教材開発事業


「JLPTUFSアカデミック日本語Can-doリスト」について(略称:AJ Can-doリスト)

2017年3月31日公開

概要

利用にあたって

AJ Can-doリスト


お知らせ

読解のCan-doサンプル(到達目標の目安)が公開されました。
ほかのCan-doサンプルは公開の諸手続きのため、しばらくお待ちください。

JLPTUFSアカデミックCan-doリストについて

JLPTUFSアカデミック日本語Can-doリストは、日本語を使って行う、大学や社会、日常生活の場面で必要となるコミュニケーションを踏まえ、日本語能力を初級から上級(超級)までの8段階に、技能を「読解」「聴解」「文章表現」「口頭表現」の4技能に分けて、日本語で何ができるかを「〜できる」の文で示し、リストにしたものです。

特徴は、問題解決能力、批判的思考力、アカデミックインターアクションなど大学教育及び研究で求められる能力を伸ばすことにも配慮し、日本語の各技能がどのように上達するのかを、各技能の特徴も鑑み、記述した点にあります。

本Can-doリストは、実際に東京外国語大学全学日本語プログラム(Japanese Language Program of Tokyo University of Foreign Studies=JLPTUFS)の8レベルで行われている授業に基づいており、教育工学の授業設計の知見や、CEFRをはじめとする言語参照枠及び記述文とその理論的背景も参考に開発しました。

AJ Can-doリストをもとに各教育機関に合わせたCan-doリストを作っていただくことも可能です。
どうぞご活用ください。


pagetop