cognitive capitalism, 241-256, 2016
  • 世界システム論の潜勢力:ヘゲモニー論を超えて, 叢書ヒドラ:批評と運動1, 55-78, 2015年
    The latent power of the world-systems theory: beyond the analysis of hegemony, The ciritics and movements, 55-78, 2015
  • レントがひらく可能性:「メメント・モリ」の経済学のために, atプラス, 23号, 44-55, 2015年
    Theoretical potentialities of the concept of rent: toward economics for 'memento mori' (23), 44-55, 2015
  • 長い20世紀の終焉, DIO, 300号, 13-16, 2015年
    The end of the long twentieth century (300), 13-16, 2015
  • 悲観的クズネッツ主義者の挑戦, 現代思想(増刊号), 42巻17号, 130-139, 2014年
    A Challenge by a pessimistic Kuznetsian economist42(17), 130-139, 2014
  • タックスヘイヴン、あるいはフリードマンの亡霊:グローバル時代の自由とは, 熱風, 11巻5号, 11-18, 2013年
    Tax Haven, or the phantom of Friedman, GHIBLI, 11(5), 11-18, 2013
  • Uncertainty and strategic interdependence in the interwar Viennese milieu, Subjectivism and Objectivism in the History of Economic Thought, 144-161, 2012年
  • レントで暮らすヴァイキング?アイスランドの破産が示すもの, 現代思想, 39巻3号, 134-145, 2011年
    Vikings living on rent? The implication of bankruptcy of Iceland, review of contemporary thoughts, 39(3), 134-145, 2011
  • 非市場型社会の構想:K・ポラニーの二つの「戦後」, 社会思想史研究, 34巻, 37-51, 2010年
    A Vision of Non-Market Society: K. Polanyi's Two Post-War Periods, Annals of the Society for the History of Social Thought, 34, 37-51, 2010
  • 『マネジメント』の人間主義的功罪, 現代思想, 38巻10号, 160-171, 2010年
    The merits and faults of humanitarianism inDrucker's "Management", The journal of Contemporary Thoughts, 38(10), 160-171, 2010
  • A Lifelong Friendship: The Correspondence between Oskar Morgenstern and Luigi Einaudi, Storia del Pensiero Economico, 1巻2008号, 95-120, 2008年
  • 経済思想における「戦争機械」:シュンペーターを手がかりに, 東京外国語大学論集, 75号, 215-233, 2007年
    War machine' in economic thoughts: with the focus on Schumpeter's ideas, Area and Culture Studies, (75), 215-233, 2007
  • 経済戦争の時代の経済思想:序説, 東京外国語大学論集, 74号, 81-102, 2007年
    Economic Thoughts in the Period of Economic Warfare: An Introduction, Area and Culture Studies, (74), 81-102, 2007
  • 「ジオポリティクスとは何か」(西谷修・中山智香子編『視角のジオポリティクス:メディアウォールを突き崩す』), 東京外国語大学大学院21世紀COEプログラム「史資料ハブ地域文化研究拠点」研究叢書, 105-113, 2005年
  • 学説史的に見た経済統合:FTA批判をめぐる考察, PAIR 研究報告書:アジア工業圏の経済展望 -2005-, 14巻, 137-161, 2005年
    Economic Integration and Critic of FTA in the perspective of history of economic thought, Projections for Aisan Industrializing Region -2005-, 14, 137-161, 2005
  • 市場社会主義を考える, 現代思想臨時増刊号, 32巻5号, 184-192, 2004年
    An Investigation on Market Socialism, contemporary thoughts, 32(5), 184-192, 2004
  • An investigation on intervention in Economic Sociology, 東京外国語大学論集, 67巻, 107-123, 2004年
  • Austrian Economics in the Interwar Period: Morgenstern and Austria in the 1930s, Area and Culture Studies (Tokyo University of Foreign Studies) vol. 65, 61-82, 2003年
  • 「ヒューマニズムの争奪戦:新自由主義の起源と射程の考察」, 東京外国語大学海外事情研究所『クアドランテ』No.5, 5号, 207-231, 2003年
  • 天使の顔:大戦間期の複製技術と総動員, 東京外国語大学海外事情研究所『クアドランテ』No.4, 4号, 217-235, 2002年
  • アンチ・ファシズム・ヒステリア, 東京外国語大学海外事情研究所 『クアドランテ』第3号, 3巻, 159-183, 2001年

