• トップページ
  • »
  • お知らせ一覧
  • »
  • 2011年10月16日 第5回FINDAS研究会(INDAS国際シンポジウム プレ研究報告会)のお知らせ≪終了しました≫

2011年10月16日 第5回FINDAS研究会(INDAS国際シンポジウム プレ研究報告会)のお知らせ≪終了しました≫

掲載日 | 2011年10月06日

FINDAS外大拠点では、今年度第5回目の研究会を下記の日程で行います。
皆様のご参加をお待ちしております。

——————————————————————————–
日時:10月16日(日) 13:00~17:00
場所:本郷サテライト5F セミナールーム
(アクセスマップ→http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
——————————————————————————–

発表者1:鈴木義里(大正大学)
タイトル:ゴアの印刷メディアと言語状況

この発表が目指すのは、ゴアの印刷メディアとゴアの言語状況を明らかにすることである。2001年のセンサスによれば、ゴア州の有力言語はコーンカニー語(57.1%)、マラーティー語(22.6%)、ヒンディー語(5.7%)、カンナダ語(5.5%)である。しかし、印刷メディアに関しては、コーンカニー語のものを目にする機会は極めて少ない。英語が他の言語を圧倒しており、他にはマラーティー語のものが多少目に入る程度である。なぜこのような状況になっているのだろうか。印刷メディアにおけるコーンカニー語の状況を、ゴアの歴史、政府の言語政策、言語教育などに焦点を当て、その原因を探る。

発表者2:井坂理穂(東京大学)
タイトル:現代インドにおける出版業界の変化-グジャラート州の事例ー

近年のインドにおける経済自由化や経済成長、新中間層の台頭、教育機関の拡大、識字率の上昇、グローバル化の流れは、インドにおける各種出版物の生産・流通・消費のあり方にも大きな変化をもたらしている。それはたとえば、出版社の再編や提携、Crosswordに象徴されるような新たな販売形態、消費者による本の選び方、買い方の変化(ネットの利用など)、海外におけるインド系移民の市場の拡大など、様々な側面にあらわれている。本研究は、こうした出版業界をめぐる近年の変化を、歴史的な文脈のなかからとらえたうえで、とりわけ英語出版物と在地諸語出版物のそれぞれのあり方や両者の関係が、近年、どのように変化しつつあるのかに焦点をあてる。調査地域は、当面はグジャラート州に限定する。