東京外国語大学 総合文化研究所

総合文化研究所 活動史

バックナンバー

1997

東京外国語大学主催公開シンポジウム
3月15、16日「文化の未来 ― 開発と地球化のなかで考える」
上村忠男・荒このみ・西永良成・鈴木聡・栗田博之
公開講座
10月17日~12月5日 全7回「外国文学を翻訳する」
原卓也・奴田原睦明・河島英昭・三枝壽勝・牛島信明・川口健一・西永良成
10月30日「言語体系の中心にある人間」
フランス/コレージュ・ド・フランス/クロード・アジェージュ教授
公開シンポジウム
11月22日「歴史と文学の対話」
荒このみ・亀山郁夫・鈴木聡・西永良成・水林章
国際研究会
98年2月19日「韓国文学の近況」
韓国/小説家シン・ギョンスク氏、評論家パン・ミンホ氏
各種研究会
東南アジア文学研究会 隔月第一土曜日
朝鮮文学研究会 毎月第二土曜日
スペイン語文学研究会 毎月第三土曜日

1998

公開講座
9月25日~11月6日 「外国文学を翻訳する」全七回
主催:総合文化研究所、後援:財団法人国際言語文化振興財団
沓掛良彦・小林二男・荒このみ・藤井守男・岡村多希子・関口時正・谷川道子
公開講演会
主催:総合文化研究所、後援:財団法人国際言語文化振興財団
11月5日「メロドラマの論理」
四方田犬彦
11月22日「『浮気』のすすめ」
米原万里
コンサート・講演会(4月16日)
主催:中野健三基金、共催:総合文化研究所、後援:岩崎民平基金
講演:「音楽における無限」
中沢新一
コンサート:「ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲七番・他」
ショスタコーヴィチ弦楽四重奏団
各種研究会
ロシア文学研究会 毎月第一・第三水曜日
朝鮮文学研究会 毎月第二土曜日
スペイン語文学研究会 毎月第三土曜日

1999

東京外国語大学独立百周年記念特別講演会『言語と表象』
主催:総合文化研究所、共催:国際言語文化振興財団、後援:朝日新聞社
10月7日 「テクノロジーと建築」
飯島洋一
10月13日 「筆触のマテリアリスム」
松浦寿夫
10月21日 「現代詩-その自由とエロス」
松浦寿輝
10月27日 「現代芸術と庭の思想」
小林康夫
10月28日 「トランス・カルチュラル・アドヴェンチャー」
池田理代子
出版
公開講座「外国文学を翻訳する」(97・98年度)をもとに『翻訳百年 外国文学と日本の近代』(原卓也・西永良成編、大修館書店)を刊行。
各種研究会
朝鮮文学研究会 毎月第二土曜日
スペイン語文学研究会 毎月第三土曜日

2000

公開講演会
10月12日「パゾリーニ、モデルニテと伝統」
ジャン=マリオ・アンセルミ(ボローニャ大学教授)、総合文化研究所主催
公開シンポジウム
11月18日「迷路と無限 ― 海にとけるトポス ―」
主催:総合文化研究所、協賛:財団法人国際言語文化振興財団
鈴木了二(建築家)・小林康夫(東京大学大学院教授)、松浦寿夫・和田忠彦

総合文化研究所ゼミナール
第1回 6月28日
「インド文学と私」
水野善文
「日中戦争時の社会思想」
米谷匡史
「〈本を書くI〉アフリカン・アメリカン文学」
荒このみ
第2回 12月6日
「静かな革命と革命の子ども」
菊地陽子
「本を書くII〉外国文学者であること」
和田忠彦

各種研究会
朝鮮文学研究会 毎月第二土曜日
スペイン語文学研究会 毎月第三土曜日

2001

公開シンポジウム
5月28日「21世紀のカリブラテンアメリカ音楽」
東琢磨(音楽評論家)、石橋純(宇都宮大学助教授)、杉浦勉 総合文化研究所主催
12月21日「現代世界と剥き出しの生―G・アガンベンを囲んで―」
主催:総合文化研究所、後援:イタリア文化会館、国際言語文化振興財団
ジョルジョ・アガンベン(ヴェローナ大学)
市野川容孝(東京大学)、岡田温司(京都大学)、上村忠男、西谷修、和田忠彦


