【終了】 2018年度 第一回FINDAS研究会  「情動・感情の歴史的考察」 6/30 ※プログラム一部更新

掲載日 | 2018年06月11日

 

 

2018年度 第一回FINDAS研究会  「情動・感情の歴史的考察」

 

【日時】 2018年6月30日(土)13:00~17:30
【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト 7階セミナー室
(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

 

【報告者・題目】

 

◆粟屋 利江(東京外国語大学)
南アジア研究における「感情」

Toshie Awaya (Tokyo University of Foreign Studies)
Some Reflections on “Emotion” in South Asian Studies

様々なディシプリン領域において「感情」、「情動」、「共感」などといった切り口による研究が目立つようになってしばらくたつ。当報告は、南アジア研究の領域における同様の動向について概観し、その意義と可能性について考察することを目的とする。

 

◆太田 信宏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
「喜びと悲しみの王国――マイスール藩王国の伝統的カンナダ語詩文学にみる感情を巡る言説」

Nobuhiro OTA ( Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies)
Kingdom of Joy and Grief: Emotional Discourses in Traditional Kannada Literature of the Princely State of Mysore

本報告は、英領期のマイスール藩王国において伝統的韻文形式を用いてカンナダ語で著された文学作品中、特に藩王・臣民間関係の文脈でみられる感情に関わる表現や感情が強く表出される場面を取り上げる。それらの分析を手掛かりとして、植民地支配のもとで王権や王国政治秩序のあり方がどのように変容したのかについて考察を試みる。

 

◆Thierry Di Costanzo (University of Strasbourg, France)
‘Resentment’: A Tentative Assessment of the Imperial Intellectual Debate on the ‘Idea of Pakistan’ (1914-1949)

Kyoto University ASAFAS holds a valuable collection of books on Pakistan called ‘Aqeel Collection’. Dr DiCostanzo is working on the ‘Aqeel’ books written in English only, concerning the ‘idea of Pakistan’ written by intellectuals from all over the Empire. His presentation is about the history of the debate on Muslim nationalism and how the contents of that debate could be related to the promising field of ‘history of emotions’ in South Asian political history. He will take a particular look at the notion of ‘resentment’ in that corpus.

 

【使用言語】 日本語(一部、英語)

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。