2016年度に開催した研究会、国際会議の概要

掲載日 | 2019年06月27日

(1)第一回FINDAS研究会 「貞しき女性・浄なる女性――歴史学的アプローチから」

日時: 2016年4月23日(土)13:00~17:00

場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 3階セミナールーム

発表者・題目:

横地優子(京都大学文学研究科)「生理は女性を清めるか?」、太田信宏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)「完璧な妻か、完璧な夫婦か――『ハディバデヤ・ダルマ(貞女の法)』再読」

 

(2)第二回FINDAS共催研究会[科研基盤研究(B)研究代表者:水野善文 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承 」共催]

日時: 2016年7月2日(土) 12:30~17:00

場所: 東京外国語大学 本郷サテライト7階セミナー室

発表者・題目: Sreedevi Reddy(博報財団国際日本研究フェロー/京都大学)“Love, Desire, and Sexuality in Triveni’s Novels”、安永有希(東外大)「ヒンディー大衆文学作家デーヴキーナンダンの描く世界」、高橋孝信(東京大学)「タミル古代文学における自然」、坂田貞二(拓殖大学)「ヒンディー語で16世紀に編まれた『ラーマの行いの湖』」

 

(3)第三回FINDAS研究会 Exploring Contemporary South Asia

日時: 2016年7月5日(火)18:30-20:30

場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーションルーム2

発表者・題目:Nadia Loan(University of Oregon)“Handwriting the Quran: Inscribing Devotion in Contemporary Pakistan”, Arafaat Valiani(University of Oregon)“Mohandas Gandhi and the Rashtriya Swayamsevak Sangh (RSS)”

 

(4)第四回FINDAS研究会 Reading Together: Village Pasts and Futures in Hindi, Urdu, and English Novels

日時: 2016年9月19日(祝・月) 13:00~17:00

場所: 東京外国語大学 本郷サテライト3階セミナールーム

発表者・題目: Francesca Orsini(University of London)“Reading Together: Village Pasts and Futures in Hindi, Urdu, and English Novels”、コメンテーター:松木園久子(大阪大学)

 

(5)FINDASほか共催ワークショップ「ダッカのテロ事件とバングラデシュの若者たち」

日時: 2016年10月9日(日)14:00~17:30

場所: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・大会議室

発表者・題目: 高田峰夫(広島修道大学)「ダッカのテロ事件-イスラーム研究との関連で」、南出和余(桃山学院大学)「農村の若者の生活から見たテロ事件」、石山民子(アジア砒素ネットワーク)

「家庭やコミュニティの視点から振り返るダッカ事件」、外川昌彦(東外大AA研)「ダッカの若者たちとテロ事件」、日下部尚徳(東外大)「コメントとその後の展開」   

 

(6)第一回FINDAS若手研究者セミナー 「バングラデシュにおけるマイノリティの生活戦略」

日時: 2016年11月5日(土)13:00~17:00

場所: 東外大本郷サテライト3階セミナー室

発表者・題目: 上澤伸子(東外大)「バングラデシュにおける民族的・宗教的マイノリティ女性の就労選択 」、石坂貴美(日本福祉大学大学院アジア福祉社会開発研究センター)「マイクロファイナンス利用にみる人びとの暮らしを守る実践」

 

(7)国際ワークショップ「新自由主義時代における南アジアの女性労働 Women’s Work in South Asia in the Age of Neo-liberalism」

日時: 2017年1月8日(日)10:00~17:00

場所: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・大会議室303

発表者・題目: 

Misako Kanno (Tokyo University of Social Welfare) “Dynamics of Working Housewives in Contemporary Rural Uttar Pradesh”, Rie Kage (Saga Women’s Junior College)”Causes and Consequences of Return Migration in Sri Lanka: A Case Study of Female Unskilled Migrant Workers”, Seika SATO (Teikyo University)”‘Self-employed’ Workers in the Age of Neoliberalism: Men and Women Street Vendors in Kathmandu”, Neetha N. (Centre for Women’s Development Studies) ”Nuances and Overtones of Paid Domestic Work in India”, Dina M Siddiqi(BRAC University) “Unions or NGOs? Organizing Labor under the Neoliberal Gaze”, Nida Kirmani (Lahore University of Management Sciences) “Earning as Empowerment?: The Relationship between Paid-Work and Violence in Lyari, Karachi”

Discussant: Hanako Nagata (Ibaraki University). Momoe Makino (The Institute of Developing Economies)

 

8)第五回FINDAS共催研究会[科研基盤研究(B)研究代表者:水野善文 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承 」共催]

日時: 2017年1月21日(土) 13:00~17:00

場所: 東京外国語大学 本郷サテライト7階セミナー室

発表者・題目: 沖田瑞穂(中央大学)「現代インド映画における『マハーバーラタ』の英雄像の継承と編成――ビーマ、アルジュナ、クリシュナを中心として(中間報告)」、井田克征(金沢大学)「神について語ること:中世マラーティー語のバクティ文学から」

 

9)第六回FINDAS共催研究会

日時: 2017年2月7日(火) 17:00~19:00

場所: 東京外国語大学AA研301

発表者・題目: Meenakshi Thapan(University of Delhi) “Finding Faith : Western Imaginings of Spiritual India”

コメンテーター: 松尾瑞穂(国立民族学博物館)