[[FrontPage]]

**英語科教育法-1(木5 春学期) [#od7db6b8]

-講義題目(和文)  
--英語科教育法機檻
 
-授業の目標  
--英語教育における教授法の歴史及び指導技術の習得
 
-授業の概要  
--英語学習のプロセス、英語教授法の理念や具体的方法を知り、それらを英語学習者のニーズや環境に応じて取捨選択・実行する技能を身につける。講義に加えて、グループ・ワークによるマイクロ・ティーチングなども適宜取り入れる。

-教室(変更になりました)

--103教室

-授業の講義でパワポを使った場合はそれぞれの回の PDF というリンクに貼っておきます


***教科書 [#vefafe07]

--Adrian Doff, Teach English (Cambridge University Press) 生協に入荷しました ⌣

***高校教科書 Teaching Plan 課題用サンプル [#hfb2715f]

-以下のどれかを選んで Reading  指導中心のレッスンプランを1時間分作り、提出
--プランの Word または PDF ファイル、使用するビジュアル類は PPT ファイルにまとめてメールで投野まで送付する(アドレス:y.tonoで外大のドメイン)
--提出期限:7月16日

---Crown English Communication I Lesson 1 [[<<PDF>>>http://tb.sanseido.co.jp/Info/exp-text2015/koukou/25CROWN1_14.5pt_A4.pdf]]

---Crown English Communication II Lesson 7 [[<<PDF>>>http://tb.sanseido.co.jp/Info/exp-text2015/koukou/26CROWN2_14.5pt_A4.pdf]]

---Crown English Communication III Lesson 10 [[<<PDF>>>http://tb.sanseido.co.jp/Info/exp-text2015/koukou/27CROWN3_14.5pt_A4.pdf]]


***サンプル・レッスン用教科書PDF [#j2dd7ac6]

-6月18日、7月2日、7月9日と3回続けて使いますので各自3種類とも印刷して持参するようにしてください(投野)


-[[New Horizon(1年生:Unit 9)>http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/2013/NewHorizon_1.pdf]] 現在進行形

-[[New Horizon(2年生:Unit 7)>http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/2013/NewHorizon_2.pdf]] 比較級

-[[New Horizon(3年生:Unit 6)>http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/2013/NewHorizon_3.pdf]] 関係代名詞





**授業の計画(暫定案) [#z6a7a2b1]

--(4/ 9)第 1回 日本における英語教育の歴史:目的論と教授法の変遷  <<[[PDF>http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/2014/lecture02.pdf]]>>
--(4/16)第 2回 英語教師の能力・資質<<[[PDF>http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/2014/lecture04.pdf]]>>
 
--(4/23)第 3回 新出単語の導入(テキスト):1 Presenting vocabulary
--(4/30)第 4回 質問のしかた(テキスト):2 Asking questions
--(5/ 7)第 5回 新出文法事項の導入:3 Presenting structures
--(5/14)第 6回 新出文法事項の練習: 6 Practising structures
--(5/21)第 7回 コミュニケーション活動(テキスト):18 Communicative activities
--(5/28)授業なし:ボート大会
--(6/ 4)第 8回 リーディング指導(テキスト):5 Using a reading text & 15 Reading activities 
--(6/11)第 9回 レッスンプランの書き方(テキスト):8 Planning a lesson
--(6/18) 第10回 抜き打ち模擬授業とディスカッション
--(6/25)第11回 アクティブラーニング(レッスン・プラン1作成・提出:授業は学会出張のため休講)
--(7/ 2)第13回 マイクロティーチング(10〜15分×4名)
---丸山、若林、齋藤、鷲見
---投野が忌引き休暇で中止

--(7/ 9)第14回 マイクロティーチング(10〜15分×4名)
---佐田、神間、和泉、加藤
---中学校のレッスンプランを提出

--第15回 アクティブラーニング:レッスンプラン(1時間分高等学校)を提出
--アクティブラーニング:レッスンプラン(1時間分高等学校)を提出(16日締切)

-成績の評価  
--英語教授法の基礎理論、その実際の指導方法の概要を理解し実践できることを目標とし、与えた課題、授業での発表(デモ・ポイント)、スキルごとのティーチングプラン、最終課題の指導案2本をもとに評価する。
 
-事前学習等  
--教員の指示に従って、受講前の予習と受講後の復習を行うこと。
 
-授業上の注意  
--教職課程認定上の教職に関する科目(教育課程及び指導法に関する科目)の各教科の指導法に該当します。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS