国際交流

HOME > 国際交流 > 世界からTUFSへ:ショートステイ サマープログラム

このページを印刷する

ショートステイ サマープログラム

TUFS ショートステイ サマープログラム2018

  • プログラム日程:2018年7月23日~8月8日
  • 申請期間:2018年2月15日~3月15日(日本標準時間24:00)
  • 場所:東京外国語大学 留学生日本語教育センター こちら
  • オンライン申請:http://e-apply.jp/n/tufs-3
  • プログラムリーフレット:PDF
  • プログラムスケジュール:TAB

TUFS Short Stay Program

TUFS ショートステイ サマープログラム2018

本プログラムは本学協定校等に在籍する日本語学習者のための3週間集中講座です。ビジネス日本語と総合日本語の2つのコースがあり、日本語教育と、日本文化や社会に触れる実践的な授業で構成され、各クラス12人程度の少人数で実施されます。総合・ビジネス日本語コース共に学外で日本文化体験研修を実施するほか、ビジネス日本語コースでは、日系企業での就業や日本での就職に関するワークショップを実施します。また、ゆかた着付け体験、茶道・華道・書道といった日本文化を体験する機会や、TUFSの学部学生との様々な交流の機会も設けられています。

東京外国語大学について

東京外国語大学は、100年を超える歴史を持ち、日本における国際的な学問研究、学術交流の拠点の一つとして重要な役割を果たし続けています。現在、世界70か国以上の国から600名以上の留学生が学んでおり、外国人留学生と日本人学生がともに学べる環境づくりに取り組んでいます。 東京外国語大学のキャンパスは、緑豊かな府中市に位置し、西武多摩川線「多磨駅」からは徒歩5分、京王線「飛田給駅」からも徒歩圏内です。多磨駅からは若者の人気スポットとして知られる吉祥寺へ20分、副都心である新宿まで約30分とアクセスも便利です。

東京外国語大学 留学生日本語教育センターについて

2015年に45周年を迎えた東京外国語大学留学生日本語教育センター(JLCTUFS “Japanese Language Center for International Students, Tokyo University of Foreign Studies”)は、東京外国語大学のグランドデザインのひとつである「日本語教育研究の世界的な拠点」を目指して活動する、国内最大級の日本語教育機関です。日本語教育のみならず、日本語教育教材の開発や、国内外での日本語教育への協力や支援、さらには日本語教育の指標となる『JLC日本語スタンダーズ』の構築、及び『JLPTUFSアカデミック日本語Can-doリスト』の作成や研究などを行っています。

このページのトップへ

コース内容

 

総合日本語 ビジネス日本語
レベル 3レベル(初級後半、中級、上級) 1レベル(中級~上級)
提出書類及び留学前にウェブ上で実施する日本語能力判定テストの結果により
レベル分けを行います。
クラス数 未定 未定
1クラスの人数 12名程度
参加要件
  • 大学または大学院に在籍していること。高校または大学で日本語の授業を履修し、ひらがな・カタカナの読み書きが十分できることに加え、初級の教科書の学習を終えていること。
  • 大学または大学院に在籍していること。高校又は大学で日本語の授業を履修し、日本語能力試験N3以上に相当する日本語力があること。
注意事項:
  • ショートステイプログラム開始前に在籍中の大学または大学院を卒業予定の方は参加できません。
  • 受入に関しては、本学交流協定校に在学中の学生が優先されます。
  • 初級者は参加できません。受入は審査を行った上で決定します。
授業時間 55.5時間
単位数 2単位(本学が認定する単位)


総合日本語
ビジネス日本語中~上級

クラススケジュール

 

Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday
8:30-10:00 日本語授業
10:10-11:40
11:40-12:40 昼休み
12:40-14:10 日本語授業、個人指導や日本文化に関する講義、文化体験等があります。
14:20-15:50

成績証明書・修了証明書・単位認定

成績証明書は全員に発行されます。修了証明書は80%以上の出席と課題提出の要件を満たすことで発行されます。本学が認定した単位(日本語クラス+その他の必修クラス・活動+学外研修=55.5時間相当で2単位)が在籍する大学の単位に認定されるかどうかについては在籍する大学に確認してください。

このページのトップへ

募集要項


プログラム料金

支払方法

クレジットカードのみ:支払期限その他詳細は受入決定者にお知らせします。
必ず指定の期日(合格通知受け取り後、1週間以内)までにお支払いください。

宿舎

プログラム料金の支払いが確認でき次第、本学で宿舎を用意します。電車やバスで通学していただく場合もあります。

キャンセルする場合について

2018年5月31日までにキャンセルする場合、送金手数料を除いた全額が返金されます。
2018年6月1日以降2018年7月16日までにキャンセルする場合、送金手数料および宿泊費用を除いた金額が返金されます。
2018年7月17日以降にキャンセルされた場合はどのような場合においても全額返金されません。キャンセル理由の如何にかかわらず、返金の際の送金手数料等は参加をキャンセルした方の負担となります。

本学の都合によりコースがキャンセルとなった場合は全額が返金されます。

このページのトップへ

海外旅行保険

万が一に備え、本プログラム参加者は日本への往復路、日本滞在中の事故、怪我、病気、持ち物の紛失・盗難等が補償される海外旅行保険に必ず加入してください。本学はそれらの責任は一切負いません。

日本国査証(ビザ)

日本国査証の手続きが必要な方は各自で手続きをしてください。査証取得のための招聘状やその他の情報が必要な方はご連絡ください。
参考:外務省ビザ・日本滞在情報

連絡先
国立大学法人東京外国語大学 留学支援共同利用センター
TUFSショートステイプログラム
〒183-8534
東京都府中市朝日町3-11-1
TEL: +81-42-330-5113 FAX: +81-42-330-5189
E-mail: pro-s-stay[at]tufs.ac.jp ※[at]を@に変えて送信してください。