中川 裕 (NAKAGAWA Hirosi)

氏名 / Name 中川 裕 (NAKAGAWA Hirosi)
所属職名 / Affiliation 大学院総合国際学研究院/教授
Institute of Global Studies/Professor
電子メール / Email
ウェブページ / Website
学位 /
Degree
  • 修士(文学)(東京大学) 1989年
  • PhD(Linguistics)(ウィットウォータースランド大学 (WITS)) 2007年
    PhD (Linguistics)(University of Witwatersrand (RSA)) 2007
研究分野(e-Rad分野) /
Research Field(s) (by e-Rad)
  • 言語学
    Linguistics
研究キーワード /
Research Keywords
  • コイサン言語学
    Khoisan linguistics
  • 音韻論
    phonology
  • 音声学
    phonetics
  • 言語学,音声学,音韻論,コイサン言語学
    linguistics

自己紹介 / Biography

音声学・音韻論の授業を担当しています。
コイサン言語学を専門の研究分野としています。

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • カラハリ狩猟採集民グイ人の歌, 『地球の音楽』, 163-168, 2022年
  • グイ語資料:他動性, 語学研究所論集, 25号, 389-398, 2021年
  • グイ語資料:ヴォイスとその周辺, 語学研究所論集, 25号, 361-369, 2021年
  • グイ語資料:モダリティ, 語学研究所論集, 25号, 353-360, 2021年
  • グイ語資料:アスペクト, 語学研究所論集, 25号, 343-352, 2021年
  • グイ語資料:受動表現, 語学研究所論集, 25号, 335-341, 2021年
  • グイ語資料:所有・存在表現, 語学研究所論集, 25号, 371-388, 2021年
  • グイ語資料:情報標示の諸要素, 語学研究所論集, 25号, 409-417, 2021年
  • グイ語資料:[連用修飾的]複文, 語学研究所論集, 25号, 399-407, 2021年
  • Coronal stop series in the Kalahari Basin area, Studies in Asian and African Geolinguistics, (1)2021
  • Linguistic and music ethnography of Kalahari Khoe, Area and Culture Studies, 98号, 191-202, 2019年
  • Linguistic Features and Typologies in Languages Commonly Referred to as ‘Khoisan’, H. Ekkehard Wolff (ed.) The Cambridge Handbook of African Linguistics, 382-416, 2019年
  • Genetic structure and sex-biased gene flow in the history of southern African populations, American Journal of Physical Anthropology, 167巻3号, 656-671, 2018年
  • グイ語資料:「否定、形容詞と連体修飾複文」, 東京外国語大学 語学研究所論集, 23号, 267-278, 2018年
  • ǂHaba lexical tonology, Khoisan Languages and Linguistics (edited by Anne-Maria Fehn), Rüdiger Köppe Verlag, 108-119, 2017年
  • グイ・ガナ言語民族誌的辞書の編纂:速報, 東京外国語大学論集, 92号, 293-304, 2016年
  • グイ語資料:「情報構造と名詞述語文」, 東京外国語大学 語学研究所論集, 21号, 269-274, 2016年
  • Khoisan phonotactics: a case study from G|ui, Rainer Vossen & Wilfrid Haacke (eds.) Lone Tree, scholarship in the service of the Koon: Essays in memory of Anthony Traill, 301-310, 2016年
  • G|ui ideophones: work in progress, Asian and African Languages and Linguistics, 8号, 99-121, 2014年
  • Unraveling the complex maternal history of Southern African Khoisan populations, American Journal of Physical Anthropology, 2014年
  • Khoisan comparative phonology questionnaire: provisional version, Area and Culture Studies, 88号, 145-158, 2014年
  • Phonetics and phonology: ||Gana subgroup, The Khoesan Languages (edited by Rainer Vossen), Routledge, 64-71, 2013年
  • Syntax: ||Gana subgroup, The Khoesan Languages (edited by Rainer Vossen), Routledge, 394-401, 2013年
  • Tonology: ||Gana subgroup, The Khoesan Languages (edited by Rainer Vossen), Routledge, 99-103, 2013年
  • Linguistic documentation of selected Kalahari Khoe languages, Area and Culture Studies, 86号, 243-262, 2013年
  • The genetic prehistory of southern Africa, Nature Communications (3: 1143), 2012年
  • The importance of TASTE verbs in some Khoe languages, Linguistics, 50巻2号, 395-420, 2012年
  • A first report on G|ui ideophones, Geographical Typology and Linguistic Area: With special reference to Africa (edited by C. König, O. Hieda and H. Nakagawa), John Benjamins, 279-286, 2011年
  • Phonotactics of disyllabic lexical morphemes in G|ui, Working Papers in Corpus-based Linguistics and Language Education, 5巻, 23-31, 2010年
  • A preliminary phonetic investigation of the lexical tones of G|ui, Working Papers in Corpus-based Linguistics and Language Education, 3巻, 45-52, 2009年
  • |Gui dialects and |Gui-speaking communities before the relocation from the CKGR, PULA: Botswana Journal of African Studies, 20号, 48-61, 2007年
  • “詩化”する動物への呼びかけ, 『遊動民:アフリカの原野に生きる』昭和堂(田中二郎・佐藤俊・菅原和孝・太田至(編)), 150-169, 2004年
    G|ui ethnopoetics, Nomad: Life in Africa, 150-169, 2004
  • グイ語正書法の改訂案, 東京外国語大学論集, 67号, 125-130, 2004年
  • “虫”のグイ民俗範疇, 講座・生態人類学第1巻 カラハリ狩猟採集民(田中二郎編)京都大学学術出版会, 25-60, 2001年
    G|ui folk taxonomy of insects, Kalahari Hunter-gatherers, 25-60, 2001
  • A historical !Xóõ-|Gui contact zone; linguistic and other relations, The Current States of Khoesan Languages in Botswana, 1-17, 2000年
  • A comment on ‘Tonogenesis in Khoekhoe’, Cross-linguistic Studies of Tonal Phenomena. (Shigeki Kaji (ed.)), 87-90, 1999年
  • グイ語の名詞形態論, アジア・アフリカ言語文化研究, 55号, 238-253, 1998年
    Nominal morphology of G|ui, Journal of Asian and African Studies, (55), 238-253, 1998
  • Unnatural palatalization in |Gui and ||Gana?, In Mathias Schladt ed. Language, identity, and conceptualization among the Khoisan: Quellen zur Khoisan-Forschung 15, Cologne, 245-263, 1998年
  • An outline of |Gui phonology, African Study Monograph, Supplementary, 22号, 101-124, 1996年
  • A first report on the click accompaniments of |Gui, Journal of the International Phonetic Association, 26号, 41-54, 1996年

