新型コロナウイルス感染症対応マニュアル

感染を疑わせる症状が出た際のマニュアル

2020.05.11 更新

ご自身が発熱、あるいは感染を思わせる症状が生じた際に、このマニュアルを目安として、行動して下さい。また、できるだけ、毎朝出勤前に検温し、健康状態のモニタリングを行ってください。

1.発症初日

発熱、咳、全身倦怠感等いずれかの症状がある、あるいは、検温し体温が37.5℃以上ある(無症状でも)。

《対応法》
出勤はしない様にして下さい。職員の方は、大学の所属部署にメールにて報告して下さい。なお、メールでの連絡が難しい場合は、電話での連絡も可とします。
また、以下の事項について報告(様式1をダウンロード)してください。

①発症までの症状の経過に関する情報:いつ頃からどんな症状があったか?熱がいつ からどの程度まで上昇したか含めた経過等

②同居する家族に関する情報:同居家族の症状の状況等(新型コロナウイルス感染者の有無を含む)

③発症2日前までの行動に関する情報(職場・会合等への出席状況)

④新型コロナウイルス感染者との接触に関する情報:感染者への接触歴の有無・国内外の旅行歴等

(1)発熱を含め局所あるいは全身症状が強くない時は、自宅で安静待機して下さい。不要・不急の外出は控える様にして下さい。
「帰国者・接触者相談センター」*等へ相談することも可能です。

(2)発熱を含め強い倦怠感や息苦しさ(呼吸困難)がある時、あるいは、高齢者や糖尿病・心不全・呼吸器疾患の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方、妊婦の方等は、専門の「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談して下さい。

(3)基礎疾患がある方は、主治医への相談も検討して下さい。

(4)上記に該当しない場合も局所あるいは全身症状が強い時は、症状次第で近隣医療機関に電話等で受診の相談をして下さい。(何らかの感染症を含む治療すべき疾患の可能性もあります。)

 以降、毎日2回(朝・夕)に検温を行い、体温や症状等を記録する様にして下さい。


*各都道府県の「帰国者・接触者相談センター」:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

2.発症翌日以降

1) 依然症状が続いている時:

≪対応法≫
上記の1.発症初日と同様に≪対応法≫(1)~(4)に沿って対応して下さい。

2) 発熱・咳・全身倦怠感等の症状等含め、各種薬剤を内服しない状態で、体調が完全に回復した時:

≪対応法≫
体調が完全に回復し薬剤を服薬していない状態で、少なくとも2日が経過してから、出勤は可とします。
ただし、当面の間は通勤・就業中もマスク着用し、手洗い、咳エチケットを励行し感染予防に努めて下さい。
また、医療機関を受診した場合は、病状が治癒あるいは出勤可能と判断されてから、出勤を可とします。

3.発症後4日以降

1) 発熱、咳、全身倦怠感などの症状(比較的軽い風邪の症状も含め)が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含む)時:

≪対応法≫
必ず、専門の「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、医療機関の受診をご検討下さい。
なお、上記において医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をし、他者への感染を避けるための努力をお願いします。
引き続き、学内の所属部署に連絡して下さい。

2) 発熱・咳・全身倦怠感等の症状等含め、各種薬剤を内服しない状態で、体調が完全に回復した時:

≪対応法≫
上記の2.発症翌日以降の-2)体調が完全に回復した時と同様に、≪対応法≫に沿って対応して下さい。

本人が新型コロナウイルス感染症と診断された際のマニュアル

ご自身が新型コロナウイルス感染症と診断された際には、完治するまでは登校停止・就業禁止としますので、登校・出勤はしないで下さい。

また診断が確定に至らず経過観察を指示された場合も、同様に登校・出勤はしないで下さい。

医療機関の指示に従い、治療に専念して下さい。

大至急で大学の所属部署にメールにて報告あるいは電話連絡をして下さい。また、その際に、上記の「報告すべき内容」に加え、発症2週間以内の行動および学内での動線(出勤・勤務や休憩・トイレ等:消毒すべき箇所等を含む)も併せて報告して下さい。【様式2で報告(様式2ダウンロード)

治癒するまで勤務停止・出席停止として、主治医の許可が出てから、勤務・出席は可とします。

なお、病状が改善しPCR検査が2回陰性となり退院(自宅療養や宿泊療養の解除を含む)した際も、他人への感染性は低いですが、まれにPCR陽性が持続する場合もありますので、退院後(自宅療養や宿泊療養の解除を含む)2週間程度は外出を控える様にして、この期間は出勤せずに在宅勤務を行う様にして下さい。

感染者の濃厚接触者として特定された際のマニュアル

ご自身が感染者の濃厚接触者(*3)として特定された際には、感染者と最後に濃厚接触した日から起算して2週間は、登校停止・就業禁止としますので、登校・出勤はしないで下さい。

大学の所属部署にメールにて報告あるいは電話連絡をして下さい。【様式3で報告(様式3ダウンロード)

この経過で症状がある場合には、上記の「感染を疑わせる症状が出た際のマニュアル」に沿って、対応して下さい。 【様式1で報告(様式1ダウンロード)

不要不急の外出は、避ける様にして下さい。

*3:「濃厚接触者」とは、「患者(確定例)の感染可能期間 (*4)に接触した者」のうち、次の範囲に該当する者:「患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内等を含む)があった者」・「適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者」・「患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者」・「手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)」とします。

「患者(確定例)」とは、「臨床的特徴等などから新型コロナウイルス感染症が疑われ、かつ、検査により新型コロナウイルス感染症と診断された者」とします。

*4 : 「患者(確定例)の感染可能期間」とは、「発熱及び咳・呼吸困難などの急性の呼吸器症状を含めた新型コロナウイルス感染症を疑う症状(全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐など)を呈した2日前から、隔離開始までの間」とします。

PAGE TOP