片岡 真輝 (KATAOKA Masaki)

氏名 / Name 片岡 真輝 (KATAOKA Masaki)
所属職名 / Affiliation 世界言語社会教育センター/講師
World Language and Society Education Centre/Lecturer
電子メール / Email masaki_kataoka@tufs.ac.jp
ウェブページ / Website
学位 /
Degree
  • 修士 (ニューカッスル大学) 2008年
    MA (Newcastle University) 2008
  • 博士 (カンタベリー大学) 2023年
    PhD (University of Canterbury) 2023
研究分野(e-Rad分野) /
Research Field(s) (by e-Rad)
  • 国際関係論
    International relations
  • 地域研究
    Area studies
研究キーワード /
Research Keywords
  • 記憶論
    Memory studies
  • フィジー地域研究
    Fijian studies
  • 太平洋島嶼国政治
    Pacific studies

学歴 / Academic Achievement

  • 2004年03月 関東学院大学法学部 卒業
    2004.03 Kanto Gakuin University Faculty of Law Graduated
  • 2008年11月 ニューカッスル大学大学院国際関係学修士課程 修了
    2008.11 Newcastle University Completed
  • 2023年04月 カンタベリー大学大学院マクミラン・ブラウン太平洋研究所博士課程 修了
    2023.04 University of Canterbury Completed

所属学会 / Affiliated Academic Societies

    • 日本国際政治学会
    • 太平洋諸島学会
    • 日本オセアニア学会
    • Memory Studies Association
    • International Political Science Association

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • Reconceptualisation of Girmit Memory: Fiji's Response to the Re-evaluation of the Colonial Past, Práticas Da História: Journal on Theory, Historiography and Uses of the Past, 15, 151-182, 2023
  • Formation of Diaspora Network and Reconstruction of Collective Memory: The Case of Indo-Fijians, Risks, Identity and Conflict: Theoretical Perspectives and Case Studies, 85-108, 2021
  • Two Cases of Memory Construction in Fiji: A Theoretical Development of Collective Memory under Globalisation and Digital Age, Pacific Dynamics: Journal of Interdisciplinary Research, 3(1), 46-57, 2019
  • Diaspora as Transnational Actors: Globalization and the Role of Ethnic Memory, The Palgrave Handbook of Ethnicity, 1149-1166, 2019
  • How Can Global Civil Society Help Achieve Distributive Jusitce?, Emerging Scholars 2009-2010, 57-72, 2010

MISC / MISC

  • 気候安全保障から見る太平洋島嶼地域と気候変動問題, pieria, 東京外国語大学出版会, 記事・総説・解説・論説等(その他), 単著, 2024年
  • 大洋州, 中国年鑑2023, 明石書店, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2023年
  • 記憶の対話を通じてインクルーシブな社会の実現へ, 30 Interviewes:研究者たちの探知をコンテンツへ, その他, 単著, 2023年
  • 激変する太平洋地域の安全保障環境と太平洋島嶼国――パシフィック・ウェイに基づく協調行動は可能か, IDEスクエア, アジア経済研究所, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2022年
  • ニュージーランド:マオリの伝統料理ハンギを食す, 世界珍食紀行, 文春新書, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2022年
  • フィジー:強まる「多人種主義」の政治利用-バイニマラマ首相のイメージ戦略, 国際開発ジャーナル, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2021年
  • 交換文化と自給生活でコロナ危機を乗り越えるフィジー, IDEスクエア, アジア経済研究所, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2021年
  • オセアニア地域における新型コロナウイルスへの対応, IDEスクエア, アジア経済研究所, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2020年
  • ニュージーランドの大学と研究評価, IDEスクエア, アジア経済研究所, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2019年
  • クライストチャーチ銃撃事件とニュージーランドの反応:悲劇を繰り返さないために, IDEスクエア, アジア経済研究所, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2019年
  • 中国の台頭と太平洋島嶼国の独自外交:大国間でしたたかに生きる島嶼国家, IDEスクエア, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2018年

講演・口頭発表等 / Presentations

  • Growing Regional Pacific Nationalism amidst Global Climate Crisis: Examining a Sense of Climate Victimhood and International Cooperation, Dynamics of Climate Change and Climate Insecurities: Perspectives from the Global South and Beyond, International presentation, Oral presentation (general), 2023
  • Climate Victimhood and the Rise of Regional Pacific Nationalism, World Congress, International Political Science Association (IPSA), International presentation, Oral presentation (general), Buenos Aires, Argentine, 2023
  • フィジーにおけるパシフィック・アイデンティティに関する一考察, 日本オセアニア学会関東地区例会, 国内会議, 日本オセアニア学会, 口頭発表(一般), 2023年
  • フィジーにおける表層的な民族融和と多人種主義:記憶の政治利用と被害者記憶をめぐって, 日本国際政治学会2021年度研究大会, 国内会議, 日本国際政治学会, 口頭発表(一般), 2021年
  • フィジーにおける記憶の政治利用と集合的記憶が民族関係に及ぼす影響, 日本オセアニア学会2020年度研究大会, 国内会議, 日本オセアニア学会, 口頭発表(一般), 2021年
  • Formation of Diaspora Network and Reconstruction of Collective Memory: The Case of Indo-Fijians and the Indo-Fijian Diaspora, International Conference on Global Risk, Security and Ethnicity, International presentation, Oral presentation (general), 2019

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

  • 科学研究費 若手研究 フィジーの植民地記憶と国際的な記憶のトレンドに関する基礎的研究(2024年度-2028年度)
  • 科学研究費 若手研究 集合的記憶がフィジーの民族関係に及ぼす影響についての研究(2020年度-2023年度)

Last updated on 2024/4/19

PAGE TOP