ベンガル語

ベンガル語

インドの東、バングラデシュの国語。ベンガル文化は奥が深い

インドの東、バングラデシュの国語。ベンガル文化は奥が深い

ベンガル語は、インド亜大陸の東側のベンガル湾に面した地域で、長きにわたって育まれてきた言語です。ベンガル地域は古くから豊かな文芸文化を誇り、非ヨーロッパ人として初めてノーベル文学賞を受賞したタゴールを生み出しました。またこの地域は、その東側にイスラーム教徒が多く暮らし、西側にヒンドゥー教徒が多く暮らすなど、多様な文化的背景を持っています。その奥行きと広がりを持ちながら、国家や宗教の枠組みを超えた一つのベンガル文化を形成する核となっているのがベンガル語という単一の言語です。現在ではこの言語はバングラデシュの国語として、インドの西ベンガル州の公用語として、そして世界中に暮らすベンガル人の言語として、2億5千万人を上回る人々に使われています。
ベンガル語を専攻する、日本で唯一のこの場所で、みなさんはベンガルの多層的な文化のありようを学び、そこからさらにそれを深め、広げていくことができるでしょう。

ベンガル語専攻ウェブサイト

講義紹介(抜粋)

地域言語
- ベンガル語文法
- ベンガル語会話
- ベンガル語講読
- ベンガル語作文
- ベンガル語聴解
- ベンガル語メディア翻訳

担当教員

言語文化担当

niwa_kyoko.jpg

丹羽 京子
ベンガル語圏の文学と文化, 近現代のインド文学, 比較文学

国際社会担当

kusakabe_naonori.jpg

日下部 尚徳
国際協力論, バングラデシュ現代社会論, 災害社会学, NGO論

特定外国語教員

mandal_sujit_kumar.jpg

ベンガル語
MANDAL, Sujit Kumar

バングラデシュの協定校

バングラデシュ

- ダッカ大学


ページ先頭へ