[[FrontPage]]


*卒論演習(2019年度) [#i24d2e85]

-教室:212教室(春学期:少し広いですが・・・)、408教室(秋学期:20人収容)
--研究室は狭いので、上記の普通教室で行います。

-また卒論演習は、大学院生が出てくれます。彼らの修論演習(火5:研究室)と連続して行います。

**全体的な進め方 [#v0dfd951]

***4-5月 [#qbe8acab]

-Research method に関する基本的知識を得る

--[[参考書:Griffee (2018) >http://www.tesl-ej.org/books/SLRM-2E.pdf]]

--まずはコーパス関連は3本概論を読む([[PDFで配布する>http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/2019/BAthesis_Readings.zip]]):

--Davies      コーパス全般 [全員]
---Corpora: an introductionの発表分担: 
---1 Introduction - 2 Providing data on a wide range of linguistics phenomena:  [大山さん]
--- 3 corpus size - 3.1 Lexical:  [小山くん]
---3.2 Morphology - 3.5 Semantics: [菊地さん]
---3.6 Accuracy of annotation in small and large corpora - 4 Text archives and Web:  [田口さん]
---4.1 Lexical -4.3 Syntax:  [寺田さん]
---4.4 Phraseology - 5.1 Lexical:  [須田さん]
---5.2 Morphology - 5.5 Semantics:  [吉川くん]
---6.1 the importance of genre variation:  [高橋くん]
---6.2 Other types of variation - 7 some concluding remarks: [高倉さん]

--Rayson   ツール全般: 2週にわたって読む (4月23日-5月7日 ): [高橋くん・小山くん・吉川くん]

--Gries    統計全般 (5月14日-21日)
---最初〜p.53 A more interesting... の前の段落 [田口さん]
---p.53 A more interesting の段落 ~ p.58の the less systematic patterning will find.[菊地さん]
---p.58 The second areaの段落〜p.61 Tuning to other monofactorialの前の段落[大山さん]
---p.61 Tuning to other monofactorialの段落〜p.65 while...の前の段落[寺田さん]
---p.65 while...の段落〜p.68 Other exploratory toolsの前の段落[須田さん]
---p.68 Other exploratory toolsの段落〜最後[高倉さん]
-少し広めで良いので、ゼミ論から卒論への研究の興味・関心をみなに分かち合いディスカッションをする

-自分の関心のある分野の参考文献の調査を行う
-具体的な研究課題に絞り込んでいく
-5月28日: Research Design 頭出し (1人5分)
--高橋:接続詞・接続副詞と英語の論理構造についての研究
--吉川:日本語とロシア語の新聞データに見る「北方領土問題」に関する論調の比較分析
--菊地:語と語の共起関係に関するコーパス分析とその教育応用
--高倉:英語教科書、英単語帳の大学入試問題への適応度の比較と分析
--須田:Native らしさとは何か、に関するコーパス分析
--田口:DDL における教育用例文の難易度と再評価
--大山:つなぎ語の母語話者使用を英作文指導に生かす


***6-7月 [#i2366c6d]
-Research proposal の書き方を学ぶ
-研究課題の明確な research question を決める
-研究デザインを考え、research proposal にまとめる
-6月4日: ツールの使い方 (1)

--Sketch Engine の少し高度な使い方
---[[Regular Expressions in CQL>https://www.sketchengine.eu/guide/regular-expressions/#toggle-id-2]]

--Wmatrix の基本操作
---[[Wmatrix:introduction>http://ucrel.lancs.ac.uk/wmatrix/]]
---Account は投野研で2つのみなので、卒論で必要な人だけに使用させます

--Laurence Anthony 氏のツール群:
---[[Laurence 自作の17 の コーパス・ソフトウェア>https://www.laurenceanthony.net/software.html]]

--BNC web
---[[BNC registration>http://bncweb.lancs.ac.uk/bncwebSignup/user/login.php]]
---[[BNC検索画面>http://bncweb.lancs.ac.uk]]

-6月11日: Research Proposal (2)
-6月18日: 休講
-6月25日: ツールの使い方 (2)
-7月2日: Research Proposal (3)
-7月9日: Research Proposal 提出
***8-9月 [#k361a94e]

-必要なデータを採取する(コーパスがなければ自分で作る)
-データ分析する(コーパスなら必要な言語特徴を取り出す)
-記述統計をまとめる


***10月 [#k08eb1a6]
-データの分析結果を報告し、統計処理の必要か否かを検討する
-分析結果からわかることを議論する
--10月8日: 1日の欠席者が発表する (須田さん、田口さん、大山さん) + 個別作業
--10月15日: 休講 (ストラスブール)
--10月29日: 5人発表:  (小山くん、高橋くん、高倉さん、寺田さん、菊地さん) 10分ずつ


***11月 [#s179e084]
-必要な追加の統計処理、データの再分析を行いまとめの結果データを作る
-かける部分から英文で書き始める(review, research design など)
--11月5日: 休講 (中国)
--11月12日: 4人発表: (吉川くん、須田さん、田口さん、大山さん) 10分ずつ
--11月26日: 2回目発表(1)  ※ほぼデータ処理完了
---5人発表:  (小山くん、高倉さん、寺田さん) 10分ずつ

***12月 [#z0bc4916]
-12月中に必ず 1st draft を提出&チェックを受ける
-英文校閲をしてもらう
-年内に 2nd draft でほぼ完成したものを提出&チェックを受ける
-今年度は人数が多いので、期限を設けて早めに対応してもらう
--12月3日:  2回目発表(2) ※ほぼデータ処理完了
---発表:、菊地さん(前回より繰り下げ)、吉川くん) 
---アナウンス: [[TUFS-Record>https://tufspods.net/]]に卒論・卒研題目を入力する (ー紘言語と英語, みなさんの場合は両方英語タイトルを記入) 卒論提出時に入力済みか確認されるそうなのでわすれずに行いましょう。
---卒業論文・卒業研究届け (卒論提出時に教務課に提出): [[link>http://www.tufs.ac.jp/student/graduation/ug4_sotsuron.html]]
--12月10日: 進捗報告:  高橋くん, 須田さん, 田口さん (, 大山さん) + 英語論文執筆の作法 (or 17日)
--12月17日: 進捗報告
--12月24日: 進捗報告

***1月 [#g9b7d08c]

-提出前に必ず最終版のチェックを受ける
-提出後は必ず提出した旨を報告する
-提出版の PDF ファイルを提出する

***2月 [#p4f74a3c]

-卒論発表会(2月中旬予定)
-学年または個人で製本して、卒業式までに研究室に献呈する

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS