連続セミナー「Black Lives Matter 運動から学ぶこと―多⽂化共⽣、サステイナビリティについて考えるために」
第1回講演 「アメリカの黒人」とは――文学を通して考える

東京外国語大学では、「Black Lives Matter 運動から学ぶこと―多⽂化共⽣、サステイナビリティについて考えるために―」と題し連続セミナーを開催します。

本セミナーを通じ、今や、世界中に広がりを見せるBLM運動を多角的な視点から考察するとともに、日本を含む世界の諸地域における、エスニシティ、ナショナリズム、植民地主義、差別、移民、同化、ジェノサイド等々、幅広い領域に関わる論点と接合させることで、この運動が今ここに生きる「私たち」に問いかける「多文化共生とは何か」、「サステイナビリティとは何か」といった課題をともに考えていきたいと思います。

第1回目のテーマは「アメリカ研究から見たBLM運動」で、講演者は、長年アメリカ文学や文化を研究されてきた本学名誉教授の荒このみ先生です。

講演者

荒このみ先生

講演タイトル

「アメリカの黒人」とは――文学を通して考える

日時

2020年10月21日(水)17:40~19:40

Zoomウェビナーでのオンライン開催

プログラム

1.開会と講演者等の紹介 司会:武内進一教授
2.本連続セミナーの趣旨説明 中山研究担当副学長
3.講演:「アメリカの黒人」とは――文学を通して考える 講演者:荒このみ先生
4.コメント コメンテータ:沼野恭子教授
5.質疑応答
6.閉会 司会:武内進一教授

全体コーディネータ:中山智香子教授

備考

使用言語:日本語

参加費:無料

事前申し込み必要(定員500名。本学学生優先。先着受付順。定員に達した場合参加をお断りさせていただくことがございます。)
以下リンク先より事前のお申し込みをお願いいたします(10月14日(水)〆切)。
人数に余裕がありますので、10月16日(金)正午まで事前登録受け付けを延長いたします。
https://sanda.tufs.ac.jp/kenkyu/seminar_registration

共催

多文化共生研究創生WG、総合文化研究所

今後開催予定テーマ

・運動論から考えるBLM

・『差別を支えてきたもの』はなにか

・グローバリゼーション、アフリカ、BLM

・格差と没落   ほか

★神戸市外国語大学との合同セミナーも予定しています!★

本件問い合わせ先

BLM-seminar(a)tufs.ac.jp(連続セミナー担当) (a)を@マークに置きかえて送信ください。

PAGE TOP