2011年5月21日 第3回FINDAS研究会(インド文学史科研共催)のお知らせ≪終了しました≫

掲載日 | 2011年05月05日

FINDAS外大拠点では、今年度第3回目の研究会を下記の日程で行います。
今回の研究会は、インド文学史科研(「多言語重層構造をなすインド文学史の先端的分析法と新記述 (基盤A)」)との共催となります。
皆様のご参加をお待ちしております。

——————————————————————————–
日時:5月21日(土) 13:00~15:30
場所:本郷サテライト7階 会議室
(アクセスマップ→http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
——————————————————————————–

○研究報告
1.石川まゆみ(東京外国語大・学部4年生)
タイトル:「フィジーにおけるヒンディー文学―現状報告―」

要旨:イギリス植民地時代にフィジーに移住したインド人労働者とその子孫たちによるヒンディー文学は異国の地でどのように展開したのか、故郷の伝統文化の保持という視点をもって実施した現地調査の報告である。
2.坂田貞二(拓殖大学・名誉教授)
タイトル:「文学の媒体(写本、印刷技術、メディア)―問題提起―」

要旨:19世紀後半のヒンディー語地帯では、聖典ほかが筆写されるなかで、石版印刷が導入されて多部数の印刷・制作ができるようになった。そしてその直後に活字印刷も普及した。この移行過程をトゥルスィーダース(1532-1623)による叙事詩『ラーマの行いの湖』の例で辿ってみたい。