野元 裕樹 (NOMOTO Hiroki)

氏名 / Name 野元 裕樹 (NOMOTO Hiroki)
所属職名 / Affiliation 大学院総合国際学研究院/准教授
Institute of Global Studies/Associate Professor
電子メール / Email nomoto@tufs.ac.jp
ウェブページ / Website http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/nomoto/
取得学位 /
Academic Credentials
  • 学士(言語学)(東京大学) 2003年
  • 修士(言語学)(東京外国語大学) 2006年
  • 博士(言語学)(ミネソタ大学(University of Minnesota、アメリカ合衆国)) 2013年
専門分野(科研費分類) /
Research Field(s) (by KAKEN)
  • 言語学
    Linguistics
研究キーワード /
Research Keywords
  • 言語学, 統語論, 意味論, 言語資源開発
    linguistics, syntax, semantics, language resource development

自己紹介 / Biography

外国語を学習したり、外国人向けの日本語の教科書を手に取ってみたりするとよく分かりますが、私達は普段何気なく使っていることばについて、知らず知らずのうちに、思いもよらないほど複雑な仕組みを頭の中に獲得しているものです。そのような無意識的に身に付く知識の体系やその習得メカニズムを研究するのが言語学です。私は、言語学の中でも、文が語などのより小さな単位からどのように作られるかを研究する「統語論」と、私達が語や文の意味を理解できるのはどのような仕組みが背後にあるからなのかを研究する「意味論」の分野を専門に研究しています。研究対象言語は,主にマレーシアやシンガポールで話されているマレー語です。特にマレーシアで話されているマレー語は「マレーシア語」とも呼ばれ、本学でもこの名称を採用しています。日本語や英語をはじめとする複数の言語の対照研究も積極的に行っています。

授業は、マレーシア語専攻の語学とマレー語学関連の授業を担当しています。マレー語は、英語などのように動詞が主語や時制に合わせて変化したり,名詞にどんな冠詞が付くかで悩まされることがない他、アジアの言語であるためか、発想方法も日本語とよく似ています。ですので、日本人にとって習得しやすい言語の一つだと思います。マレーシア、シンガポールは多民族・多言語国家で、旧英国植民地ですので、マレーシア専攻での学習を通じて、マレー語だけでなく、マレーシア、シンガポール特有の、標準英語とは異なる英語の言い回しや、複数民族の共生のあり方についても学んでいただけると思います。私が担当するのは、マレー語、マレー語学関係の授業ですが、国際社会で通用する、高い語学力、思考力、そして教養を備えた人材の育成につながるように心掛けております。

所属学会 / Affiliated Academic Societies

    • アメリカ言語学会
    • 日本言語学会
    • 言語処理学会

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • Reclassification of the Leipzig Corpora Collection for Malay and Indonesian, NUSA: Linguistic Studies of Languages in and around Indonesia, 65巻, 47-66, 2018年
  • The development of the English-type passive in Balinese, Wacana: Jurnal Ilmu Pengetahuan Budaya, 19巻1号, 122-148, 2018年
  • Degree achievements, telicity and the verbal prefix meN- in Malay, Journal of Linguistics, 51巻1号, 147-183, 2015年
  • Kena adversative passives in Malay, funny control, and covert voice alternation, Oceanic Linguistics, 51巻2号, 360-386, 2012年
  • Konstruksi kena dalam bahasa Indonesia: Perbandingan dengan bahasa Melayu, Linguistik Indonesia, 29巻2号, 111-131, 2012年
    The kena construction in Indonesian: A comparison with Malay, Indonesian Linguistics, 29(2), 111-131, 2012
  • Bare classifiers and definiteness: A cross-linguistic investigation, Studies in Language, 35巻1号, 168-193, 2011年
  • The Malay verbal prefix meN- and the unergative/unaccusative distinction, Journal of East Asian Linguistics, 20巻1号, 77-106, 2011年
  • On indefinite subjects of pivot verbs in Malay, International Journal of Corpus Linguistics, 14巻2号, 221-254, 2009年
  • Progressive aspect, the verbal prefix meN-, and the stative sentences in Malay, Oceanic Linguistics, 48巻1号, 148-171, 2009年
  • Colloquial Singapore English got: Functions and substratal influences, World Englishes, 28巻3号, 293-318, 2009年

