卒論・修論・博論

○博士論文

○修士論文

○大学承認優秀卒業論文

多言語日本発信動画

1 Study Abroad Life at Tokyo University of Foreign Studies 2016

2 Enjoy a musical train ride to Bessho Hot Springs with the Harmonica Station Master

3 乘上田電鐵別所線到別所溫泉去吧!在車內與口琴站長一起唱日本的歌曲留下旅行的回憶!

4 台灣大學交換生在東京外國語大學留學生活(台湾大学交換留学生が紹介する東京外国語大学)

5 長野県上田高等学校と高大連携製作:真田丸上田・別所温泉・上田高等学校の魅力(日本語版)

6 長野県上田高等学校と高大連携製作:真田丸上田・別所温泉・上田高等学校の魅力(英語版)

7 【日本語字幕】台灣女性在日成功奮鬥記 老字號溫泉旅館經營甘苦談 ~長野 別所溫泉 上松屋~

◆大國魂神社
○神社の参拝方法
4 英語 Hello From Fuchu! Okunitama Shrine Introduction ~How to offer prayers at Japanese Shrines~

5 中国語 当地来信 大国魂神社介绍视频 ~日本神社的参拝方式~

6 台湾中国語 當地來信 大國魂神社介紹視訊 ~日本神社的參拜方式~

○大國魂神社の歴史
7 英語 Okunitama Shrine Introduction

8 中国語 大国魂神社介绍视频

9 台湾中国語 大國魂神社 介紹視訊

10 東京外国語大学教員・留学生が紹介するしゃぶしゃぶ・すき焼き

 

多言語地元発信動画

○大國魂神社
◆神社の参拝方法

英語

中国語

台湾中国語

◆大國魂神社の歴史

英語

中国語

台湾中国語

国費・私費研究生・訪問学者

研究生・訪問学者受け入れ

研究生は、原則として、国費留学生・交流協会奨学生及び交流協定大学からの研究生をお引き受けしています。

大学院受験生のみなさんへ

国費留学生

http://www.tufs.ac.jp/intlaffairs/exchange_in/mext_scholarship.html

私費外国人研究生(交流協会奨学生は、こちらの申請になります)

http://www.tufs.ac.jp/admission/specialstudent/ug/foreign.html

交流協定大学一覧

http://www.tufs.ac.jp/intlaffairs/schools/

研究生・本文学者の申請は、グローバル アドミッション オフィス (GAO)に連絡してください。

http://www.tufs.ac.jp/admission/specialstudent/ug/foreign.html

私費外国人研究生(台湾からの交流協会奨学生を除く)申請の方へは、直接大学院を受験されるか、日本語学校への入学をお勧めしています。

オンライン日本語誤用辞典

日本語学習者言語コーパス

1.2013-2015年度製作 英日中国語ウェブ誤用コーパス 誤用検索サイト

 

東京外国語大学 国際日本研究センター 国際日本語教育部門(2013~2015年度)
科学研究費助成事業 基盤研究(B):英日中国語ウェブ誤用コーパス構築と母語をふまえた英語・日本語・中国語教授法開発
により、以下の英日中国語学習者作部コーパスに基づく誤用検索サイトを公開しました!
論文・発表などで使用される際には、ぜひクレジットをつけていただき、研究論文・報告を
本研究室
tufs.grace.reserch
のあとにat マーク、gmail
そしてcom
をつけて、お知らせください。
http://ngc2068.tufs.ac.jp/corpus/

2. 2011年度公開 グローバルCOEプロジェクトによる日本語誤用辞典

日本語学習者コーパス構築とオンライン誤用辞書の開発は、東京外国語大学グローバルCOEプログラム「コーパスに基づく言語学教育研究拠点(CbLLE)」

のプロジェクトとして、望月圭子・小柳昇氏をチームリーダーとして構築しました。

http://cblle.tufs.ac.jp/llc/ja/index.php?menulang=ja

日本語学習者言語コーパスでは、

http://cblle.tufs.ac.jp/llc/ja/search.php?menulang=ja

Data in UK, Ukrine, Taiwan(Ming Chuan University)の部分に☑をいれると、全文と学習者データを見ることができます。

製作者は以下のメンバーです。(2011年当時)
大学院生: テレンス シャア(博士後期課程)、蔡 松益(博士後期課程)、
福田翔(博士後期課程)、小柳昇(博士後期課程)、
コベルニック・ナディア(博士後期課程)
張志凌(博士後期課程)、高杉寛子(博士前期課程)、
志田康宏(博士前期課程)、住谷和樹(博士前期課程)、
荒川和仁(研究生)、市川淳太(アジア・アフリカ学院)
データ提供協力者:森本 一樹(英国 リーズ大学), 大枝由佳(英国 リーズ大学)、 Gornovska, Olga (Kiev State Linguistic University ,Ukraine),
Yakovchuk,Svitlana(Kiev State Linguistic University ,Ukraine),
Yang, YuWen (MingChuan University,Taiwan)
Xu,MengLing(MingChuan University,Taiwan).

オンライン日本語誤用辞典

http://cblle.tufs.ac.jp/llc/ja_wrong/

オンライン中国語誤用辞典

2) Online Dictionary of Misused Chinese

http://ngc2068.tufs.ac.jp/corpus_ch/indexFlyv6.php

この中国語誤用辞典は、科学研究費 基盤研究(B) 英日中国語ウェブ誤用コーパス構築と母語をふまえた英語・日本語・中国語教授法開発(望月圭子代表2013年度-2015年度)の研究援助を得て、東京外国語大学中国語専攻全民先生、北京語言大学林艳先生・闻亭先生・赵艳先生のご協力により、収集・添削・誤用抽出を行いました。

 國立台灣師範大學からは、國語教學中心主任陳浩然教授、副主任張莉萍教授がデータ構築・理論的指導、吳佳厚氏がシステム構築を行いました。

  添削・誤用タグ付けは、申亜敏(東京外国語大学国際日本研究センター特任研究員、早稲田大学非常勤講師)、福田翔(富山大学准教授)、游 韋倫(東京外国語大学国際日本研究センター特任研究員)をチームリーダーとして、張学博・呉丹・張正・呉唯・張景斌・梁詩戈・路敏敏・張志剛・劉成功(以上東京外国語大学大学院生・研究生)、國立台灣師範大學國際與社會科學院大学院生 羅偉瑄・劉怡伶・陳力維、葉信鴻(ハーバード大学中国語教師・スタンフォード大学大学院生)が行いました。

