【終了】 2019年度 第二回FINDAS研究会「インド ベンガルの宗教文化」 5/25

掲載日 | 2019年04月23日

2019年度 第二回FINDAS研究会「インド ベンガルの宗教文化

【日時】 2019年5月25日(土)13:00~17:00
【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト 4階セミナー室(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
     ※予約不要、一般公開

【報告者・題目】 

◆澁谷 俊樹(横浜市立大学非常勤講師)

意識の高い『テーマ』、逆張りの『タントラ』——コルカタの女神祭祀から
Highly Conscious “Theme” and Contrarian “Tantra: A case study on the festival of the Goddesses in Kolkata”

コルカタを舞台とする本報告は、ドゥルガー女神祭祀に展開する「テーマ・プジャ(Theme Puja)」と呼ばれる流行を「意識の高さ」という分析概念によって、一方、ローカルなカーリー女神祭祀に広がる「タントリック・プジャ(Tantric Puja)」と呼ばれる儀礼の拡大を「逆張り」という分析概念で捉える。2018年、19年度の現地調査の全体像についても簡潔に説明する。

◆外川 昌彦(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

スワーミー・ヴィヴェーカーナンダにおけるインド美術史とインド社会像の探求
Swami Vivekananda’s Views on the History of Indian Art and Indian Society:

本報告では、英領期のヒンドゥー教改革運動家スワーミー・ヴィヴェーカーナンダが、1897年に欧米から帰還した後、当時のベンガル知識人によるインドの歴史や文化を探求する多様な試みに触発され、また、欧米の東洋学者との対話を通して、インド美術史などのインドの国民的な文化的基盤を捉え直してゆく経緯を検証し、それがカーストや民族などの多様な背景を持つインドの人々を捉える視点に敷衍される経緯を検証する。

【主催】 東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)
【使用言語】 日本語

【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局
       [E-mail] findas_office[at]tufs.ac.jp
       [HP] http://www.tufs.ac.jp/ts/society/findas/

【終了】 2019年度 FINDAS社会連携 「南アジアと働く――株式会社マザーハウス グローバルなソーシャルビジネス×持続可能な社会の可能性」   4/25

掲載日 | 2019年04月11日

FINDAS社会連携

「南アジアと働く――株式会社マザーハウス グローバルなソーシャルビジネス×持続可能な社会の可能性」

【日時】 2019年4月25日(木)18:00~20:00

【会場】 東京外国語大学 府中キャンパス 研究講義棟 226教室(定員200名)

【アクセス】 西武多摩川線多磨駅下車、徒歩約 8分

http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html

入場無料、申込み不要(先着200名)、一般公開

【プログラム】

18:00~18:05 

開会のあいさつ・司会:  日下部 尚徳(東京外国語大学)

18:05~18:20 (15分)

◆日下部 尚徳 

「バングラデシュの経済発展と社会変容」

18:20~19:30 (70分)

◆王 宏平(株式会社マザーハウス執行役員 コーポレート部門統轄)

◆北村 美月(株式会社マザーハウス 本学OG、新卒2年目)

「途上国から世界へ通用するブランドをつくる――株式会社マザーハウスの挑戦とキャリアの可能性」

13年前「バングラデシュでかわいい鞄を作りたい!」という想いから始まったマザーハウスの創業ストーリーをお伝えしながら、同社の役員と本学OGスタッフから、そこで得られる経験やキャリアの作り方について、お話させていただきます。国際協力や途上国に興味がある方へ、公的機関やNGOだけではない、新しい可能性をお伝え出来れば思います。

19:30~20:00 (30分)

質疑応答 

【主催】 東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)、株式会社マザーハウス

【使用言語】 日本語

【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局

E-mail: findas_office[at]tufs.ac.jp

【終了】 2019年度 第一回FINDAS研究会「インド メディアの現場」 5/18

掲載日 | 2019年04月10日

2019年度 第一回FINDAS研究会「インド メディアの現場」

【日時】 2019年5月18日(土)13:00~17:00
【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト 4階セミナー室    (http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)


