東京外国語大学の魅力

第4回 TUFS Connect! 開催報告

みなさん、こんにちは!
TUFSアンバサダーのなつほ(国際社会学部ロシア地域専攻2年生)です。
今回は、1月24日に開催された「TUFS Connect!(たふこね!)」についてご報告したいと思います!

当日は11人の高校生に参加していただき、
「Cat and Chocolate ゲーム」と「ロシア語でクリスマスカードを書いてみよう!」という
2つのコーナーを始めとした交流を行いました。
私自身とても楽しませていただき、また進路について考える参加者の皆さんをみて初心に帰りました...笑

v_2021020301.jpgのサムネイル画像

一つ目のアクティビティでは国際社会学部の学習に絡めて、
「Cat and Chocolate」というゲームを行いながら
SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)について考えました!

SDGsで掲げられているゴールに関係のあるシチュエーション
(例えば「喉が渇いたけれど 綺麗なお水がない!」等)を設定されたアイテムで解決するために、
みんなで頭を捻りましたが、独創性あふれるアイデアのおかげで大盛り上がり!
参加してくださった高校生の皆さんの、柔軟な思考力には脱帽です☆

このゲームを通じて私たちからは、すべての国の誰しもが協力して、
解決・改善するべき目標として掲げられているSDGsは、それについて考えること、
そしてほんの小さな行動が達成への一歩になるということをお伝えさせていただきました。
このゲームを通して、今までよりもSDGsを身近に感じてもらえたのなら嬉しいです!

二つ目のアクティビティでは言語文化学部に関係のある内容で、
ロシア語でクリスマスカードを書いてみました!
ごく簡単にキリル文字の特徴や歴史を紹介して、
あまり馴染みのないロシアのクリスマスについてもお話させていただきました。

そのあとには実際に皆さんにキリル文字を使って文を書いて頂きました!
キリル文字はローマ字と似ているように見えて全然違うので難しく感じる部分もあったかもしれませんが、
皆さんが一生懸命に取り組んで下さってとても嬉しかったです!

最後にはブレイクアウトルームに分かれて質問コーナーを行いました。
外語大の学部及び専攻語の選び方や各語科の学びについてはわかりにくい部分があると思うので、
ぜひ私たちアンバサダーに質問してください^ ^

事後アンケートでは
「(Cat and Chocolateの)ゲーム自体がとても面白くて、それがSDGsにつながっているのはびっくりしました!」
「今まで、ロシアに魅力を感じたことはなかったけれど、一気に魅力的に感じました。」
「コロナのせいでオープンキャンパスに行けないし、
 今はちょうど進路について真剣に悩む時期なので、大学生の方と話せてとても良い機会になりました。」
など、嬉しい声を頂きました。
次回はお答えいただいたアンケートをもとにもっと素敵な会を開催します!

皆さんとキャンパスでお会いすることはしばらく難しいですが、
オンラインだからこそ手軽に参加していただけるイベントになっています♪
定期的に開催しますので、ぜひ遊びに来てください!

TUFSアンバサダーはたふこね!以外にも個別相談会やブログ等、様々な活動をしております。
このような状況ですが、中学生・高校生の皆さんのお力になれるよう取り組んでまいりますので、
外語大に少しでも興味がある方はTUFSアンバサダーの活動を利用してください。

以上、なつほがお届けしました!


ページ先頭へ