誤用辞典システム開発は、國立台灣師範大學科技應用與人力資源發展學系吳佳厚氏、東京外国語大学佐野洋教授・井上剛・李迎日が構築しました。

オンライン英語誤用辞典

Online Dictionary of Misused English

http://sano.tufs.ac.jp/lcshare/

本英語学習者誤用コーパスは、東京外国語大学英語専攻及び全学副専攻語として開講されている英語の授業で提出された英作文課題(辞書使用)に英語母語話者教員が添削したデータから、抽出されたものです。

誤用項目として、最も誤用頻度数が高い「前置詞の誤用」及び「冠詞の誤用」を463例取り上げ、誤用・正用・解説を加え、誤用辞典としても活用できるように設計しています。

http://ngc2068.tufs.ac.jp/corpus

この英語誤用辞典は、東京外国語大学国際日本研究センター国際日本語教育部門及び科学研究費 基盤研究(B) 英日中国語ウェブ誤用コーパス構築と母語をふまえた英語・日本語・中国語教授法開発(望月圭子代表2013年度-2015年度)の研究援助を得て、東京外国語大学・國立台灣師範大學・上海外国語大学の英語科の学習者コーパスに基づき、添削・誤用タグをつけて作成したものです。

 

研究生・訪問学者希望の方へ

Call For Papers

Call for papers

We welcome submissions for a 20 minute talk (followed by 10 minutes of discussion) or a poster, addressing theoretical problems in languages spoken in the area of East Asia, such as Chinese, Korean, Japanese, or the minority languages spoken in China, and in the area of Southeast Asia, such as Vietnamese. We are particularly interested in theoretically oriented work bearing on issues in syntax, semantics, phonology, morphology, language acquisition, or psycho/neurolinguistics that contributes to the understanding of Universal Grammar. We also welcome comparative work among (South)East Asian languages and/or between a (South)East Asian language and other languages.

Abstract Submission

Selection of papers is based on anonymous reviews of abstracts. The papers selected must be of high interest to the development of theoretical East Asian linguistics and linguistic theory more generally. Please follow these guidelines to submit your abstracts:

All submitted abstracts should be written in English and limited to two single-spaced pages, complete with examples and bibliography. All texts should fit within two A4 pages, with 2,54 cm/1-inch margin all around. Each abstract should start with the title (centered) at top, followed by 3 single-spaced blank lines, above the main text. Use font size 12 throughout (except for examples), preferably in Times or Times New Roman. Romanize all Asian texts, and avoid Asian character fonts unless absolutely necessary. The abstract should be camera-ready.

We DO NOT accept submissions by postal mail. Save your abstract as a PDF. Name your abstract with your last name followed by the suffix pdf  (e.g., huang.pdf). Submit your abstract via https://easychair.org/conferences/?conf=teal10

Sending the **same** abstract to both IACL-23 and TEAL-10 wouldn’t be welcome.
IACL-23: http://www.iacling.org/announcements.htm

Please leave your name and affiliation out of the abstract (but keep 3 blank lines between title and text). The workshop will accept at most one single-authored work AND one joint-authored work. Please indicate whether your abstract is for a talk, a poster or both.

Important Dates

Deadline for abstract submissions: February 23, 2015 (Japan time)
Notification of acceptance: March 31, 2015 (Japan time)
Conference dates: June 13-14, 2015

Poster Format Guidelines

  • Poster format should be A0 (84x119cm), in vertical (portrait) orientation.
  • The author(s)’ name(s) and the contact information should be provided.
  • A poster presentation includes one single poster.
  • Participants are expected to print and bring their own poster.

Back to top page

TEAL-10

The 10th International Workshop on Theoretical East Asian Linguistics

The Tokyo University of Foreign Studies is proud to organize the 10th International Workshop on Theoretical East Asian Linguistics (TEAL-10) at Tokyo University of Foreign Studies(TUFS), Tokyo, Japan on June 13-14 (Saturday and Sunday), 2015.

The TEAL Workshop was first launched in 1990 at the University of California, Irvine as a mid-size workshop intended to foster research on East Asian linguistics. It has been an important forum for presenting new theories and exchanging novel ideas that bear on East Asian languages with theoretical interests. Since 2002, the TEAL Workshop has been an international event. It was held at Doshisha University, Japan in 2002, National Tsing Hua University, Taiwan in 2004, at Harvard University, USA in 2005, at the Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong in 2007, at Potsdam University, Germany in 2008, at Peking University, China in 2010, at Hiroshima University, Japan in 2012, at National Tsing Hua University, Taiwan in 2013, and most recently at the University of Nantes, Nantes in 2014.

非公開: 研究生に関するQ&A (中国・台湾人留学生向け)

作成者:東京外国語大学博士前期課程大学院生 張学博

作成日:2013年11月

 

  1. 关于研究生制度

研究生并不是学校的正式学生,所以并不需要修一定的学分,最后也不会取得任何学位证书。相当于是旁听生。

在一年的研究生期间,一方面可以在教授的指导下,进一步查阅大量参考文献的基础上,细化完善自己的研究计划。另一方面也可以通过上课、自主学习等多种方式补充语言学相关的必要知识来准备下半学期的修士入学考试。

当一年的研究生课程即将修完之时,需要向学校提交一份自己一年来的研究报告。

 

  1. 外国研究生的入学时间

原则上东京外国语大学的外国研究生的入学时间是每年4月份(10月份不招生),研究期限为一年,如果希望延长可以最多再延长一年的时间。

 

  1. 研究生是否有奖学金

因为现在东外大几乎没有任何民间团体有支援研究生的奖学金制度,所以研究生阶段并没有奖学金。

 

  1. 研究生的课程

学校规定研究生每周必须要选7门以上的课程,而且如果要旁听除自己的指导老师以外的课程的话,需要得到该课程教师的许可。研究生既可以旁听本科生的课程,也可以旁听修士的课程,一般来说以本科生的课程为主。

关于具体要选哪些课程,可以在来日之后跟指导老师或者学长学姐们商量讨论之后,再结合自己的研究方向来决定。

每个学期的前两周为选课周,在开学两周之后要向留学生课提交自己的选课表。

 

  1. 研究生每周是否有专门接受教授指导的时间?

