実践教育研修事業


事業紹介

 授業見学や教育実習の場の確保が難しい国内諸大学の日本語教育専攻の学部生および大学院生を対象に、授業見学、インターンシップ、教育実習の場を提供します。

授業見学

※平成25年度秋学期(10月)より受け入れ開始

 本センターで開講している日本語科目の授業を見学したり、教室活動に参加したりすることで、日本語教育の現場を体験することができます。

■ 対象: 日本語教育専攻の学部生、大学院生
■ 期間: 1日(1回) *本センターの授業期間内に限ります。
■ 内容: 授業見学、教室活動への参加

インターンシップ

※平成26年度春学期より受け入れ開始

 本センターで開講している日本語科目の授業にインターン(研修生)として参加し、担当教員の補助や学習者のサポートなどの「仕事」を通して、日本語教育実践の経験を積むことができます。

■ 対象: 日本語教育専攻の学部生、大学院生
■ 期間: 1〜2週間の短期集中、週1〜2回で数週間など  *本センターの授業期間内に限ります。
■ 内容: 授業中の補助的業務

教育実習

※平成26年度春学期より受け入れ開始

 本センターの特設クラスの留学生を対象に模擬実習を行い、日本語教育実践の経験を積むことができます。

■ 対象: 日本語教育専攻の大学院生
■ 期間: 1日〜数日の短期集中  *本センターの授業期間内の放課後または夏期・冬期休暇中
■ 内容: 模擬実習(主として初級レベル)


研修プラン例

※研修費は、本事業終了年度までは不徴収とします。ただし、教材代等、実費は自己負担となります。


pagetop