東京外国語大学の魅力

受験に打ち勝つ!ノート作り           

Здравствуйте! こんにちは!

ロシア語専攻3年のぼーりゃです!
入試まであと少し、受験生の皆さんは最後の追い込みをしているのではないでしょうか。
今回のブログでは勉強関連ではなく、私が受験を乗り越えて感じた、
受験に打ち勝つための準備についてお話ししたいと思います。

勉強の合間に少しでもご覧いただければ幸いです。

私が一番受験に向けてやったことでよかったと感じているのは、「受験ノート」を作ったことです。
このノートは、受験当日に持っていけるような、自分のためだけのノートです。

私がこのノートに書いていたことはこちらです。

①自分の弱点リスト
②試験当日に準備するものリスト
③自分が心に残った言葉など

①弱点リスト

v_2021121701.jpg

これは、模試や過去問を解いた際に自分が苦手だと思った箇所をリストにまとめたものです。
共通試験と二次試験、さらに科目にわけておき、本番直前に一目見て復習ができるようにしておきます。
特に、科目が変わる間に見ておくと、頭がすぐに次の科目に切り替わってとてもよかったです。

②準備リスト

v_2021121702.jpg

ここには試験当日に持っておくべきものを全て書き出しておきます。
チェックボックスも入れておくと、より忘れ物がなくなると思います。
私はお昼ごはんを食べるとどうしても眠くなってしまったので、
お昼休憩にはカロリーメイトのゼリーを飲む、その後の短い休憩時間でチョコを食べると決めていました。

食べるものは前日までに買っておかなければならなかったので、
慌てることなく用意できるようにあらかじめリストを作っておいてよかったと感じます。

③心に残った言葉


v_2021121703.jpg

私は母親が書道の先生をしているということもあり、筆で字を書いてもらいました。
本で見た言葉や先生にかけてもらった言葉などを書いたことで、自分に自信がついたと思います!

また、表紙には友人や家族、先生方に必勝メッセージを書いてもらいました。
試験当日にこれを見たことで、不安が和らいだ記憶があります。

私自身、試験当日前の模試まで、第一志望の外大はD判定しか出ませんでした。
しかし、二次試験ではこのノートに書いてあった弱点リストから問題が出たこと、
また試験前に完璧に準備できたことで心に余裕を持てたと思います。

受験にはもちろん勉強が一番必要ですが、その次に必要なのがメンタル面の強さだと感じています。
少しでも自分が本番当日に不安を感じないように、早めの準備が大切になってくるのではないでしょうか。

外大生一同、皆さんを応援しています。精一杯、自分の力をぶつけてください!

ここまでご覧いただきまして、誠にありがとうございました!

以上ぼーりゃよりお届けしました。


ページ先頭へ