一般来说指导老师每周不会专门抽出时间逐一给学生进行指导。研究生阶段可以通过参加指导老师的课程,有机会在课上发表自己的研究计划,从而可以得到指导老师的一些指点,所以要把握好每次发表的机会,这点对将来写修士入学研究计划书是很有帮助的。

 

  1. 研究生是否有学生卡

研究生和其他学生一样均配有学生卡,可以自由利用学校的图书馆以及电子资源。

 

  1. 关于研究计划书

在研究生阶段,因为还要对自己最初的研究计划书进行多方面的修改和完善(也可能重新定题目),所以并不要求完全按照自己最初的计划来进行研究,最终在自己原有的研究的基础上有一些新的进展或完善即可。这样也是以便以后的修士阶段的研究可以顺利进行下去。

 

  1. 关于东外大修士入学考试的时间

一般来说每年东外大的修士考试有两次,秋季招生和冬季招生。

秋季的报考时间一般是每年的9月底10月初,笔试是在10月20号左右,口试是在11月初举行。

冬季报考时间一般是每年的1月初,笔试时间为1月底,口试是在2月10日左右举行。

(另外关于修士考试的合格率学校是对所有考生保密的。)

 

  1. 关于准备修士入学考试所用的参考书

为了准备修士入学考试,基本的日语语言学知识是必须要具备的。在此特别推荐《新しい日本語学入門》(第2版)(庵功雄著 スリーエーネットワーク出版)以及《言語学》(第2版)(風間喜代三等著 東京大学出版会出版)这两本书,比较通俗易懂,容易上手。

还有一本参考书就是《日本語要說》(改訂版)(ひつじ書房出版),此书会在东外大川村大老师的课上作为教科书使用,所以可以在来日之后再买,边上课边学习。

另外注意:仅仅这一本书还是不够的,需要结合研究生阶段在课上所获得的语学知识以及所使用的参考书来完善自己的知识体系。

 


 

  1. 关于修士入学考试的学习方法

关于在研究生阶段准备修士入学考试的方法大致有以下几种:

(1)首先要保证每天自己独立的学习时间。自习是非常重要的,需要经常巩固学到的知识。

(2)学校对于研究生有助教(チューター)制度,一般指导老师会指定自己研究室的日本学生来担当研究生的助教。所以在考试前可以每周与助教进行交流,来解决自己学习中遇到的问题。

(3)研究生之间可以互相一起学习,讨论学习中遇到的问题。

(4)往年指导老师一般会安排同一研究室的福田翔学长每周为研究生开设特别课程,内容就是讲解关于《言語学》(第2版)以及《新しい日本語学入門》(第2版)这两本书的要点,这样可以让研究生更容易理解,如果平时在学习上遇到的问题(比如研究计划)也可以届时提问。这也是为准备考试非常有帮助的一种学习方法。不过来年情况未定。

 

  1. 学校有开设关于日语的基本课程吗?

东外大的留学生日语教育中心每学期都会专门为留学生开设日语基本课程(全学日本語プログラム),课程内容包括综合、听力、读解、写作等等。想要继续提高自己日语水平的研究生可以选择一些对自己有帮助的课程和其他国家的留学生一起学习。

 

  1. 关于住宿问题

东外大学校内部设有国际交流会馆供留学生使用,需要申请,至于学校具体什么时候开始募集请及时关注学校官网的信息。学校交流会馆每月的房租是46000日元。如果没有申请到的话就需要租学校周围的房子,价格不等。

 

  1. 关于打工

因为研究生的来日签证写的资格是留学,所以每周可以在法律规定时间内打工。

 

  1. 关于来日后的一些手续(主要是在日本国外出愿的同学)

学校会在学生报到当天举行关于研究生的说明会,届时会给各位同学发一些必要的手续办理材料,请务必参加。另外去当地市役所办理住民票,国民健康保险,以及办理银行卡,手机等等手续需学生自行办理。

 


 

  1. 關於研究生制度

研究生並不是學校的正式學生,所以並不需要修一定的學分,最後也不會取得任何學位證書。相當於是旁聽生。

在一年的研究生期間,一方面可以在教授的指導下,進一步查閱大量參考文獻的基礎上,細化完善自己的研究計畫。另一方面也可以通過上課、自主學習等多種方式補充語言學相關的必要知識來準備下半學期的修士入學考試。

當一年的研究生課程即將修完之時,需要向學校提交一份自己一年來的研究報告。

 

  1. 外國研究生的入學時間

原則上東京外國語大學的外國研究生的入學時間是每年4月份(10月份不招生),研究期限為一年,如果希望延長可以最多再延長一年的時間。

 

  1. 研究生是否有獎學金

因為現在東外大幾乎沒有任何民間團體有支援研究生的獎學金制度,所以研究生階段並沒有獎學金。

 

  1. 研究生的課程

學校規定研究生每週必須要選7門以上的課程,而且如果要旁聽除自己的指導老師以外的課程的話,需要得到該課程教師的許可。研究生既可以旁聽本科生的課程,也可以旁聽修士的課程,一般來說以本科生的課程為主。

關於具體要選哪些課程,可以在來日之後跟指導老師或者學長學姐們商量討論之後,再結合自己的研究方向來決定。

每個學期的前兩周為選課周,在開學兩周之後要向留學生課提交自己的選課表。

 

  1. 研究生每週是否有專門接受教授指導的時間?

一般來說指導老師每週不會專門抽出時間逐一給學生進行指導。研究生階段可以通過參加指導老師的課程,有機會在課上發表自己的研究計畫,從而可以得到指導老師的一些指點,所以要把握好每次發表的機會,這點對將來寫修士入學研究計畫書是很有幫助的。

 

  1. 研究生是否有學生卡

研究生和其他學生一樣均配有學生卡,可以自由利用學校的圖書館以及電子資源。

 

  1. 關於研究計畫書

在研究生階段,因為還要對自己最初的研究計畫書進行多方面的修改和完善(也可能重新定題目),所以並不要求完全按照自己最初的計畫來進行研究,最終在自己原有的研究的基礎上有一些新的進展或完善即可。這樣也是以便以後的修士階段的研究可以順利進行下去。

 

  1. 關於東外大修士入學考試的時間

一般來說每年東外大的修士考試有兩次,秋季招生和冬季招生。

秋季的報考時間一般是每年的9月底10月初,筆試是在10月20號左右,口試是在11月初舉行。

冬季報考時間一般是每年的1月初,筆試時間為1月底,口試是在2月10日左右舉行。

(另外關於修士考試的合格率學校是對所有考生保密的。)

 

  1. 關於準備修士入學考試所用的參考書

為了準備修士入學考試,基本的日語語言學知識是必須要具備的。在此特別推薦《新しい日本語学入門》(第2版)(庵功雄著 スリーエーネットワーク出版)以及《言語学》(第2版) (風間喜代三等著 東京大学出版会出版)這兩本書,比較通俗易懂,容易上手。

還有一本參考書就是《日本語要說》(改訂版)(ひつじ書房出版),此書會在東外大川村大老師的課上作為教科書使用,所以可以在來日之後再買,邊上課邊學習。

另外注意:僅僅這一本書還是不夠的,需要結合研究生階段在課上所獲得的語學知識以及所使用的參考書來完善自己的知識體系。

 

