東京外国語大学の魅力

2020年外語祭!

こんにちは!国際社会学部2年ロシア地域専攻のあいこです!
今回はオンラインで行われた外語祭についてと外語祭期間の外大生の過ごし方についてお伝えします!

外語祭

例年11月に府中キャンパスにて行われる外語祭、
98回目となる今年は新型コロナウィルスの影響でオンラインにて行われました。
例年料理店を出店する1年生は専攻地域の料理動画配信や文化紹介企画などを行なっていました。
他にも部活・サークルによるパフォーマンス動画を楽しむことができます!
このブログでは私がキャストとして出演した語劇について紹介したいと思います。


2年生は例年キャンパス内アゴラ・グローバルという建物内のステージで専攻言語を用いた語劇を行います。
今年はオンラインコンテンツか無観客上映の形態での任意参加という形でした。
私の所属するロシア語科は無観客上映の形で「Прощание в июне 〜六月の別れ〜」という劇を行いました。

一番大変だったことは、台詞の暗記だったと思います。
私はヒロインのターニャ(ロシア語でТаня)という役を演じたのですが、
本番の撮影まで2ヶ月しかないという短期間の中で慣れないロシア語の台詞を覚えて、
登場人物としてステージ上で話すことはかなり大変でした。
また感染症対策でマスク付きで相手の表情があまり分からずに練習するのは大変でした...。

しかし、台詞を覚えることで、日常会話で使えるフレーズや単語をものにできるようになり、
劇の舞台である20世紀後半のソ連についての理解が深まったので、非常に有意義な2ヶ月でした。
部活ではなく語科が一体となって作り上げる語劇は外大にしかないので、外大生になってよかったと思える経験でした。

v_2020120201.jpg

舞台の写真です。このようなセットを使って劇を行いました!

外語祭期間

最後に外語祭期間の外大生の過ごし方について紹介したいと思います!
例年外語祭期間は授業が休講となり外語祭の参加する企画に専念します。
しかし今回はオンライン開催かつ外語祭期間中授業が休講だったため、
外出やオンライン外語祭を楽しむ外大生が多かったようです。
ちなみに私は友達と外出をしたり、外語祭のパンフレットを購入してコンテンツを視聴して外語祭期間を満喫しました!

今回TUFSアンバサダーに皆さんに外語祭と外語祭期間についてのアンケートをとりました!

v_2020120202.jpg

期間中お出かけをした人は多かったようですね!

ほとんど家にいた人にどのような過ごし方をしていたか聞いてみた所、
課題や料理や読書という回答がありました。

v_2020120203.jpg

外語祭については半数以上が参加していたようです。
参加した人に感想を聞いた所

「オンラインだったけど、コンテンツ作りの活動はある程度対面でできて楽しかったです!」
「語劇で語科のみんなとより一層仲良くなれたし、先生とも距離が近くなったこと。」

といった外語祭に充実感を感じている人が多かったと思いました。



これから毎週水曜日にブログを更新していきます。ぜひチェックしてみて下さいね!
以上あいこがお伝えしました!
До свидания(ダスビダーニャ:さようなら)!


ページ先頭へ