ウクライナ出身の芸術家ら参加、展覧会「ドム・ディム・ドム(Дом-Дым-Дом)」を開幕

2022.05.18

2022年5月17日(火)より、本学附属図書館2階ブランジングスペースにおいて、展覧会「ドム・ディム・ドム」が開幕しました。

2022年2月24日、ロシア軍がウクライナに軍事侵攻をはじめたこの日から、世界中で反戦が叫ばれています。本展示会は、この歴史的負の瞬間である今このときに、世界の言語、文化、歴史などを学ぶ多くの学生たちに、ウクライナの現状を憂う参加アーティストのアートを通じて、この惨事に触れ考えてもらうために企画しました。日本社会のウクライナに対する並々ならぬ関心の高さに鑑み、学生のみならず、広く一般の方にも展示を通して、この惨事に触れ、考えてもらいたいと考え、一般公開しています。

展覧会のタイトル「ドム・ディム・ドム(Дом-Дым-Дом) 」はロシア語で、意味は“Home. Smoke. Home.”。「ドム(Дом):Home」は、破壊された建物あるいは個人が大切にしている家族、そして時には攻撃の的となるものを指します。「ディム(Дым):Smoke」は、ウクライナで起きている破壊行動による目に見える煙と、ロシアで行われているプロパガンダ、つまり見たくもない煙たいものを指します。

本展示では、ウクライナ、ロシア、ベラルーシ、日本出身の7名のアーティストが、絵画、写真、カリグラフィー、生け花を通して、この紛争をどう理解しているのか、どの文化にも共通する「家」をテーマに向き合い、それぞれの想いを表現します。

展覧会は、6月16日(木)(6月2日および日曜日除く)まで開催されます。

イベント情報
http://www.tufs.ac.jp/event/2022/220517_2.html

関係者による記念写真(左から、通訳者の中神美砂氏、沼野恭子教授、参加アーティストの小原一真氏、イリヤ・イェラシェビッチ氏、レーナ・アフラーモワ氏、イリヤ・バイビコーフ氏、大学院生の山田智子さん、片貝里桜さん)
左から、アフラーモワ氏、林佳世子学長、沼野教授
記者会見にて沼野教授より企画趣旨説明
展示品を観覧する学生
展覧会場
展覧会場
PAGE TOP