« 宣伝二つ、三つ | メイン | 微量問題 ー微量・複合・長期ー ふたたび »

東京にはこんなにカラスが?!

またまた時間が空いてしまったが、ちょうどその時期に懸案としていたチンポム展に、ようやく行ってきた。このご時世、予約をしなければならないのだが、GWまではまったくチケットが取れずー。その間、目利きの友人K氏からもお勧めの連絡をもらったので、このまま会期を逃してはヤバい!と思ったわけである。
さて、結果的に言えば大変に面白く、また行ったのはとある平日晩であったのだが、若い人々がたくさん訪れており、こういうのは関心あるんだなと心強く感じもした。いや、そのテーマを少し挙げるだけでも、「都市と公共性」、「道(ストリート)」、「ヒロシマ」、「東日本大震災」と、どーみても政治的アート、コンセプチュアル・アートのど真ん中なのである。ここにあげなかったテーマも含め、どれも興味深いが、Black of death は、その手法としても作品としてもインパクト大であった。動物(鳥だけど)も味方につけるのか、というか、東京にはこんなにカラスがいるのか、というか...。展覧会は5月の終わり頃までというが、ご関心のみなさまにはぜひお運びを~。

あと、カタログもふるっている。まあ、内容上、フツーのカタログにならないのは当然ではあるが...。
20220514.jpg


 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tufs.ac.jp/blog/mt6/mt-tb.cgi/22824

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2022年5月15日 13:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「宣伝二つ、三つ」です。

次の投稿は「微量問題 ー微量・複合・長期ー ふたたび」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。