書籍等出版物 / Books and Other Publications

  • The Proceedings of the AO Project of TUFS 2023 Lives Matter in Africa: Toward a collaboration for ‘Global South’, Chikako Nakayama (TUFS), Other, Joint editor, 2024
  • The Routledge Handbook on Karl Polanyi, Routledge, Scholarly book, Sole author, 2024
  • 大人のためのお金学, NHK出版, 一般書・啓蒙書, 単著, 2023年
  • 貨幣の国家理論, 日本経済新聞出版, 学術書, 共訳, 2022年
  • 100分de名著for ティーンズ, NHK出版, 教科書・概説・概論, 共著, 2022年
  • ブラック・ライヴズ・マターから学ぶ:アメリカからグローバル世界へ, 東京外国語大学出版会, 一般書・啓蒙書, 単著, 2022年
  • 経済学の堕落を撃つ:「自由」vs 「正義」の経済思想史, 講談社, 一般書・啓蒙書, 単著, 2020年
    Fighting against degenerate economics: History of economic thoughts for 'freedom' vs 'justice', Koudansha, General book, introductory book for general audience, Sole author, 2020
  • Karl Polanyi and Twenty-First-Century Capitalism, Manchester University Press, Scholarly book, Sole author, 2020
  • Banking and Monetary Policy from the Perspective of Austrian Economics, Springer International Publishing, 学術書, 単著, 2018年
  • Karl Polanyi's Vision of a Socialist Transformation, Black Rose Books, 学術書, 単著, 2018年
  • Balibar/ Wallerstein's "Race, Nation, Class": Rereading a dialogue for our times, Argument Verlag/ Haus der Kulturen der Welt, 学術書, 単著, 2018年
  • 経済ジェノサイド:フリードマンと世界経済の半世紀, 平凡社, 一般書・啓蒙書, 単著, 2013年
  • 北京のアダム・スミス, 作品社, 学術書, 共訳, 2011年
    Adam Smith in Beijing, Sakuhinsha, Scholarly book, Joint translator, 2011
  • Austrian Economics in Transition:From Carl Menger to Friedrich Hayek(jointly worked), Palgrave Macmillan, 学術書, 共著, 2010年
  • 経済戦争の理論:大戦間期ウィーンとゲーム理論, 勁草書房, 学術書, 単著, 2010年
    The Theory of Economic Warfare: The Interwar Vienna and Game Theory, Keiso Shobou, Scholarly book, Sole author, 2010
  • ハイエク全集II-7,思想史論集(共訳), 春秋社, 学術書, 共訳, 2009年
    Collected works of F. A. Hayek, II-7, Treatises on History of Thoughts (jointly translated), Scholarly book, Joint translator, 2009
  • ビジネス倫理の論じ方(共著), ナカニシヤ出版, 学術書, 共著, 2009年
    How does ethics matter to business?(jointly worked), Scholarly book, Joint author, 2009
  • 沖縄/ 暴力論(共著), 未来社, 学術書, 共著, 2008年
    Okinawa/ Treatize on violence, Mirai Sha, Scholarly book, Joint author, 2008
  • シュンペーターの未来, 日本経済評論社, 学術書, 単訳, 2008年
    The future and possibility of Schumpeter, Scholarly book, Sole translator, 2008
  • 市場社会とは何か:ヴィジョンとデザイン(共著), 上智大学出版会, 学術書, 共著, 2007年
    What is the market society? visions and designs(jointly worked), Scholarly book, Joint author, 2007
  • 社会科学を再構築する:地域平和と内発的発展(共著), 明石書店, 学術書, 共著, 2007年
    The reconstruciton of social science(jointly worked), Scholarly book, Joint author, 2007
  • アルジャジーラとメディアの壁(共著), 岩波書店, 学術書, 共著, 2006年
    Al Jazeera and the Media Wall(jointly worked), Iwanami Shoten, Scholarly book, Joint author, 2006
  • グローバル化と奈落の夢(共著), せりか書房, 学術書, 共著, 2006年
    the Nightmare of Globalization(jointly worked), Scholarly book, Joint author, 2006
  • 『経済思想 5:経済学の古典的世界2』(共著), 日本経済評論社, 学術書, 共著, 2005年
  • 差異のエチカ(共著), ナカニシヤ出版, 学術書, 共著, 2004年
  • 確率の哲学理論, 日本経済評論社, 学術書, 単訳, 2004年
    philosophical theory of probability, Scholarly book, Sole translator, 2004
  • 『オーストリア学派の経済学:体系的序説』(共著), 日本経済評論社, 学術書, 共著, 2003年
  • 『グローバル・ヒストリーに向けて』(共著), 藤原書店, 学術書, 共著, 2002年
  • F. A. Hayek as a Political Economist: Economic analysis and values(jointly worked), Routledge, 学術書, 共著, 2002年
  • シュムペーターのウィーン, 日本経済評論社, 学術書, 共訳, 1998年
    Schumpeter's Vienna, Scholarly book, Joint translator, 1998

