教材開発事業


集中教育用教材

このプロジェクトは、文部科学省平成17〜 19年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」及び平成20〜 22年度「質の高い大学教育推進プログラム」(取組責任者は共にアジア・アフリカ言語文化研究所 芝野耕司教授)に採択され、最新のWeb技術を用いて開発したeラーニングシステムをインターネット上で無料公開しています。(http://jplang.tufs.ac.jp)

JPLANGの教材は、初級300時間、中級300時間相当の主教材『初級日本語』『中級日本語』をeラーニング化した総合的“Web日本語教科書”です。学習管理機能により、インターネットに接続されたパソコンが1台あれば、LL教室と同等以上の機能が実現できます。また、初級レベルは10言語による文法説明と2万を超える音声ファイルがあります。

eラーニング化に伴い、『初級日本語』を大幅に改訂し、その指導書である『直接法で教える日本語』も作成しました。教科書と付属教材、指導書、eラーニングが揃った日本語教材は、日本の大学(学部)進学を目指す学習者や海外の大学で日本語を主専攻とする学習者に適しています。


pagetop