著書 / Books

  • マレー語の教科書 詳解文法, Next Publishing Authors Press, 単行本(学術書), 単著, 2020年
    Textbook of Malay: Comprehensive Grammar, Next Publishing Authors Press, Scholarly Book, Single Author, 2020
  • Linguistic Studies Using Large Annotated Corpora, Universitas Katolik Indonesia Atma Jaya and Tokyo University of Foreign Studies, Scholarly Book, Joint Editing and Writing, 2019
  • AFLA 23: The Proceedings of the 23rd Meeting of the Austronesian Formal Linguistics Association, Asia-Pacific Linguistics, 単行本(学術書), 共編著, 2016年
  • Current Trends in Malay Linguistics, Universitas Katolik Indonesia Atma Jaya and Tokyo University of Foreign Studies, 単行本(学術書), 共編著, 2014年
  • Isamu Shoho: Tinta Kenangan "Kumpulan Esei Bahasa dan Linguistik", Dewan Bahasa dan Pustaka, 単行本(学術書), 共編著, 2011年
    Isamu Shoho: A Festschrift "Essays in Language and Linguistics", Scholarly Book, Joint Editing and Writing, 2011

総説・解説記事 / Review Papers

  • Malay, The Mainland Southeast Asia Linguistic Area, Mouton de Gruyter, 総説・解説(その他), 共著, 2019年
  • マレー語, 東南アジア文化事典, 丸善出版, 総説・解説(その他), 単著, 2019年
  • マレーシア語の否定と連体修飾複文, 語学研究所論集, 総説・解説(大学・研究所紀要), 共著, 2019年
  • Konstruksi penaikan dan kawalan dalam bahasa Melayu, Aspek Teori Sintaksis Bahasa Melayu, Dewan Bahasa dan Pustaka, 総説・解説(その他), 共著, 2017年
  • マレーシア語の焦点表現と名詞述語文, 語学研究所論集21, 東京外国語大学, 総説・解説(大学・研究所紀要), 共著, 2016年
  • マレーシア語の連用修飾的複文, 語学研究所論集20, 総説・解説(大学・研究所紀要), 共著, 2015年
  • Senarai komprehensif perbezaan ejaan Malaysia dan ejaan Indonesia, 語学研究所論集19, 東京外国語大学, 総説・解説(大学・研究所紀要), 共著, 2014年
  • マレーシア語と述語階層, 語学研究所論集19, 東京外国語大学, 総説・解説(大学・研究所紀要), 共著, 2014年
  • マレーシア語の所有表現(データ), 語学研究所論集18, 東京外国語大学, 総説・解説(大学・研究所紀要), 共著, 2013年
  • マレーシア語のヴォイスとその周辺, 語学研究所論集, 東京外国語大学, 総説・解説(大学・研究所紀要), 単著, 2012年
    Voice and related constructions in Malay, Introduction and explanation (bulletin of university, research institution), Single Author, 2012

研究発表 / Presentations

  • Towards genuine stemming and lemmatization in Malay/Indonesian, 言語処理学会第26回年次大会, 国内会議, 口頭(一般), 2020年
  • Using MALINDO Conc for Malay/Indonesian language classes, The Southeast Asian Language Teaching and Learning Symposium (SEALTLs), 国際会議, 口頭(招待・特別), 2019年
  • Passive subtypes in Sarawak Malay, The Third International Workshop of "Varieties of Malayic Languages", 国際会議, 口頭(一般), 2019年
  • 代名詞代用語の意味論, 第159回日本言語学会大会, 国内会議, ポスター(一般), 2019年
  • Passive subtypes in Malay: Their structures, frequencies and diachrony, APHASIA and LINGUISTICS network in Malaysia and Indonesia, 国際会議, 口頭(招待・特別), 2019年
  • Persian copulas in focus constructions, The Second North American Conference in Iranian Linguistics (NACIL), 国際会議, 口頭(一般), 2019年
  • Pengembangan sumber bahasa digital dan konsep asas dalam linguistik Melayu/Indonesia, Konferensi Linguistik Tahunan Atma Jaya (KOLITA) 17, 国際会議, 口頭(基調), 2019年
  • Interpersonal meaning annotation for Asian language corpora: The case of TUFS Asian Language Parallel Corpus (TALPCo), 言語処理学会第25回年次大会, 国内会議, 口頭(一般), 2019年
  • マレー語学習者を対象にした読解学習支援システムの開発について, 外国語教育学会第22回研究報告大会, 国内会議, 口頭(一般), 2018年
  • Factors affecting Japanese university students' choice of their major second foreign languages, Asia-Pacific Symposium for the Teaching of Asian Languages, the Eighth CLS International Conference (CLaSIC 2018), 国際会議, 口頭(招待・特別), 2018年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

  • 科学研究費 若手研究(B) 数の仕組みとその文法・情報構造との連関の通言語的研究(2014年度)
  • 科学研究費 若手研究(B) 類別詞言語における類別詞および名詞複数形の(不)使用に関する対照言語学的研究(2011年度-2013年度)

Last updated on 2020/4/29

PAGE TOP