連続公開講演会 「文化は都市を結ぶ ―「大きな戦争」から第二次世界大戦へ」
6月14日~7月26日 全7回
主催:総合文化研究所 後援:国際言語文化振興財団
増田義郎(東京大学名誉教授)、小池滋(都立大学名誉教授)、河島英昭(本学名誉教授)
松山巖(評論家)、篠塚琢、川口健一、荒このみ
公開講座
主催:総合文化研究所 後援:国際言語文化振興財団
10月4日~11月15日 全7回「世界の都市、その知られざる肖像」
谷川道子、亀山郁夫、大高保二郎(早稲田大学教授)
八木久美子、水野善文、小林二男、工藤光一

10月9日~11月13日 全7回「アジアの表象文化の現在―伝統芸能篇」
奥平龍二、宇戸清治、岡田知子、菊池陽子
石井和子、鈴木鈴子、川口健一、川島郁夫
国際シンポジウム
11月16日、17日、18日「国際ルネッサンスシンポジウム」
主催:イタリア学会 後援:総合文化研究所
講演会
マリアンヌ・レデレール教授講演会
02年1月28日「同時通訳者の条件」
1月30日「EUにおける同時通訳の意義と現状」
主催:大学院地域文化研究科 後援:総合文化研究所、国際言語文化振興財団

2002

公開講演会
4月19日「ポルトガル文学におけるフェミニズム」
主催:ポルトガル語専攻、総合文化研究所
アグスチーナ・ベッサ・ルイス(文学者)
10月29日「ドイツ統一後の舞台芸術―多様化する舞台芸術の現在(いま)はいかに語り得るのか」
総合文化研究所主催
ハンス=ティース・レーマン(フランクフルト大学教授)
11月5日「タイ文学の現場とその周辺」
主催:総合文化研究所、東南アジア課程タイ文学研究所
プラープダ・ユン(作家)
1月16日「戦争か平和か ―「難死の思想」から見る9・11以降の世界」
総合文化研究所主催
小田実
連続公開講演会 シリーズ『作家の〈ことば〉』
主催:総合文化研究所 後援:国際言語文化振興財団
11月13日「作家の〈ことば〉」
荻野アンナ
1月29日「外国の文学とは?」
津島佑子
3月5日「Exophone ― 母国語の外へ出る」
多和田葉子
特別講演会
1月23日「表象文化とグローバリゼーション」
主催:大学院地域文化研究科 後援:総合文化研究所
奥泉光
特別シンポジウム
1月30日「表象文化とグローバリゼーション /越境性のアポリア ― 反グローバリズムの可能性」
主催:大学院地域文化研究科 後援 総合文化研究所
パネリスト:沼野充義(東京大学)、小谷真里(批評家)、野谷文昭(立教大学)、亀山郁夫
司会・吉本秀之

2003

公開講座
10月8日~11月12日 全6回「世界の神々」
総合文化研究所主催 西永良成、水野善文、岡田知子
栗田博之、八木久美子、渡辺雅司
特別学術シンポジウム
11月22日「《記憶の場》の問いから ― 想起すること/忘却すること/叙述すること」
共催:総合文化研究所、海外事情研究所 協力:駐日フランス大使館
後援:朝日新聞社 協賛:岩波書店
ピエール・ノラ(アカデミー・フランセーズ会員)、 イ・ヨンスク(一橋大学)
成田龍一(日本女子大学)、 西永良成、鈴木茂、孫歌、工藤光一、岩崎稔
シンポジウム
12月13日「台湾、アイデンティティのゆくえ」
主催:台湾文化研究会 後援:総合文化研究所
辻昭二郎(熊本大学)、小出正之(映画監督)、 佐藤公彦、三尾裕子、蕭幸君、中山智香子
映写会
5月14日~12月10日 全6回「映像から観る台湾」
共催:総合文化研究所、海外事情研究所
学術講演会
12月11日「香港文学に関する諸問題」
梁秉鈞(香港嶺南大学) 共催:中国語研究室 総合文化研究所
3月4日「読むことと書くこと」
リュドミラ・ウリツカヤ 主催:総合文化研究所