  1. 關於修士入學考試的學習方法

關於在研究生階段準備修士入學考試的方法大致有以下幾種:

(1)首先要保證每天自己獨立的學習時間。自習是非常重要的,需要經常鞏固學到的知識。

(2)學校對於研究生有助教(チューター)制度,一般指導老師會指定自己研究室的日本學生來擔當研究生的助教。所以在考試前可以每週與助教進行交流,來解決自己學習中遇到的問題。

(3)研究生之間可以互相一起學習,討論學習中遇到的問題。

(4)往年指導老師一般會安排同一研究室的福田翔學長每週為研究生開設特別課程,內容就是講解關於《言語学》(第2版)以及《新しい日本語学入門》(第2版)這兩本書的要點,這樣可以讓研究生更容易理解,如果平時在學習上遇到的問題(比如研究計畫)也可以屆時提問。這也是為準備考試非常有幫助的一種學習方法。不過來年情況未定。

 

  1. 學校有開設關於日語的基本課程嗎?

東外大的留學生日語教育中心每學期都會專門為留學生開設日語基本課程(全学日本語プログラム),課程內容包括綜合、聽力、讀解、寫作等等。想要繼續提高自己日語水準的研究生可以選擇一些對自己有幫助的課程和其他國家的留學生一起學習。

 

  1. 關於住宿問題

東外大學校內部設有國際交流會館供留學生使用,需要提前申請,至於學校具體什麼時候開始募集請及時關注學校官網的資訊。學校交流會館每月的房租是46000日元。如果沒有申請到的話就需要租學校周圍的房子,價格不等。

 

  1. 關於打工

因為研究生的來日簽證寫的資格是留學,所以每週可以在法律規定時間內打工。

 

  1. 關於來日後的一些手續(主要是在日本國外出願的同學)

學校會在學生報到當天舉行關於研究生的說明會,屆時會給各位同學發一些必要的手續辦理材料,請務必參加。另外去當地市役所辦理住民票,國民健康保險,以及辦理銀行卡,手機等等手續需學生自行辦理。

 

大学院受験生の皆さんへ(先輩より)

以下のアドバイスは、現在望月圭子研究室で研究活動を行っている博士前期課程在籍生が執筆した東京外国語大学総合国際学研究科言語文化日本専攻の受験体験記です。

おすすめ書籍

  1. 日本語教育教科書 日本語能力検定試験 完全攻略ガイド http://goo.gl/os9E1k      日語学・日本語教育学についてなら何でも網羅している。この本が一番役に立った。   「日本語能力検定試験」の教科書でもあるので、合格したら資格試験にも使える。
  2. 影山太郎(2001) 「日英対照 動詞の意味と構文」http://goo.gl/P2dGZU
  3. 影山太郎(2011) 「日英対照 名詞の意味と構文」http://goo.gl/HocntM
  4. 迫田久美子(2002) 「日本語教育に生かす第二言語習得研究」http://goo.gl/1Eo9lG
  5. 近藤安月子(2008)「日本語教師を目指す人のための日本語学門」http://goo.gl/BLpzPF
  6. 庵功雄 他(2000)「初級を教える人のための日本語文法ハンドブク」http://goo.gl/tTtD63
  7. 庵功雄(2012)「新しい日本語学入門 ことばのしくみを考える」http://goo.gl/gTEM6u

大学院入試対策

自己紹介
日本人。関西(神戸)出身。地元の大学を卒業した外部生。
学部では英語学・英語教育学を中心に日本語との対照言語学、翻訳論、比較表現論を専攻。日本語と日本語教育に興味を持ち、英語学ではなく日本語学での大学院入試を決意。

筆記試験(秋入試のみ)

まずは過去問
毎年どのような問題が出ているのかを知らないことには勉強のしようがない。
地方や国外から受験する場合は、大学院説明会の時に一緒に入手するのが吉。
特に学部などで他分野を専攻していた人は、できるだけ早く過去問を入手したい。

とにかくノートにまとめる
記述形式の問題が多いので、知らない用語とその周辺知識を文献などを巡ってまとめる。
知っている語句も、正確に記述できるように改めてまとめ直す。
自分は過去問ごとにまとめた他に、「テンス」「方言学」「音声学」「モダリティ」「日本語教育」といった分野毎に書籍やネットにまとめられている内容を自分の言葉でまとめていき、知識を付けるのと同時に記述形式の問題対策にもした。
紙のノートでもいいけど、携帯性や検索性を考えるとPC+タブレットで閲覧できる形式でまとめておくと、後々の大学院生活でも何かと役に立つ。
特におすすめはEvernote。書籍に載っている図も写真に撮って加工してそのまま貼り付けることも可能。
PCがあればどこでも作業できるし、タブレットがあればどこでも復習ができる。
自分みたいな地方出身だと入試の日は遠征になるので、荷物も減らせる。
ノート検索やタブ付なども便利。
PCとタブレットに慣れている人なら、実践してみる価値があると思う。

英語(外国語)に時間を取られたくない
日本語以外の外国語が必要な人だと、専門分野の知識の他に外国語(自分の場合は英語)が必要になる。
英訳や和訳が中心となるので、苦手な人はその訓練もしておきたいが、
できるだけ専門分野の勉強時間を取りたいので、英語は普段から勉強しておいたほうがいい。日本人受験生は英語での受験が一般的、留学生は日本語の受験となる。
これも過去問がもらえるから、どのような問題が出るのかはきちんと把握しておくべき。

問題の解き方
問題の種類は次の3種類

専攻専門科目(専攻言語)
専攻科目(論述)
外国語

専攻専門科目は大学院で主専攻とする言語に関する問題。必修問題と選択問題があり、ほぼ全て記述形式。
必修問題も用語の中から指定の数を選んで内容説明。選択問題は一般言語学から日本語教育学、日本語古文読解など範囲は広い。

専攻科目(論述)は一般言語学に関する問題。専攻専門科目より広く専門的な言語学の知識を問われる。
どの問題も時間が足りないという印象はないが、専攻科目は1時間で4問なので若干厳しい。
個人的には大学院入試でここの対策と勉強が一番つらかった。

対策
専攻専門科目
必修問題は「簡潔に説明しなさい」なので、時間をかけて細かく説明する必要はない。
ちゃんと勉強していればそこまで難しいと感じないし、少し分からない語句があっても選択式なので避ける事ができる。
「避ける」という選択肢を作るためにも、他の語句は説明できるようにしておく。