書籍等出版物 / Books and Other Publications

講演・口頭発表等 / Presentations

  • 菅原データ:初のコイサン自然会話コーパス(ワークショップ「最後のアナログ言語調査資料:危機に瀕した言語データの発掘と救出」), 日本言語学会第163回大会, 国内会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), オンライン開催, 2021年
  • World Color Surveyとコイサン色彩語, 日本フランス語学会 2021年度 談話会, 国内会議, 口頭発表(招待・特別), 2021年
  • 多数のクリック子音をもつ言語は音韻体系をどう組織化するか:“コイサン”諸語の子音・母音・音素配列, 日本音声学会, 国内会議, 口頭発表(招待・特別), 神戸大学(遠隔開催), 2021年
  • Animal vocabulary in the Kalahari Basin Area, The third meeting of ILCAA Joint Research Project “Studies in Asian and African Geolinguistics”, 国内会議, 口頭発表(一般), 2021年
  • カラハリ狩猟採集民のための持続可能な識字活動基盤:スマートフォンとSNSを用いたグイ語正書法の普及と企画, 日本アフリカ学会第58回学術大会, 国内会議, ポスター発表, 遠隔開催, 2021年
  • Grammatical Relations in the Kalahari Basin Area, The second meeting of ILCAA Joint Research Project “Studies in Asian and African Geolinguistics”, 国内会議, 口頭発表(一般), 2021年
  • 言語音の外延のより良い理解のために:カラハリ言語帯音韻類型論, NINJALコロキウム, 国内会議, 国立国語研究所, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 国立国語研究所, 2020年
  • Coronal stop series in the Kalahari Basin area, The first meeting of ILCAA Joint Research Project “Studies in Asian and African Geolinguistics”, 国内会議, 口頭発表(一般), 2020年
  • 言語音の限界縁:カラハリ言語帯音韻類型論, 日本アフリカ学会第57回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 東京外国語大学, 2020年
  • Khoisan phonological typology database and the relative frequencies of consonants in the Khoisan languages, 13th Conference of the Association for Linguistic Typology, 国際会議, Association for Linguistic Typology, 口頭発表(一般), University of Pavia, Italy, 2019年
  • History of tonal interaction across paradigms: new findings from Khoisan tonology, International Conference on Historical Linguistics (ICHL24), 国際会議, 口頭発表(基調), 2019年
  • カラハリ狩猟採集民の言語におけるユ ニークな音象徴, 日本アフリカ学会第56回学術大会, 国内会議, 口頭発表(一般), 京都精華大学, 2019年
  • Click acquisition in G|ui, The 9th World Congress of African Linguistics, 国際会議, WOCAL9 Steering Committee, 口頭発表(一般), Mohammed V University in Rabat, Morocco, 2018年
  • くちあたりの音象徴の言語相対性と普遍性:コイサン事例研究, 『外国語と日本語との対照言語学的研究』第25 回研究会, 国内会議, 東京外国語大学国際日本研究センター, 口頭発表(一般), 東京外国語大学語学研究所, 2018年
  • 声調交替のパラディグマティックな説明:グイ語における2つの畳語パラダイムの相互作用音韻史, 日本言語学会第156回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭発表(一般), 東京大学本郷キャンパス, 2018年
  • カラハリ狩猟採集民の言語における 飲食動詞の類型論的特徴, 日本アフリカ学会第55回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 北海道大学, 2018年
  • コイサン諸語における器質性構音障害の症例:軽度舌小帯短縮症のグイ語話者によるクリック子音音素の発音, 日本言語学会第155回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭発表(一般), 立命館大学, 2017年
  • クリック子音体系の言語獲得:グイ語事例研究, 日本言語学会第154回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭発表(一般), 首都大学東京, 2017年
  • コイサン3語族を横断する音韻特徴:遺伝子的距離との関係, 日本アフリカ学会第54回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 信州大学教育学部, 2017年
  • G|ui basic color terms, The 6th International Symposium of Khoisan Linguistics (Riezlern 6), 国際会議, Centre for African Language Diversity, University of Cape Town, 口頭発表(一般), Travellers Rest, Cederberg, South Africa, 2017年
  • 世界色彩俯瞰プロジェクトとカラハリ狩猟採集民の基礎色彩語, 高知大学人文社会科学部人文社会科学科国際社会コース研究プロジェクト, 国内会議, 高知大学人文社会科学部人文社会科学科国際社会コース, 口頭発表(招待・特別), 高知大学, 2017年