2004

イベント
4月22日「ヴァイオリン独奏&トークの夕べ」
主催:ロシア語学科 後援:総合文化研究所
パトリチア・コパチンスカヤ、亀山郁夫
5月24日「現代イタリア美術の最前線」
共催:総合文化研究所、イタリア語研究室
ディエゴ・エスポジト、和田忠彦
10月14日「トリン・インハの新作を見る」-新作上映+パネル・ディスカッション
主催:総合文化研究所
トリン・ミンハ(映画監督)、今福龍太(札幌大学)、西成彦(立命館大学)、和田忠彦
公開シンポジウム
11月28日「ゴンブローヴィチ-その普遍性と同時代性」
主催:W・ゴンブローヴィチ生誕百年記念祭実行委員会、総合文化研究所
共催:シアターX 後援:ポーランド大使館
西成彦(立命館大学)、島田雅彦(作家)、佐川光晴(作家)、中原昌也(作家)
久野量一(ラテンアメリカ文学)、久山宏一(ポーランド文学)、関口時正
12月3日「文化表象としての〈イスラーム〉」
主催:総合文化研究所
鈴木均、青山亨、亀山郁夫、荒このみ
東京外国語大学百周年記念事業
2005年1月13日「虚空への帰還」タルコフスキーとズビャギンツェフの世界
共催:総合文化研究所
アンドレイ・ズビャギンツェフ、西谷修、沼野充義
2005年1月20日「迷宮的グローバリゼーションと想像力」
共催:総合文化研究所
小谷真理、高橋世織、野谷文昭、和田忠彦、吉本秀之

2005

東京外国語大学21世紀COEプログラム総合シンポジウム
1月28日「グローバリゼーションと多文化的想像力」
グローバル化の現実と文化の基層を見つめる人文社会研究
主催:総合文化研究所
公開講演会 シリーズ「〈ヴェトナム〉を記憶する」
主催:総合文化研究所
1月20日「ヴェトナム戦争とアメリカ、そしてアジア文学」
宮内勝典(作家)、川口健一
3月9日「反戦とアメリカ映画」
川本三郎(文芸評論家)
4月21日「ヴェトナム戦争と文学」
関川夏央(作家・評論家)、加藤栄
公開講演会 シリーズ「水曜文化講座」(前期6回、後期6回)
主催:総合文化研究所
4月13日「ショパンと私」
川島郁夫
4月20日「食べ物と物語-憎い奴を喰うということ」
南條竹則(作家)
5月25日「琵琶語り:創造と継承」
塩高和之(琵琶奏者・作曲家)
6月8日「幕末の軍艦奉行-小栗上野介」
金子務(大阪府立大名誉教授)
6月22日「黒船アメリカを精神分析する」
岸田秀(和光大学名誉教授)
7月6日「吉増剛造・詩の朗読会」
吉増剛造(詩人)
10月13日「イスラームと文学」
藤井守男、東長靖(京都大学)、藤本優子(大阪外国語大学)、杉田英明(東京大学)
10月26日「“もうひとつの声”-メキシコ現代詩を読む-」
柳原孝敦、ルイヒ・アマーラ、アウレリオ・アシアイン、アントニオ・デルトロ
11月2日「関川夏央が読む司馬遼太郎の『坂の上の雲』」
関川夏央(作家・評論家)
11月16日「砂漠のイスラーム・緑のイスラーム-バングラデシュの旅-」
岡田恵美子
12月8日「文化政策を考える-ドイツの芸術家会館ベタニエンを参考に」
谷川道子、ミヒャエル・へルター(元ベタニエン館長)、谷和明
2006年1月25日「金時鐘(キム・シジョン)講演会-詩のはなし・詩の朗読-」
金時鐘(詩人)
国際シンポジウム
8月6日「〈世界化〉の時代における文学の存在理由」
主催:総合文化研究所
共催:日仏会館 後援:集英社
司会:和田忠彦 開会挨拶:フランソワーズ・サバン、荒このみ 閉会挨拶:西永良成
セッション1「〈世界化〉の中の文学」
ラキス・プロギディス、西成彦、マッシモ・リツァンテ、西谷修、松浦寿夫
セッション2「文学の中の世界像」
和田忠彦、荻野アンナ、亀山郁夫、三原弟平、今福龍太、野谷文昭