選択問題は自分が専攻する分野や、知識に自信があるものを選べる。
自分は古文読解ができるのでそれから着手した。

専攻科目
意外と時間がないので、記述形式の問題は時間注意。
一般言語学だが、専門性はこちらのほうが高い。
自分は音声学が苦手だったので、本当に苦労した。

研究生申請

研究生申請

Thesis and Paper by My Students

修士論文

福田 翔,『日本語と中国語の可能表現-可能と結果の隣接性-』(2009)
片山 晴一,『日本語と英語の移動事象における経路』(2009)
蔡 松益,『日本語動詞の自他ー英語と中国語の対照から』(2008)
テレンス・シャー,『ニ格他動詞―英語と中国語との対照からー』(2008)

非公開: 研究生をご希望の方へ

ゼミ生の論文

修士論文

福田 翔,『日本語と中国語の可能表現-可能と結果の隣接性-』(2009)
片山 晴一,『日本語と英語の移動事象における経路』(2009)
蔡 松益,『日本語動詞の自他ー英語と中国語の対照から』(2008)
テレンス・シャー,『ニ格他動詞―英語と中国語との対照からー』(2008)

リーズ大学:Y.F.(欧米第一課程英語専攻)

■リーズ大学:Y.F.(欧米第一課程英語専攻)

リーズ大学での一年間は、私にとって自分自身を見つめなおす貴重な機会になりました。苦しいことも楽しいことも含めて全ての経験が自分を成長させることになったと思います。ここでは、リーズ大学での留学を通して私が感じたことや経験したこと、気をつけていたことなどを書いていきたいと思います。
 
まず、私がリーズへの留学を通じて学んだことは、人との出会いの大切さでした。リーズは非常に国際色豊かな大学で様々な国籍、様々なバックグラウンドを持つ人々が勉強しています。私自身は寮でザンビア人、ベトナム人、イギリス人、ウガンダ人、ケニア人、トルコ人、中国人、韓国人と共に生活し、授業でもイギリス人、ドイツ人、カナダ人、スウェーデン人、パレスチナ人、スロヴェニア人などと知り合い、年齢も性別も異なる様々な国の人々と交流することができました。もちろんこのように様々な経歴や価値観、宗教観を持つ人々と共に過ごし、カルチャーショックを受けることもありました。しかし同時に、自分はいかに視野が狭いのか、日本人の物差しで全ての物事を判断しようとしてきたのかということに気づかされ、自分とは違う視点で物事を捉える彼らの考えを新鮮に感じ尊重できるようになりました。このようにたくさんの人々と交流し友人ができたことは、この留学で得た一番の大きなものであり最も嬉しいことでもあります。特に私は正規の授業が始まる前に参加した英語クラスでかけがえのない友人を作ることができ、誕生日会を開いたりホームパーティーをしたりして一年間楽しい時間を共有することができました。

 もちろん困ったこと、苦しかったこともたくさんあります。私が初めて大学の授業に参加したときはイギリス人の冷たさに驚きました。英語がうまくないと露骨に嫌そうな顔をしますし、授業中のディスカッションのときには半分無視されグループの話し合いに参加させてくれなかったこともありました。ただし苦しいのは最初だけで、粘り強く話しかけていると2~3ヶ月後には大半のイギリス人学生が心を開いてくれるので大丈夫です。このイギリス人の冷たさは日本人などのアジアに対する差別ではなく、白人も含む多くの留学生が感じることらしいのであまり気にしないほうが良いと思います。また大学の事務所の対応や店のサービスも悪いので期待しないでおくのが一番です。私は1週間寮に入れず泊まる場所がなくなりそうになったり寮費を余分に請求されたりと大学の事務所と交渉しなければならないトラブルがいくつかありました。大体のトラブルは自分に全く落ち度のないことなのですが、感情的になり交渉相手を責めるとだいたい失敗します。どんなに自分に落ち度はなくても、謙虚な姿勢で冷静に事情を説明し、助けてくれないかお願いするとうまくいきました。

 授業に関しては、私たち日本人交換留学生は東アジア学部所属となりますが、東アジア学部に限らず全ての学部の授業を取ることができます。留学生には履修制限があり、私の場合は政治学部と法学部の授業を中心に大体1学期につき2つか3つ科目をとり週4コマから6コマくらいで授業を受けていました。最初は大変ですが2~3ヶ月もすれば慣れてきてだんだん面白く感じると思います。きちんと取り組めば単位を落とすこともありませんので心配する必要はありません。

 次に生活に関してですが、リーズの治安はあまり良くないので夜一人で出歩かないことは基本です。幸いなことに私自身は犯罪に巻き込まれませんでしたが、日本人の友人が昼夜問わずひったくりにあいましたし、強盗や誘拐、殺人があったという話も耳にしました。ただ治安が悪いということを理解し気をつけていれば、過度に怖がる必要もないと思います。私はよく大学のナイトバスを使っていました。これはリーズ大学の学生なら誰でも50pで自宅玄関まで送ってくれるというもので1時間に1本、夜7時くらいから夜中の2時や3時まで利用できます。タクシーよりも安く安全なのでお勧めです。

 生活費はあまり安くないと思います。私の場合、贅沢をしないように心がけても寮費込みで一ヶ月15万前後でした。自炊のため食費で節約することは出来ますが、トイレットペーパーなどの日用品や文房具などは日本よりも値段が高いです。それでもロンドンなどの大都市に比べればリーズでの生活は交通費があまりかからないためイギリスの中では安く済むほうなのかもしれません。

 また寮に関しては、大学の寮と民間の不動産会社が管理するプライベートの寮があります。大学の寮の場合、寮費は高いですが基本的にオフィスが郵便から部屋のトラブルまで何でも対応してくれるので安心です。プライベートの寮は安いのですが悪質な業者にだまされトラブルのときも対処してもらえないなど問題が多くお勧めできません。日本人はほとんどが大学の寮に住むのですが他の国の留学生はプライベートの寮を選択することもあり、もしかしたら友人から一緒にプライベートの寮に住もうと誘われることもあると思いますが(実際に私も誘われましたが)、きちんとお断りしたほうが良いと思います。ただし大学の寮でも非常に治安の悪い場所にある寮もありますので注意してください。私はSentinel Towersという大学まで徒歩15分ほどの寮に住んでいました。他の寮から少し離れたところにあり日本人は少なかったのですが大学院生や留学生が多く静かな寮でした。街に出るのも楽で、比較的大きな通りに面していました。またバス停も寮の目の前にありましたし、少し歩けばフリーバスを利用することもできたので便利だと思います。また正規の授業が始まる前の英語コースの時はLuptonという寮にも住んでいました。この寮は大学まで徒歩30分から40分、バスで10分から15分くらいかかり非常に遠いのですが、リーズの中では比較的治安の良い場所にあり、寮のすぐ裏にはスーパーマーケットや郵便局、日用雑貨の店、銀行、パン屋、カフェ、パブなどがありとても便利でした。バス代を負担しなければならないことと、大学からLuptonへ行くまでにハイドパークというかなり危険なエリアを通らなければならないことが多少不便ですが、とてものどかで良い寮です。Leodisなど大学の近くにある寮は通学に便利ですが治安が悪いので気をつけたほうがいいと思います。大学構内にある寮も便利ですが、全て食事つきの寮で、しかも驚くほどおいしくないそうです。私がリーズにいた時はほとんどの日本人が自炊の寮を選択していました。