  • コイサン音韻類型論:初期報告, 日本言語学会第153回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭発表(一般), 福岡大学, 2016年
  • グイ語の色彩語, 日本アフリカ学会第53回研究大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 日本大学生物資源科学部, 2016年
  • Tonal alternations involved in reduplication in G|ui, 8th World Congress of African Linguistics, 国際会議, World Congress of African Linguistics, 口頭発表(一般), Kyoto University, 2015年
  • グイ語の4種類のクリックの器械音声学的分析, 日本音声学会研究例会, 国内会議, 日本音声学会, 口頭発表(一般), 日本女子大学目白キャンパス, 2014年
  • The aspect system and posture verbs in G|ui, The 5th International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics, 国際会議, Rainer Vossen, Institut für Afrikanische Sprachwissenschaften, Goethe Universität, Frankfurt am Mein, 口頭発表(一般), Riezlern/Kleinwalsertal, 2014年
  • Cross-Khoisan phonotactics: a typologically uncommon feature of Khoisan phonology, Kyoto University African Studies Seminar, 国内会議, 京都大学ASAFAS, 口頭発表(一般), 京都大学稲盛財団記念館, 2014年
  • Khoisan sound systems in typological perspective, Phonetics and Phonology of Sub-Saharan Languages, International presentation, Oral presentation (invited, special), 2013
  • Proposal of Khoisan Comparative Phonology Project, The final meeting of the Kalahari Basin Area project, 国際会議, Tom Güldemann, 口頭発表(招待・特別), Aarhus University, Denmark, 2013年
  • Cross-Khoisan comparative phonology, EuroBABEL final conference, 国際会議, European Science Foundation, 口頭発表(招待・特別), Golden Tulip Hotel, Leiden, 2012年
  • Genetic affiliations of ≠Haba and Tshila, The 20th International Conference of Historical Linguistics, 国際会議, ICHL20 Organizing Committee, 口頭発表(一般), Minpaku, Osaka, 2011年
  • ≠Haba Tonology: a Preliminary Report, The 4th International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics, 国際会議, Rainer Vossen, Institut für Afrikanische Sprachwissenschaften, Goethe Universität, Frankfurt am Mein, 口頭発表(一般), Riezlern/Kleinwalsertal, 2011年
  • Phonotactic constraints of roots in G|ui, The 6th World Congress of African Linguistics, 国際会議, The World Congress of African Linguistics, 口頭発表(一般), Colongne, 2009年
  • Khoisan ideophones – a case study of G|ui-!Xoon contact, The International Conference of the Global COE Program “Corpus-based Linguistics and Language Education” -A Geographical Typology of African Languages jointly with an international workshop on Khoisan Linguistics-, 国際会議, Global COE Program “Corpus-based Linguistics and Language Education”, 口頭発表(招待・特別), Tokyo University of Foreign Studies, 2009年
  • A typologically unique feature of the perception verbs in Khoe languages, The Third International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics, Khoisan Languages - an Endangered World, 国際会議, Organizers of International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics, 口頭発表(一般), Riezlern, Austria, 2008年
  • A preliminary report on the perception verbs of K≠haba, Association for Linguistic Typology — the Seventh Biennial Meeting (ALT7), 国際会議, Association for Linguistic Typology, 口頭発表(一般), Paris, France, 2007年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

Last updated on 2022/11/18

PAGE TOP