巽 由樹子 (TATSUMI Yukiko)

氏名 / Name 巽 由樹子 (TATSUMI Yukiko)
所属職名 / Affiliation 大学院総合国際学研究院/准教授
Institute of Global Studies/Associate Professor
電子メール / Email tatsumi@tufs.ac.jp
ウェブページ / Website
取得学位 /
Academic Credentials
  • 修士(文学)(東京大学) 2003年
  • 博士(文学)(東京大学) 2012年
専門分野(科研費分類) /
Research Field(s) (by KAKEN)
     
研究キーワード /
Research Keywords
  • ロシア近代史、出版文化史

自己紹介 / Biography

研究内容の詳細はこちらをご参照ください。
Researchmap / Academia. edu

学歴 / Academic Achievement

  • 2001年03月 東京大学文学部歴史文化学科 卒業
    2001.03 The University of Tokyo Faculty of Literature Graduated
  • 2003年03月 東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻 修士課程 修了
    2003.03 The University of Tokyo Completed
  • 2009年03月 東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻 博士課程 単位取得満期退学
    2009.03 The University of Tokyo Accomplished credits for doctoral program

所属学会 / Affiliated Academic Societies

    • ロシア史研究会
    • 日本西洋史学会
    • 史学会
    • 歴史学会
    • 日本ロシア文学会
    • Association for Slavic, East European and Eurasian Studies

受賞 / Awards

  • 日本出版学会賞奨励賞 (2020年05月)

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • ロシア革命と文化史研究, 『西洋史研究』新輯 , 47号, 88-99, 2018年
  • 19世紀後半ロシアの出版メディアとポピュラー・サイエンス : 帝政末期の通史を再考する手がかりとして, 『科学史研究』, 54巻272号, 68-75, 2015年
  • 18-19世紀ロシアの戴冠式アルバム-皇帝の権威の伝達についての考察-, 『ロシア史研究』, 94号2014年
  • 近代サンクトペテルブルクの出版人たち-1860年代と1870年代の比較を通して-, 『れにくさ』, 2号, 193-206, 2010年
  • 近代ロシア都市のメディアと科学-サンクトペテルブルクの事例から, 『ロシア史研究』, 86号, 14-30, 2010年
  • 近代ロシア社会とツァーリ表象-絵入り雑誌「王室記事」の分析を中心に-, 『史学雑誌』, 118巻9号, 1-32, 2009年
  • Russian Illustrated Journals in the Late Nineteenth Century: The Dual Image of Readers, Acta Slavica Iaponica, 26号, 159-176, 2009年
  • ロシア帝国の公共図書館―「大改革」後ロシア社会における読者層拡大の検証―, 『スラヴ研究』, 55号, 249-272, 2008年

書籍 / Publication

総説・解説記事 / Review Papers

  • 〔事典項目〕「ロシアの図書館」, 沼野充義・望月哲男・池田嘉郎(編) 『ロシア文化事典』, 丸善出版, その他記事, 単著, 2019年
  • 〔コラム〕帝政末期の社会とツァーリの表象, 『ロシア革命とソ連の世紀 第1巻』岩波書店, 総説・解説(その他), 単著, 2017年
  • 回顧と展望(近代ロシア・東欧・北欧), 『史学雑誌』, 史学会, 総説・解説(学術雑誌), 単著, 2014年

研究発表 / Presentations

  • 「文化外交、文化冷戦、文化社会学 ―研究動向について」パネル『昭和のロシア:戦後の日ソ文化外交の歴史的分析に向けて』, ロシア史研究会大会, 国内会議, 口頭(一般), 2021年
  • A comment to Reading in 19th-century Russia – A Presentation of “Reading Russia: A History of Reading in Modern Russia, vol. 2” (with Damiano Rebecchini and Raffaella Vassena), 19v: A Working Group on 19th-Century Russian Culture at NYU Jordan Center, 国際会議, 口頭(一般), 2021年
  • A Comment to Panel ‘War and the Modern Media: Exploring Japanese Popular Magazines at the Turn of the 20th Century’ , European Association of Japanese Studies, 国際会議, 口頭(一般), 2021年
  • 19 世紀末ロシアの読者大衆と公共 -サミュエル・スマイルズ『自助論』を事例として-, ロシア史研究会大会 共通論題「帝政ロシアの都市と公共」, 国内会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 大東文化大学, 2019年
    How Samuel Smiles' "Self Help" was translated and circulated, Japanese Society for the Study of Russian History, Annual Conference, Internal meeting, Symposium, Workshop, Panelist (nomination), 2019
  • 'Canonizing Russian Fine art in Japan in the 1970s', in panel 'Culture and Diplomacy in Japan - Soviet Union Relations in the 1950s-1970s', East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies, 国際会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 2019年
  • 「ロシア革命と文化史研究」, 早大ロシア研究所・東北大西洋史研究会合同シンポジウム「世界史の中のロシア革命」, 国内会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 早稲田大学早稲田キャンパス, 2017年
  • 'Religion and Media in Late 19th-Century Russia: A Case Study of Orthodox Journalist A. Popovitsky', Workshop 'Religion, Education, and Literacy in the Age of Modernization', 国際会議, 口頭(一般), University of Tokyo, Komaba campus, 2017年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

  • 科学研究費 基盤研究(C) 「現代ロシアの文化外交と美術館―「記憶の政治」のメディア分析―」(2019年度-2022年度)
  • 「昭和のロシア:日ソ文化外交と戦後日本のロシア観形成に関する研究」 スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究・プロジェクト型 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 「昭和のロシア:日ソ文化外交と戦後日本のロシア観形成に関する研究」 (2021年度)
  • 科学研究費 若手研究(B) 「近代ロシアにおける正教系定期刊行物と世論形成との関係についての研究」(2013年度-2017年度)
  • 「ロシアにおける出版資本主義と帝国秩序との相互補完性に関する研究」スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究・プロジェクト型 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 「ロシアにおける出版資本主義と帝国秩序との相互補完性に関する研究」(2015年度)

Last updated on 2021/10/24

PAGE TOP