 長くなりましたが、リーズでの生活は非常に充実したもので私にとって大変貴重な経験となりました。このような機会を与えてくださった大学側、そして留学を支えてくれた家族や友人に感謝したいと思います。これから留学を控えている方々や留学をしようと考えている方々は不安なことや分からないことも多いと思いますが、出発前の不安がうそだったように留学生活は充実したものになるので頑張ってください。

国立台湾大学:星澤美衣(日本課程日本語専攻4年)

■国立台湾大学:星澤美衣(日本課程日本語専攻4年)

私は2002年9月~2003年5月までの間、台湾・台北市にある国立台湾大学に、東京外国語大学からの交換留学生として留学しました。

「海外で日本語がどのように教えられているか、自分の目で見てみたい!」という動機のもと、軽い気持ちで応募してみたものの、実際に派遣されることが決まった当時、(今だから言えるものの)実は中国語の力が足りず、
不安な気持ちのまま飛行機に乗り込んだことを覚えています。(これから行かれる方はそんなことのないように!)

そして、9月初めに大学付属の語学学校の授業が始まるのに合わせて、大学敷地内にある寮に住み始めました。寮は二人部屋(一室は8畳位?)でしたが、つくりつけの家具の他、冷房・インターネット設備も備えられていて、なかなか快適に過ごすことができました。
キッチンはありませんでしたが、寮から歩いてすぐのところに安くておいしい食堂が並ぶ通りがあり、食べるものにも不自由せずにすみました。

ここからは現地の交換留学生受け入れプログラムの内容についてですが…。

台湾大にやってきた交換留学生は、平日(月~金)毎日2時間の語学学校での授業を3ターム(1ターム=3ヶ月)学費免除で受けることができました。
毎日2時間ずつの授業が週5日。もちろん予習・復習に加えて小テストも度々ありました。
少人数制(1クラス最大で6人まで)で、発言の機会も多々あった上、ほぼ毎日作文の宿題があったため、正直いってこれだけでかなり大変でしたが、ただ短期間で力はついたと思います。
着いたばかりの頃は、話しかけられてもなかなか喋れなかったのが、帰るころには(たどたどしいながらも)中国語で航空券の予約ができるようになっていて、これには自分でも少し驚きました。

その他の時間に関しては(授業を担当する先生の許可さえ得られれば)、所属学部に関係なく、キャンパス内で開講されている好きな授業に参加することができたので、私は語学学校での授業の他、英語で開講されている言語学の授業と、あと体育(しかもエアロビクス!)の授業に出ていました。
その他、時には台湾大学の日本語学科の授業にお邪魔して、授業を見学させて頂く機会にも恵まれました。

本来ならば6月末まで、台湾に滞在するはずだったのですが、SARSの一件もあり、5月の初旬に時期を早めて帰国してきました。
学期末までいられなかったこともあり、学部の授業に関しては、単位取得ができず、残念だった部分もありましたが、台湾の学生生活を体験することができて、とても有意義な経験をすることができました。

最後に、様々な形で私の留学生活をサポートして下さった、東京外国語大学・台湾大学の方々に心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

リーズ大学:木村奈々(東南アジア課程ベトナム語専攻3年)

■リーズ大学:木村奈々(東南アジア課程ベトナム語専攻3年)

2003年9月から2004年6月まで、交換留学生としてイギリスのリーズ大学で勉強しました。

大学での授業が始まる前に、6週間pre-sessional programmeという英語のコースを受けました。
英語の勉強にはあまり役に立ちませんでしたが、コースの目的の1つである、リーズでの生活に慣れる、という点ではとても良かったと思います。
生活に必要なものを買い揃え、町の様子を知るのには、思ったよりも時間がかかりました。また、コースを通して大学院の人や、全く違うことを勉強している人など、いろいろな友達ができて、その後のリーズでの生活を楽しく過ごせました。

大学ではアラビア語、アラブの歴史それにイスラムに関する授業を取りました。
科目数は多くないのですが、毎回指定された本を読んでいかなくてはならず、家でも勉強する必要がありました。
リーズ大学での私のクラスメートはほとんどがイスラム教徒で、外語大でイスラムを勉強するのと全然違う環境で、また別の視点から学ぶ事ができて、面白かったです。
ディスカッションや雑談などで、イスラム教徒としての意見を友達から直接聞くことができて、興味深かったです。

私は大学の寮には、夏の語学研修のときに入っただけで、その後は一軒の家を他の学生何人かと借りて住みました。

留学生活はとても楽しく、有意義な経験ができましたが、ひとつ気になったのは治安です。実際に被害にあった友達も何人かいましたが、夜道をひとりで歩かない、一階に住まないなど、気をつけていれば避けられるものがほとんどだと思います。
なので、留学を考えている人は、どこへ行くにしても危機意識をきちんと持って行動することが大切だと思います。

リーズ大学:原田走一郎(日本課程日本語専攻3年)

■リーズ大学:原田走一郎(日本課程日本語専攻3年)

私は2003年夏より十ヶ月ほど、リーズ大学に交換留学生として留学しました。
その体験記を書きたいと思います。

渡英し、まず学部が始まる前の語学研修に参加しました。
午前中だけ授業であとは自由といった日々で、
負担が少なく、すんなりリーズでの生活や現地の英語に慣れることができたと思います。
しかし、授業に関しては時間も短く、内容もそんなに難しくなく、
少々物足りない気はしました。ただ、私はあの期間なしで
突然学部に入っていたら大変だっただろうな、と思います。

そして学部に入り、中国語、ビジネス英語、言語学、日本事情、の講義を受けました。
中国語の授業はかなり進むのがはやく、イングランドにいったのに、
英語より中国語のほうをより勉強している、という状況が少しの期間ありました。
週に9コマも授業があり、その中で復習などをしてくれるのですが、中国語の授業はなかなか大変でした。