MISC / MISC

  • 「解説」(ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン:惨事便乗型資本主義の正体を暴く』), ナオミ・クライン『ショック・ドクトリン:惨事便乗型資本主義の正体を暴く』下巻, 岩波書店(岩波現代文庫), 記事・総説・解説・論説等(その他), 単著, 2024年
  • 変わるお金、消えるお金、つながるお金, 高校生と考える21世紀の突破口, 左右社, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2023年
  • ロバート・スキデルスキー『経済学のどこが問題なのか』, 東洋経済, 東洋経済新報社, 書評論文,書評,文献紹介等, 単著, 2022年
  • ブリューノ・テレ『社会的事実としての貨幣』, 社会経済史学, 書評論文,書評,文献紹介等, 単著, 2022年
  • 話題の本 著者に聞く:『経済学の堕落を撃つ』, 週刊東洋経済, 東洋経済新報社, その他, 共著, 2021年
    Books of current topic: Listening to the author, Fighiting against the degeneration of ecoomics , Weekly Toyo Keizai, Toyo Keizai Shinpo-sha, Other, Multiple Authorship , 2021
  • Karl Polanyi in Japan, http://www.karlpolanyisociety.com/, International Karl Polanyi Society, Other, Single Author, 2020
  • マネジメントの思想、開発・発展理論、ポランニーと経済人類学、リバタリアニズム、新自由主義, 社会思想史事典, 丸善出版, 記事・総説・解説・論説等(その他), 単著, 2019年
    theories of management, theory of development, Polanyi and economic anthropology, libertarianism, neoliberalism, Encyclopedia for the history of social thought , Maruzen Publishing, Article, review, commentary, editorial, etc. (other), Single Author, 2019
  • コースにおける環境問題と政府・市場・企業, 環境経済・政策学事典, 丸善出版, 記事・総説・解説・論説等(その他), 単著, 2018年
    Environmental problem and the government, market and firms in the theory of R. H. Coase , Encyclopedia for environmental economics and policies, Maruzen Publishing, Article, review, commentary, editorial, etc. (other), Single Author, 2018
  • ジョン・F.ナッシュ:時代に翻弄されたゲーム理論の革新者, 週刊エコノミスト, 毎日新聞社, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2012年
    John Nash: a pioneer of game theory at the mercy of his time, economist (weekly), Mainichi Shinbunsha, Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media), Single Author, 2012
  • 解説(金融危機をめぐる10のテーゼ), 金融危機をめぐる10のテーゼ, 以文社, 記事・総説・解説・論説等(その他), 単著, 2010年
    comment (crisis in the global economy), Crisis in the Global Economy, Ibunsha, Article, review, commentary, editorial, etc. (other), Single Author, 2010

