さらなる学び

大学をクロスして学べる制度

09_01_129.jpg

東京外国語大学に籍を置いたまま、他大学において指定された授業科目を履修することができます。各大学は、それぞれが特色ある歴史と伝統と教育プログラムをもつ個性的な大学です。「あの大学のあの授業を受けてみたい」「最近こんなことに興味がある」「卒業論文を書くうえでどうしても受けたい授業がある」など、目的は人それぞれでしょう。なじみのキャンパスを飛び出し、異なる環境で学ぶことは貴重な体験です。

具体的な制度や科目

多摩地区国立5大学 単位互換制度

多摩地区にある5つの国立大学(東京外国語大学、東京学芸大学、東京農工大学、電気通信大学、一橋大学)が相互に交流し、教育の充実を図ることを目的に、単位互換制度を実施しています。

TAC(多摩アカデミックコンソーシアム)

TACは、国際基督教大学、国立音楽大学、東京経済大学、津田塾大学、武蔵野美術大学、東京外国語大学による大学協力機構です。TACに加盟している大学間では単位互換制度が行われているほか、学生は互いの大学の図書館を自由に利用することができます。

EU Institute in Japan(EUIJ) 東京コンソーシアム

EUIJ東京コンソーシアムは、東京外国語大学と一橋大学、国際基督教大学、津田塾大学が結成している日本におけるEU研究のための学術拠点の一つです。4大学の間でEU関係授業科目の単位互換を行っています。

四大学連合による制度

四大学連合は、東京医科歯科大学、東京外国語大学、東京工業大学、一橋大学が結成している連合です。このうち、東京外国語大学と東京工業大学は「複合領域コース、国際テクニカルライティング・コース」において、単位互換を実施しています。

西東京三大学連携 理科系科目も充実

西東京三大学連携では、電気通信大学、東京農工大学、東京外国語大学が文理協働型のグローバル人材育成プログラムを行います。現在、東京農工大学との連携では、「現代農学の最前線─食料・生命・資源・環境の諸問題」や「農業実習」が開講されています。

幅広い連携

本学は、15大学・1研究所(中央大学、首都大学東京、国際基督教大学、東京女子大学、津田塾大学、お茶の水女子大学、東京藝術大学、東京農工大学、清泉女子大学、長岡技術科学大学、日本体育大学、電気通信大学、神田外語大学、日本貿易振興機構アジア経済研究所、名古屋外国語大学、神戸市外国語大学)と個別に教育・研究交流に関する協定を結び、教育・研究の協力を行っています。


ページ先頭へ