ビジネス英語のクラスは英語母語話者ではない人向けの授業で、クラスが10人くらいの
少人数制でした。内容はあくまで英語の授業で、ビジネスに関することはあまりありませんでした。
言語学の授業は一年生がとる授業をとったのですが、
言語学の各分野の基礎を網羅しているといった感じのものでした。
週に一回、先生と少人数のグループで講義ではなく、
ゼミのような形式で問題を解いたりするチュートリアルの時間があって、それも理解の助けになりました。

日本事情の授業は、日本の歴史が主な内容だったように記憶していますが、
ところどころで海外から見た日本の特異性のようなものが発見できました。

講義についてはこれくらいにして、リーズでの生活について少し書きたいと思います。
リーズは決して大きな街ではありませんが、大学から街の中心まで歩いていけるくらいの距離で、
非常に便利のいいところだと思います。私が入った寮(Leodis Flats)からは大学も近く、
また街の中心へもそう遠くなく、便利でした。建物自体も新しく、快適だったと思います。

ただ、周辺の治安がよくないのが、難点でした。
私自身は何の被害にもあいませんでしたが、私の寮のあたりで、ものを奪われたなど
という話を何度か聞きました。治安の悪さは留学を通して最も困ったことでした。
冬になると日が暮れるのがはやいため、必然的に暗くなってからのわりと不安な帰路でした。
ただ、大学が提供しているバスに乗ることも出来るので、治安の悪さに対しては
気をつけていればなんとか対応できました。

このように、日本とは違った環境で生活し、得たものは多いと思います。
そのなかでも、最も大きかったことはいろいろな可能性を考えるようになったということです。
日本における常識と、イングランドにおける常識は違い、
また自分の常識とは違った常識を持つ文化で生活をすると、
日本における常識はあくまでも日本でしか通用しない、ということに気がつきます。
このようにして、自文化を相対化し、他の文化での暮らし方を覚えますが、
そこで、自文化でのやり方ともう一つの文化でのやり方しか見出せないのは少々悲しいかと思います。
今まで自分が絶対だと思っていたことが相対化されたのであれば、
どのようなことにも別の可能性がある、という風に考えられるのではないでしょうか。
このような、あらゆることに別の可能性を求める、という考え方を私は留学を通して得たと思います。

私自身、今回の留学を通して大きく成長したという風に感じております。
このような機会が与えられたことに感謝したいと思います。

活動日誌

学会発表

授業・教材

教材

2015年度担当授業

2014年度担当授業

  • Spring Semester
    • Mon. 3rd Lecture: Analysis of Learners Error Corpus of Japanese and English for SLA
    • Mon.4th Lecture: Analysis of Learners Error Corpus for Foreign Language Pedagogy
    • Tue.4th Lecture: Comparative Syntax and Semantics between Japanese and English
    • Wed.1st : Academic and Business Japanese
    • Thu.2nd Lecture: Comparative Studies o Verb Semantics and Linguistic Theory for Language Education
    • Thu.4th: Comparative Syntax/Semantics and Pedagogy of Languages I
    • Thu.5th: Research Seminar on Comparative Linguistics and Teaching Foreign Languages II
  • Fall Semester
  • 研究会

ホーム

日本語・英語・中国語との対照言語学と学習者の母語に基づく外国語教授法を専門としています。最近の研究室でのプロジェクトは以下の3プロジェクトです。

第一に、日本語学習者コーパス収集と「オンライン日本語誤用辞典」を作成しました。

第二に、東外大英語専攻の授業で収集した「オンライン英作文学習者コーパス・誤用辞典」を佐野洋研究室と協力して公開しています。日本語母語話者による英作文の誤用は、in/on/atの空間・時間を表す前置詞の誤選択、とりわけ”in”の多用が顕著で、これは、日本語が「~内、~中」という表現が多いためと推測されます。また、日本語の「~の」に影響された”of”の多用が顕著です。

第三のプロジェクトで、東京外国語大学を拠点として、英国リーズ大学、北京大学、国際教養大学の四大学間で、英語・中国語・日本語の学習者コーパス収集・オンライン誤用辞典構築を始めています。学習者の母語がどのように第二言語習得に影響するかを実証的に研究する国際プロジェクトです。こうしたプロジェクトは、研究室の学部ゼミ生・大学院生たちの地道な連携作業によって成り立っています。

写真

主催国際会議情報・成果物

 主催国際会議情報・成果物英語

○日本語・英語・中国語・アラビア語 学習者コーパス研究に基づく第二言語習得研究

葉信鴻
“A Semantic and Cognitive Study of Goal Markers in Modern Chinese and its Pedagogical Implications”(ハーバード大学)

井上剛、Ehab Ebeid、佐野洋
「アラビア語学習者コーパス構築に向けたタスク内容の検討」(東京外国語大学)

○【2015年度第9回ワークショップ】 ~脳科学と第二言語習得~ 脳神経言語学と学習者コーパス

当日の写真はこちらからご覧いただけます。
2015-08-24 ―脳科学と第二言語習得― 脳神経言語学と学習者コーパス ポスター

国際ワークショップ 「卓越した外国語教育科学」(The 3rd International Workshop on Advanced Learning Science)

“The 10th international Workshop on Theoretical East Asian Linguistics”

○「東京外国語大学 小学校英語教育ワークショップ:プロジェクト型外国語活動・英語教育の試み」
ポスターはこちらよりご覧いただけます
当日の様子


○「学習の可視化・多様化を指向したe-learning教育システムの開発と教育の高度化」 事業(平成25年度文部科学省特別経費)

2014年3月1日(土)「学習の可視化・多様化を指向したe-learning教育システムの開発と教育の高度化」の支援により、国立台湾師範大学と国際シンポジウム「外国語教育とコンピュータ科学:第二言語習得・e-learning・学習者コーパス」(Language Education and Computer Science for Second Language Acquisition,e-Learning and Learners Corpora )を公益財団法人交流協会・台北駐日経済文化代表処のご後援のもと、東京外国語大学で開催し、80名の参加者をお迎えし、外国語教育とコンピュータ科学の将来について、白熱した議論がおこなわれました。

当日の写真はこちらからご覧になれます。

宋曜廷
Using Technology to Enhance Language Learning and Research: An Omniform Approach of Learning, Teaching, and Assessment for Chinese as a Foreign
Language (國立臺灣師範大學)

曾金金
Online L2 Chinese Language Teaching and Learning (國立臺灣師範大學)

陳學志
The Development of Integrative Character-word Mandarin Teaching Strategy Based on Chinese Character Structure Database(國立臺灣師範大學)

陳柏熹
An Introduction of TOCFL Computerized Test TOCFL 中国語能力検定試験
(國立臺灣師範大學)