講演・口頭発表等 / Presentations

  • G.F.クナップ『貨幣の国家理論』とその射程, 日本銀行金融研究所研究会, 国内会議, 日本銀行金融研究所, 口頭発表(招待・特別), 東京, 2023年
  • 「感染症の思想史」コメント, 社会思想史学会大46回大会, 国内会議, 社会思想史学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), オンライン, 2021年
    comments on the history of thoughts on infectious diseases, The 46th conference of the history of social thoughts, Domestic presentation, Japanese society for the history of social thought, Symposium, workshop panel (nominated), online, 2021
  • An investigation of social and credit theory of money focusing on regional and crypto currencies , the 5th RAMICS conference, 国際会議, Researcg Association on Monetary Innovation and Community and Complementary Currency System, 口頭発表(一般), 2019年
  • 「胃袋の平等」と産業革命以降のネイチャーズ・エコノミー, 社会思想史学会第43回大会, 国内会議, 社会思想史学会, 口頭発表(一般), 東京外国語大学, 2018年
    'the equality of stomachs' and nature's economy after the industrial revolution, the 43th conference of the Japanese society for the history of social thought , Domestic presentation, Japanese society for the history of social thought, Oral presentation (general), Tokyo Univesity of Foreign Studies, 2018
  • An Investigation of ecological potentiality of Polanyi’s thought: Tamanoi and Illich as Polanyian successors, 第14回国際ポラニー会議, 国際会議, Karl Polanyi Institute , シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), ソウル(韓国), 2017年
  • 21世紀の世界システム論, 社会思想史学会第41回大会, 国内会議, 社会思想史学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 中央大学後楽園キャンパス, 2016年
    World systems theory in the 21st century, The 41st conference of the Japanese society for the history of social thoughts , Domestic presentation, Japanese society for the history of social thoughts, Symposium, workshop panel (public), Chuo University (Kourakuen Campus), 2016
  • グローバル経済世界と市民的不服従の位置, 日本平和学会2015年秋季大会, 国内会議, 日本平和学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 琉球大学, 2015年
  • “Imposed” freedom and peace as the reemergence of the post-war period : Consideration of peace in a complex society by Karl Polanyi’, 『複合社会における自由」のための国際ワークショップ, 国際会議, Rosa Luxemburg Foundation, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), New School for Social Research (New York), 2015年
  • 経済的に合理的な「平和」を考える, 日本倫理学会第66回大会, 国内会議, 日本倫理学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 熊本大学, 2015年
  • Karl Polanyi as a precursor of world-systems theorists: The concept of embeddedness and undiscussed message of Giovanni Arrighi , ポラニー国際セミナー, 国際会議, Karl Polanyi Institute, 口頭発表(一般), Montreal, 2014年
  • The critic of Neoliberalism in the Polanyian Perspective, The First World Keynes Conference, 国際会議, World Keynes conference, 口頭発表(一般), Izmir (Turkey), 2013年
  • グローバル・ヒストリーと思想史の位置, 社会思想史学会大会, 国内会議, 社会思想史学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 一橋大学, 2012年
    the relationship between global history and history of thoughts, a conference of the society for the history of social thought, Domestic presentation, Japanese society for the history of social thought , Symposium, workshop panel (public), Hitotsubashi University, 2012
  • 幹事企画セッション:社会民主主義の再検討における報告「K. ポラニーの社会概念」, 社会思想史学会大会, 国内会議, 社会思想史学会, 口頭発表(一般), 神戸大学, 2009年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

Last updated on 2024/5/13

PAGE TOP