2006

公開講演会 シリーズ「作家は語る」
6月30日「『手触り』の復権にむけて」
青野 聰氏
国際シンポジウム
12月16日「ショスタコーヴィチ・ルネサンス」

2007

公開講演会 シリーズ「作家は語る」
1月31日「小説を書くということ」
大岡 玲氏
5月30日「佐藤優ロシアを語る」
佐藤 優氏
7月18日「私の文学と旅」
夫馬基彦氏
10月24日「漂流民と異文化接触-越境する想像力」
春名 徹氏
11月28日「作品の向こう側の作家たち」
宮田毬栄氏
講演会
7月6日「現代タイの文学と映画を語る」
プラープダー・ユン氏
国際シンポジウム
6月21日「ルネ・シャール-詩と絵画」
主催:総合文化研究所
協力:フランス語研究室
〈第一部〉「シャールの詩」
解説:西永良成
朗読:マリー=クロード・シャール
〈第二部〉「シャールと絵画」 映画『シャールと画家たち』上映
解説:松浦寿夫
6月23日「ルネ・シャール生誕100年記念特別シンポジウム」
主催:総合文化研究所
共催:東京外国語大学、日仏会館
後援:フランス大使館、日本フランス語フランス文学会
〈第一部〉「シャールとレジスタンス」 映画『ルネ・シャール:戦争名アレクサンドル』上映
特別解説:マリー=クロード・シャール
〈第二部〉シンポジウム「日本におけるシャール受容:現状と展望」
司会:松浦寿夫
報告者:西永良成、吉本素子、塚原史、湯浅博雄
コメンテーター:マリー=クロード・シャール

2008

公開講演会 シリーズ「作家は語る」
1月30日「溥儀と私」
入江曜子氏
総合文化研究所主催講演会
7月3日「ドストエフスキーの現代性-『罪と罰』から『カラマーゾフの兄弟』」
亀山郁夫氏
10月2日「Between East and West」
アン・アプルボーム氏
12月3日「American Romance:Hawthorne's Polarities and Delillo's Particles」
Samuel Coale氏
12月13日「Connecting the 19th Centurz with the Contemporary」
Samuel Coale氏、鷲津浩子氏、加藤雄二氏
レクチャー・コンサート
10月14日「「チェオボン」が奏でる森」
「チェオボン」、虫明悦生氏
11月17日「Headhunters Music of Sarawak, Borneo」
ランディ・レイン・ルーシュ氏

2009

公開シンポジウム
1月29日「グローバリゼーションの空隙─文化と周縁」
福島富士男氏、 都甲幸治氏、沼野恭子氏、柳原孝敦氏
総合文化研究所主催、共催講演会
1月28日「ロシアを語る─ロシア的精神とは何か?」
佐藤優氏
6月18日「一絃琴 -ひとつであり、すべてであり-」
峯岸一水氏(清虚洞一絃琴宗家四代)
10月23日「人気のメカニズム~現代ロシアの人気作家たち」
オリガ・スラブニコワ氏(作家)
12月13日「Connecting the 19th Centurz with the Contemporary」
Samuel Coale氏、鷲津浩子氏、加藤雄二氏
レクチャー
2月4日「カンボジアの影絵芝居」
福富友子氏(スバエクの会)

2010

総合文化研究所主催シンポジウム
7月18日「言葉・身体・空間」
柴田勝二氏、坂手洋二氏(劇作家)、谷川道子氏、柳原孝敦氏
12月11日「世界文学としての村上春樹」
村尾誠一氏、 柴田勝二氏、 藤井省三氏、亀山郁夫氏、 都甲幸治氏、 加藤雄二氏
総合文化研究所主催、共催講演会
2月1日「社会と文化が響きあう場としての劇場」
ウォルフガング・シュナイダー氏(ヒルデスハイム大学教授)
11月4日「たゆたう国々」
Dr. Alan L. Beger氏
5月20日「ホロコースト文学表象の未来:第二、第三世代のユダヤ系アメリカ小説家たち」
山崎佳代子氏(詩人、翻訳家、ベオグラード大学文学教授)
総合文化研究所主催公演
7月18日「語りと劇による『源氏物語』
柴田勝二氏(脚本)、外大生諸君

2011

総合文化研究所共催講演会
7月7日「『空白』をつなぐ旅~記憶の彼方、言葉の行方」
姜信子氏(劇作家)
劇とシンポジウム
12月11日「子規 六尺の天地」
柴田勝二氏(脚本・演出)、外大生諸君
シンポジウム「子規と漱石の近代」
関川夏央氏(作家)、牧村健一郎氏(朝日新聞記者・文芸評論家)、柴田勝二氏、橋本雄一
氏、村尾誠一氏
連続文化講演会「交通する言葉と文化」
2012年1月19日「ゆらぐ肖像、ざわめく言語ー日本植民地期の大連に中国語新聞の広告を観察する」
橋本雄一氏
2012年11月16日「額のXースペインでメキシコを考えるアルフオンソ・レイエス」
柳原孝敦氏
2012年1月30日「ブルースとジャズ」
加藤雄二氏、類家心平氏(ジャズトランぺッター)