南アジア地域

南アジア地域

日本との関係がますます深まる南アジア地域 歴史や文化の形成、そして急成長するいまを知る

南アジアは、現在では、8つの国家群(アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、インド、モルディヴ、ネパール、パキスタン、シュリー・ランカー)で構成される地域を指しています。この地域の総人口は、17億をゆうに越えているとされます。地球の総人口がおよそ70億ですから、人類の5分の1強の人々が、この地域に暮らしていることになります。したがって、言語話者人口でも、この地域で話されているヒンディー語とベンガル(バングラ)語が、当然、上位に来ることになります。また、南アジアは、3000 万人を越えるとされる移民送り出し地域でもあります。現代世界では、南アジア的なるものとの接触は、もはや、日常的な現象なのです。政治経済をはじめとするさまざまな分野の動向においても、南アジアが看過できない存在となっているのは言うまでもありません。
この地域を構成する国家は、歴史において相互に深いつながりを持っているばかりか、各言語話者も、国境を越えて存在しています。あなたがたが、これから勉強しようとするのは、こうした地域なのです。歴史的観点より南アジア世界をとらえ、そこより、現代世界を把握していこうではありませんか。

 

講義紹介(抜粋)

地域基礎(南アジア地域)
- 南アジア研究入門
- 現代バングラデシュ研究入門

担当教員

国際社会担当

fujii_takeshi.jpg

藤井 毅
南アジア地域研究, インド近現代史, ヒンディー語

kusakabe_naonori.jpg

日下部 尚徳
国際協力論, バングラデシュ現代社会論, 災害社会学, NGO論

言語文化担当

awaya_toshie.jpg

粟屋 利江
南アジアの文化・社会・歴史・ジェンダー

hagita_hiroshi.jpg

萩田 博
ウルドゥー語学・文学, パンジャービー語学・文学

niwa_kyoko.jpg

丹羽 京子
ベンガル語圏の文学と文化, 近現代のインド文学, 比較文学

mizuno_yoshifumi.jpg

水野 善文
古典サンスクリット文学と中世ヒンディー文学

mamiya_kensaku.jpg

萬宮 健策
新期インド・アーリヤ諸語 (ウルドゥー語, スィンディー語など), 社会言語学

特定外国語教員

suhail_abbas_khan.jpg

ウルドゥー語
ABBAS KHAN, Suhail
(アッバース・ハーン,スハイル)

misra_richa.jpg

ヒンディー語
MISRA, Richa
(ミッシュル, リチャー)

no_image.pngのサムネイル画像

ベンガル語
MANDAL, Sujit Kumar

南アジア地域の協定校

パキスタン

- アーザード・ジャンムー・カシミール大学
- パンジャーブ大学オリエンタルカレッジ

インド

- デリー大学
- ジャドブプル大学

バングラデシュ

- ダッカ大学


ページ先頭へ