東京外国語大学の魅力

オープンキャンパス タイアップラジオ企画で寄せられた質問への回答集を掲載!

Mbote! (ンボテ!) こんにちは!国際社会学部アフリカ地域専攻です!
(Mbote! (ンボテ!)はコンゴで話されるリンガラ語で「こんにちは」という意味です)

私たちは、7月23日から7月26日に開催したオンラインオープンキャンパスとのタイアップ企画として、
ラジオ放送:〜ラジオでオープンキャンパス〜 東京外大ってどんなところ?
presented by アフリカ地域専攻×Femme Caféを実施しました。

v_2020091702.jpg

みなさんからたくさんの質問を頂いたおかげで、無事にこの企画をお届けすることができました。
本当にありがとうございました!

1時間という限られた放送時間の中、残念ながらお答えできなかった質問もありました。

が!この度、頂いた質問全てに対する回答集を作成し、アフリカ地域専攻のホームページに掲載いたしました!
この回答集は質問をテーマ別に分けて、教員・学生・大学入試課からの回答をまとめたものです。

こちらからアクセスすることができます。

*個人のアカウントでGoogleにログインした状態でアクセスすると「このサービスへのアクセス権がありません。」と表示されることがあります。
その場合は、1度Googleからログアウトして再度URLをクリックしてください。

ラジオ放送を聴けなかった方も、もう一度質問を見返したいという方も、ぜひ読んでみてくださいね。

さて、ラジオでも少しお話ししたように、アフリカ地域専攻ではアフリカの文化や歴史、社会についてはもちろんのこと、
英語を含む2つの専攻言語も学ぶことができるので、毎日がとても充実しています。

さらに!毎年12月には、アフリカ地域専攻の1・2年生が中心となってアフリカの魅力を伝えるイベントである「アフリカンウィークス」を開催しています。
さまざまなテーマからアフリカの魅力を最大限にお伝えするために、学年を越えて、学外の方々とも協力しながら準備を進めていきます。

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、例年とは少し違った形での開催になる予定ですが、
過去のアフリカンウィークスのイベント詳細についてはアフリカ地域専攻のホームページから見ることができますので、気になる方はぜひご覧ください!

それでは!Otikala malamu! (オチカラ マラム!) さようなら!
(Otikala malamu! (オチカラマラム!) もリンガラ語で「さようなら」の意味です)

国際社会学部アフリカ地域専攻1年のあすぴーがお届けしました!


ページ先頭へ