東京外国語大学 語学研究所
最新情報 / Latest News
定例研究会
※予定が決まり次第お知らせします。

LUNCHEON LINGUISTICS
※予定が決まり次第お知らせします。

講演会
※予定が決まり次第お知らせします。

研究会
※予定が決まり次第お知らせします。

オープンアカデミー
2019年度オープンアカデミー(秋期間:教養講座)

以下の講座を開講予定です。

「日本語からみた世界の言語 2019」

開講期間:2019年10月10日〜11月14日の毎週木曜日(全6回)
開講時間:19:20〜20:50 (90分 質疑応答を含む)
開講場所:東京外国語大学 府中キャンパス
講義で扱う言語:中国語、ビルマ語、ペルシア語、マダガスカル語、スペイン語、チェコ語

 語学研究所では2000年度から2004年度にわたり「日本語から見た世界の言語 −対照研究への招待 −」という講座を開催しました。2019年は15年ぶりにこのテーマを取り上げます。日本語と比べると世界の各言語にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。また世界の各言語と比べると日本語はどのように見えるのでしょうか。各言語の研究者が言語学の新しい研究成果も盛り込みつつ、日ごろの言語教育での体験も踏まえながら、言語学は初めてという方にもわかりやすくお話しします。

※各言語の講義の日程と内容は調整中です。

オープンアカデミーの詳細はこちら


言語学者交流セミナー
2018年9月25日(火)
「言語学者交流セミナー」

日時:2018年9月25日 (火)9:45〜18:25
会場:東京外国語大学府中キャンパス 語学研究所(研究講義棟4階419号室)

タイムテーブル・発表者、要旨はこちら

一般公開、参加費無料。途中参加・退室自由です。関心のある発表のみの聴講でもかまいません。

ポスターPDF


※東京外国語大学音韻論研究室、語学研究所共催

【協賛】日本言語学会 夏期講座2018
2018年の夏期講座は、語学研究所の協賛のもと、本学にて下記の日程で開催されました。

日時: 2018年8月20日 (月)〜 8月25日 (土)
会場: 東京外国語大学 府中キャンパス 研究講義棟

全国各地から261名の参加者があり、6日間の日程を無事に終了いたしました。

詳しくはこちらをご参照ください。

開講科目と講師(敬称略)は以下の通りです。

音韻論(初中級)・那須川訓也(東北学院大学)
形式意味論(中上級)・須藤靖直(Univ College London)
語用論(中級)・原由理枝(早稲田大学研究員)
生成文法(初級)・藤井 友比呂 (横浜国立大学)
生成文法(中上級)・越智 正男(大阪大学)
日本語文法(古典・現代)(初級)・竹内史郎(成城大学)
日本語文法(方言)(中級)・黒木邦彦(神戸松蔭女子学院大学)
言語獲得(初中級)・杉崎鉱司(関西学院大学)
心理言語学(初中級)・中谷健太郎(甲南大学)
認知言語学(中上級)・酒井智宏(早稲田大学)
フィールド言語学(初中級)・内藤真帆(愛媛県立医療技術大学)
文字論(初中級)・荒川慎太郎(東京外国語大学)/ 澤田英夫(東京外国語大学)

夏期講座実行委員会
渡辺 己 (実行委員長)
降幡 正志
山越 康裕
長屋 尚典

出版物
「語学研究所論集第22号(2017年)」
詳細はこちら
最終更新 / Last-Update
最終更新日:2019年3月22日
更新内容:[大学別]語学教育情報
その他 / Other Informations
所長: 成田 節 (総合国際学研究院 言語文化部門 教授)
所在地: 東京外国語大学研究講義棟419号室
(東京外国語大学のホームページはこちら

掲載内容について:
作成責任者は、このサイトに掲載した内容が正確なものであるよう努めていますが、
不備な点はご容赦ください。
このサイトを利用することに起因するいかなる不利益に対しても、
作成責任者は責任を負うことはできません。

著作権について:
このサイトに掲載した記事については、著作権は各々の方々(原作者・翻訳者)にあります。
サイト全体の著作権は作成責任者にあります。
ご覧になる皆様が、著作権を尊重してくださることを前提に公開しています。

その他:
このサイトには、文字コードにUTF-8を使用しているページがあります。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ:
当サイトに関するお問い合わせは

ilr419[AT]tufs.ac.jp

までお願いいたします。※ [AT] を置きかえて下さい。
また、当サイトへリンクを張っていただく場合には、
同アドレスまで御一報いただきますようお願いいたします。
 
▲ ページ先頭へ戻る

© All rights reserved. Institute of Language Research, Tokyo University of Foreign Studies.