• トップページ
  • »
  • お知らせ一覧
  • »
  • 【終了】 2018年度第二回FINDAS研究会 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承」 7/7

【終了】 2018年度第二回FINDAS研究会 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承」 7/7

掲載日 | 2018年06月13日

2018年度 第二回FINDAS研究会

(科研「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承」(代表:水野善文)と共催)

 

【日時】 2018年7月7日(土)13:00~17:00(17:00~18:00 科研メンバーの打ち合わせ)
【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト 8階会議室
(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

【報告者・題目】

◆安永 有希(東京外国語大学・博士後期課程)
デーヴキーナンダン・カトリーの言語
The language of Devakinandana Khatri

19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したヒンディー大衆小説作家デーヴキーナンダン・カトリーの執筆言語を、当時の言語論争や文学の状況の中で考察する。

◆水野 善文(東京外国語大学)
ラーマ物語とgodāna
Rama-stories and “godāna”

プレームチャンドが小説のタイトルにも使用したgodānaという単語は、インドの文化史をとおして様々な概念を有していた。このgodānaにつきヴェーダから近現代までの玉虫色の様相を垣間見ながら、ラーマ兄弟の結婚式まえに催行されたgodāna儀礼の箇所に注目して、ラーマ物語の伝承・変容を文化的背景と照合しながら捉えてみたい。

◆石田 英明(大東文化大学)
分離独立とヒンディー文学――カムレーシワルの『 いくつのパーキスターン』をめぐって
Indo-Pak Partition and Hindi Literature: Concerning “Kitne Pakistan” of Kamleshvar

カムレーシワル(1932-2007)の『 いくつのパーキスターン』(2000) は人々が憎しみ合い離反する気持ちの在り様を「パーキスターン」 と呼び、古今東西の多くの事例から「パーキスターン」 現象を検証しようとした作品である。 そういう観点からアウラングゼーブ、ジンナー、 マウントバテンらの役割に焦点を当てて 印パ分離独立の背景を探り、今なお続く「パーキスターン」 現象に世界中で人々が苦しめられているとする、この作品の今日における意義を探る。

【使用言語】 日本語