東京外国語大学 語学研究所
最新情報 / Latest News
オープンアカデミー
2016年度オープンアカデミー
「世界のことばの実態に迫る ― コーパスから何が見えるか?」
開講期間:2016年10月4日〜11月8日の毎週火曜日
開講時間:19:20〜20:50(90分 質疑応答を含む)
詳しくはこちら

定例研究会
2016年10月5日(水)
「社会は敬語をどう獲得するか?―マクロ社会言語学的考察―」
柳村裕
(東京外国語大学大学院総合国際学研究院特別研究員 / 社会言語学、音声学)
時間 18:00〜20:00
ポスターPDF
2016年11月2日(水)
小木曽智信
(国立国語研究所言語資源研究系准教授、東京外国語大学大学院国際日本学研究院准教授(クロスアポイントメント) / コーパス言語学)
時間 18:00〜20:00 ※時間は変更の可能性があります。

ワークショップ
2016年10月14日(水)
ワークショップ
言語コーパス:言語教育への応用可能性
時間:14:10〜17:30
会場:語学研究所(研究講義棟4階419号室)
使用言語:英語(通訳なし)/日本語

≪プログラム≫
14:10-14:20川口裕司(本学大学院教授)挨拶
14:20-15:20講演(言語:英語)
Strategies for enhancing production and comprehension of foreign languages in their spoken variety: text/speech alignment and reference corpora variation
Emanuela Cresti and Massimo Moneglia (フィレンツェ大学教授)
15:20-15:40質疑応答
16:00-17:00講演(言語:日本語)
語彙習得とジフの法則:コーパスからわかる不都合な事実
藤村逸子(名古屋大学大学院教授)
17:00-17:30質疑応答
17:30閉会

主催:基盤研究B「フランス語、ポルトガル語、日本語、トルコ語の対照中間言語分析」(代表:川口裕司)
後援:東京外国語大学 語学研究所

講演会
2016年10月26日(水)
時間:14:00〜16:30
会場:語学研究所(研究講義棟4階419号室)
使用言語:フランス語(通訳なし)

≪プログラム≫
講演I: >L’évolution des conjonctions de cause dans l’histoire du français (仮題)
 Annie BERTIN (パリ西大学ナンテール教授)

講演II: Syntaxe du français moderne : sur la distinction entre le niveau des ≪ constructions ≫ et le niveau des ≪ énoncés ≫ (仮題)
 Frédéric SABIO (エクス・マルセイユ大学教授)

主催:科研(基盤研究B)「フランス語、ポルトガル語、日本語、トルコ語の対照中間言語分析」(代表:川口裕司)、科研(基盤研究A)「話し言葉フランス語における統語的、韻律的アノテーションの試み」(代表:秋廣尚恵)
後援:東京外国語大学 語学研究所
最終更新 / Last-Update
最終更新日: 9月21日
更新内容: 定例研究会 講演会
その他 / Other Informations
所長: 成田 節 (総合国際学研究院 言語文化部門 教授)
所在地: 東京外国語大学研究講義棟419号室
(東京外国語大学のホームページはこちら

掲載内容について:
作成責任者は、このサイトに掲載した内容が正確なものであるよう努めていますが、
不備な点はご容赦ください。
このサイトを利用することに起因するいかなる不利益に対しても、
作成責任者は責任を負うことはできません。

著作権について:
このサイトに掲載した記事については、著作権は各々の方々(原作者・翻訳者)にあります。
サイト全体の著作権は作成責任者にあります。
ご覧になる皆様が、著作権を尊重してくださることを前提に公開しています。

その他:
このサイトには、文字コードにUTF-8を使用しているページがあります。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ:
当サイトに関するお問い合わせは

ilr419[AT]tufs.ac.jp

までお願いいたします。※ [AT] を置きかえて下さい。
また、当サイトへリンクを張っていただく場合には、
同アドレスまで御一報いただきますようお願いいたします。
 
▲ ページ先頭へ戻る

© All rights reserved. Institute of Language Research, Tokyo University of Foreign Studies.