陳浩然
Developing Corpus-based Language Teaching and Learning Resources and Tools(國立臺灣師範大學)

蔡雅薰
Developing Teachers in Diffluence of Chinese Language and Character-based Teaching (國立臺灣師範大學)

吳佳厚
The Development of Mobile Chinese Character Learning and Diagnostic System
(國立臺灣師範大學)

投野由紀夫
「コーパス準拠のCEFR 基準特性に関する研究」Corpus-based research on criterial features for CEFR levels(東京外国語大学)

片山晴一・佐野洋・Caroline 狩野・Samuel Collins・Andrew Chen・望月圭子
Error Types of Japanese Learners Corpus of English and NTNU/ TUFS Online Dictionary of Misused English(東京外国語大学)

福田翔・林艶・申亜敏・游韋倫・佐野洋・望月圭子
Error Types of Japanese Learners Corpus of Mandarin Chinese and NTNU/TUFS Online Dictionary of Misused Chinese(東京外国語大学)

林俊成
インターネットを用いた言語教育の可能性Web 教材とリアルタイム通信-The possibility of language education via INTERNET-Web materials and real time communication-(東京外国語大学)

日本語学習者言語コーパス

オンライン英作文学習者コーパス・誤用辞典

発表
Hsin-hung Yeh (Harvard University)
On Error Types and Error Origins: Pedagogical Implications from Essays of Intermediate/Advanced Chinese Learners at Harvard University

張学博(東京外国語大学)
On TUFS ‘Fullmoon’ Chinese Learners Corpora (Chinese)
On TUFS ‘Fullmoon’ Chinese Learners Corpora (Japanese)

呉佳厚(台湾師範大学)
Search Engine for Error Types in Chinese Learners Corpora (Japanese)

教育

テーマ

日本語教育・英語教育・中国語教育のための対照言語学と母語別教授法

日本語を、主に英語又は中国語と対照させ、言語に共通する普遍性と言語間で相違する個別性について考えています。英語・中国語以外にも、ロシア語・ペルシャ語を母語とする大学院生がおり、ロシア語やペルシャ語を日本語・英語と対照させて、母語別の日本語教授法を開発するというゼミ生もいます。個人的には、フランス語・韓国語にも大変興味を持っています。これ以外の言語と日本語との対照も歓迎します。

ゼミ生が扱っているテーマは、以下のとおりですが、あくまでも参考で、自身が興味をもつ文法・語彙についてテーマを決めてもらってかまいません。対照研究は、主に、その言語を母語とするゼミ生間での協力のもと行います。

国際交流

ゼミの雰囲気は、留学生が多いこと、英語母語話者、中国語母語話者、ロシア語母語話者、ペルシャ語母語話者の方に加え、日本人学生の専攻語も、英語・フランス語・ポルトガル語・ヒンディー語・中国語・日本語専攻の方と幅広く、多様性があります。

また、日本人のゼミ生には、本学の留学生、イギリスリーズ大学、台湾大学、中国からの交換留学生・教員研修生のチューターもお願いしています。日本語学習、日本での生活のサポートを通して、海外の一生の友をつくることも多いようです。

また、私自身が、国際日本研究センターの併任でもあるため、国際会議、海外の研究者の接待、世界の日本語教育機関のデータベース化等のアルバイトをしていただく機会もあります。

就職状況

ゼミ生の就職先は、英語・中国語を活かしたメーカーへの就職のほか、高校の英語教員、日本語教師、公務員(大学や地方自治体での国際交流課等)、航空会社、海外チェーンのホテル、出版社、留学サービス、予備校英語講師等が多いようです。大学での英語・中国語・日本語教員をめざす人、英語・日本語教員で専修免許を取得する人は、大学院への進学をしています。

ゼミ見学

ゼミ見学は、毎週木曜日2時間目(745号室)、4時間目(332号室)で随時行っています。

論文

■発表論文 過去に発表した論文の一部が、PDF形式にて閲覧可能です。(同ウインドウ内で開きます)

研究

研究内容

日本語・英語・中国語との対照言語学と学習者の母語に基づく外国語教授法を専門としています。最近の研究室でのプロジェクトは以下の3プロジェクトです。

第一に、日本語学習者コーパス収集と「オンライン日本語誤用辞典」を作成しました。

第二に、東外大英語専攻の授業で収集した「オンライン英作文学習者コーパス・誤用辞典」を佐野洋研究室と協力して公開しています。日本語母語話者による英作文の誤用は、in/on/atの空間・時間を表す前置詞の誤選択、とりわけ”in”の多用が顕著で、これは、日本語が「~内、~中」という表現が多いためと推測されます。また、日本語の「~の」に影響された”of”の多用が顕著です。

第三のプロジェクトで、東京外国語大学を拠点として、英国リーズ大学、北京大学、国際教養大学の四大学間で、英語・中国語・日本語の学習者コーパス収集・オンライン誤用辞典構築を始めています。学習者の母語がどのように第二言語習得に影響するかを実証的に研究する国際プロジェクトです。こうしたプロジェクトは、研究室の学部ゼミ生・大学院生たちの地道な連携作業によって成り立っています。Research

プロフィール

氏名 望月 圭子(MOCHIZUKI, Keiko)
所属
東京外国語大学総合国際学研究院 教授

国際日本研究センター 兼任教授

専門
日本語・英語・中国語との対照言語学

外国語教育学(英語、中国語、日本語教授法)

学習者コーパス(英語、中国語、日本語)に基づく誤用分析

中国語学(統語論、意味論)

1.  学歴
1984年3月 東京外国語大学外国語中国語学科卒

1986年3月 東京外国語大学大学院外国語学研究科修了

1988年7月 中国復旦大学中国語言研究所高級進級課程修了

1995年  ロンドン大学SOAS客員研究員

2004年8月 台湾國立清華大學語言學研究所博士課程修了

2. 取得学位
文学修士(東京外国語大学) 1986年

文学博士(台湾國立清華大學言語學研究所) 2004年

3. 獲得した研究費

1) 多言語話しことばコーパスと学習者言語コーパスに基づく言語運用の研究と教育への応用     Studies of language use based on multilingual and learner corpora and their application       to teaching( 2007年度~2010年度,基盤A 川口裕司代表)

2)  英日中国語ウェブ誤用コーパス構築と母語をふまえた英語・日本語・中国語教授法開発         (2013年度~2016年度, 基盤B 望月圭子代表)

 

4. 所属学会
国際中国語学会

大学英語教育学会

日本中国語学会

日本言語学会

外国語教育学会

台湾言語学会

日本語教育学会

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

Name Keiko MOCHIZUKI

Name (required)

E-mail Address (required)

Subject

Message