2020年度 第一回FINDAS研究会 「南アジア研究における情動の諸相」5/24

掲載日 | 2020年05月13日

2020年度 第一回FINDAS研究会

(共同利用・共同研究課題「南アジア研究における情動の諸相」2020年度第1回研究会と共催)

 

「南アジア研究における情動の諸相」

 

【日時】  2020年5月24日(日)13:00-16:30
【場所】 ZOOM会議

※非公開

 

【報告者・題目】

◆粟屋利江(東京外国語大学)

「南アジア研究における情動:導入」

“Emotions in South Asian Studies: Preliminary introduction”

様々なディシプリン領域において「感情」、「情動」、「共感」などといった切り口による研究が目立つようになってしばらくたつ。当報告は、南アジア研究の領域における同様の動向について概観し、その意義と可能性について考察することを目的とする。

 

◆田口陽子(県立広島大学)

「情動のやりとりと社会身体の形成:人類学的な概念化と南アジアの変動」

“The transaction of affect and the formation of the “body social”: Anthropological conceptions and South Asian movements”

本発表は、身体や環境や社会空間の相互形成について論じてきた人類学的な研究を参考に、南アジアの社会変動を情動のやりとりという視点から研究するための足場づくりを行う。

【使用言語】 日本語

【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局

[E-mail] findas_office[at]tufs.ac.jp

[HP] http://www.tufs.ac.jp/ts/society/findas/

次の記事