※本研究会は予約不要、どなたでもご参加いただけます。

【報告者・題目】 


◆金子 淳(毎日新聞前ニューデリー支局長(現社会部記者))

「スマホ時代のジャーナリズム――インド特派員経験より」
Journalism in the Era of Smartphone: From the Experiences of the Correspondent in India

スマホの普及によりメディアの消費の形が変わったことは、取材現場におけるニュース価値の判断基準や取材方法、情報統制などに大きな影響をもたらしている。爆発的にスマホの普及が進むインドでは、既存メディアへの不信やフェイクニュースの氾濫といった新たな問題が生じつつある。現地で4年間、日本の新聞記者として取材にかかわった経験から、現地でのジャーナリズムの変容を報告する。

◆湊 一樹(アジア経済研究所 研究員)

「インドにおけるメディアと民主主義」
The Media and Democracy in India

モーディー政権のもとでメディアに対する締め付けが強まっていることを示す事例が数多く存在する。さらに、「多様な民主主義(V-Dem)」と呼ばれる民主主義指標によると、モーディー政権が成立して以降、インドでは報道の自由が非常事態期並みの水準にまで低下している。これは、情報操作と政治的議論のコントロールを重視するモーディー政権ならではの現象であるといえる。ただし、その一方で、連邦政府や州政府によるメディア・コントロールの存在は以前から指摘されている。さらに、メディアは一方的な被害者なわけではなく、政治と共存共栄しているという側面もある。本報告では、以上の点を概観したうえで、報告者がビハール州で行っている調査に基づいて、政府広告がメディアにどのような影響を及ぼしているのか議論する。

【主催】   東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)
【使用言語】 日本語
【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局
        [E-mail] findas_office[at]tufs.ac.jp
       [HP] http://www.tufs.ac.jp/ts/society/findas/

【お知らせ】 リサーチペーパー7号、8号、および『FINDAS International Conference Series 3: Gender and Ethnicity in Bangladesh: Life as a Rohingya Refugee』を刊行しました!

掲載日 | 2019年04月08日

下記の「研究成果」のページからダウンロードすることができます。

Please visit the downloading site: http://www.tufs.ac.jp/ts/society/findas/production

【終了】 2018年度 第五回FINDAS研究会「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承」2/2

掲載日 | 2019年01月09日

2018年度 第五回 FINDAS研究会

(科研「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承」(代表:水野善文)と共催)

【日時】2019年2月2 日(土) 13:00~17:00 (17:00~18:00 科研メンバーの打ち合わせ)

【場所】東京外国語大学 本郷サテライト 8階セミナー室(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

【報告者・題目】

◆田森 雅一 (東京大学)

「ラージャスターンのボーパと絵解き語り-物語空間におけるラーマ物語の分析を中心として-(仮題)」

The Bhopa and Oral Epics/Pictorial Narratives in Rajasthan:An Analysis Focusing on Rama Story in the Painted Scroll or ‘phad’

本発表では、ラージャスターンのボーパbhopasと彼らの民族叙事詩語りおよび絵解きパフォーマンスに用いられる大型の布絵phadの地理的空間と物語構造、そこに組み込まれた各種のエピソード、とりわけ「ラーマ物語」に焦点を当てて考察を試みる。

◆高橋 明 (大阪大学) 

「現代マラーティー語の正書法と辞書記述」

Orthography and Lexicography in Modern Marathi

独立後、言文一致の原則に基づいたマラーティー語の正書法を定めるために、さまざまな試みがなされてきているが、いまだに定着しているとは言いがたい。教養のある人々でも日常会話で用いられるごく普通の単語を表記する際に、その表記に迷うことがあるのも珍しいことではない。そのことは、マラーティー語の辞書に採録されている見出し語に異なる綴りを持つものが特に多いこととも無関係ではない。実際の辞書編纂における試行錯誤と正書法との関わりについて、事例の一部を紹介する。

【使用言語:日本語】