TUFS オンライン短期日本語・日本文化研修プログラム ―アニメ・マンガを使って探究をしよう!―

世界でも広く愛されている日本のアニメ・マンガには、日本の文化・社会を知ることができるヒントがいっぱい!

好きなものから入って、本格的な日本研究入門を体験してみませんか?

日本語の運用力があっても調査や研究をしたことはない、したことはあるけれど自信がない学生の皆さん大歓迎。期間中は、研究者である講師3名が日本語を用いた調査・研究を徹底指導します!

講座紹介動画

講座の詳細

授業形態 同期型オンライン授業
開講期間 2022年1月26日(水)~2月10日(木)の平日(全12回)
授業時間 1回60分×2コマ(120分授業)
授業構成 午前9時~11時(日本時間)+自由参加の放課後クラス 11時~11時30分(日本学生とのフリートーク)
使用ツール Zoom、Google Classroom
受講料 27,000円
定員 36名
申込受付期間 2021年10月20日(水)~11月30日(火) ※応募者多数の場合、選抜を行う可能性あり
お申込

プログラムで扱う作品とテーマ

  1. 「ドラえもん」(昭和時代、子どもの遊びや関係性) 
  2. 「ブラック・ジャック」(医療、格差問題)
  3. 「機動戦士ガンダム」(戦争観、テクノロジー)
  4. 「鬼滅の刃」(大正時代、家族制度)
  5. 「美少女戦士セーラームーン」(戦う少女、制服文化)
  6. 「平成狸合戦ぽんぽこ」(自然と都市開発、妖怪)

概要

グループごとに上の作品を用いて日本事情(日本文化、日本社会)について調査、発表します。最終日(2月10日)には公開発表会を行います。自治体と連携して、成果物を発信します。

このプログラムでできること

  • 日本語の会話力 UP! …… 日本人学生とたくさん日本語で話せます!
  • 日本の文化・社会を学べる! …… 多角的視野から知識を得られます!
  • リサーチスキル UP! …… 3 名の研究者が指導とサポートをします!

到達目標

  • 日本語を用いた調査・研究、発表を行うことで、アカデミック日本語の能力を向上させましょう。
  • 身近なコンテンツから日本の社会や文化を掘り下げる研究を行うことで、興味のあること・好きなものを研究に繋げる方法を学びましょう。

プログラムスケジュール

*放課後クラス 11:00 ~ 11:30(30 分)     
 →日本人学生とのフリートークをする時間です(自由参加)

東京外国語大学について

東京外国語大学は、120年を超える歴史を持ち、日本における国際的な学問研究、学術交流の拠点の一つとして重要な役割を果たし続けています。さらに、世界中から多くの留学生を受け入れ、高い水準の日本語教育を行ってきた、国内最大級の日本語教育機関でもあります。

オンライン講座に係る環境準備

ご受講にあたり必要なシステム環境の詳細につきましては下記リンクより確認し、各自で準備をお願いいたします。

※機器・WiFi等の貸し出しはございません。
※本学施設はご利用になれません。

お問い合わせ先

東京外国語大学 オンライン短期日本語・日本文化研修プログラム事務局
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1

jpclass_anime_manga[at]tufs.ac.jp

※お問合わせは、電子メールにてお願いいたします。
※[at]を@マークに変えて送信してください。
※オンライン講座に関する技術的サポートは行っておりません。ご自身で手順をよくお読みになって手続きをすすめてください。

PAGE TOP