中川 裕 (NAKAGAWA Hirosi)

氏名 / Name 中川 裕 (NAKAGAWA Hirosi)
所属職名 / Affiliation 大学院総合国際学研究院/教授
Institute of Global Studies/Professor
電子メール / Email
ウェブページ / Website
取得学位 /
Academic Credentials
  • 修士(文学)(東京大学) 1989年
  • PhD(Linguistics)(ウィットウォータースランド大学 (WITS)) 2007年
    PhD (Linguistics)(University of Witwatersrand (RSA)) 2007
専門分野(科研費分類) /
Research Field(s) (by KAKEN)
  • 言語学
    Linguistics
研究キーワード /
Research Keywords
  • 言語学,音声学,音韻論,コイサン言語学
    linguistics, phonetics, phonology, Khoisan linguistics

自己紹介 / Biography

音声学・音韻論の授業を担当しています。
コイサン言語学を専門の研究分野としています。

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

著書 / Books

研究発表 / Presentations

  • Khoisan phonological typology database and the relative frequencies of consonants in the Khoisan languages, 13th Conference of the Association for Linguistic Typology, 国際会議, Association for Linguistic Typology, 口頭(一般), University of Pavia, Italy, 2019年
  • History of tonal interaction across paradigms: new findings from Khoisan tonology, International Conference on Historical Linguistics (ICHL24), 国際会議, 口頭(基調), 2019年
  • カラハリ狩猟採集民の言語におけるユ ニークな音象徴, 日本アフリカ学会第56回学術大会, 国内会議, 口頭(一般), 京都精華大学, 2019年
  • Click acquisition in G|ui, The 9th World Congress of African Linguistics, 国際会議, WOCAL9 Steering Committee, 口頭(一般), Mohammed V University in Rabat, Morocco, 2018年
  • くちあたりの音象徴の言語相対性と普遍性:コイサン事例研究, 『外国語と日本語との対照言語学的研究』第25 回研究会, 国内会議, 東京外国語大学国際日本研究センター, 口頭(一般), 東京外国語大学語学研究所, 2018年
  • 声調交替のパラディグマティックな説明:グイ語における2つの畳語パラダイムの相互作用音韻史, 日本言語学会第156回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 東京大学本郷キャンパス, 2018年
  • カラハリ狩猟採集民の言語における 飲食動詞の類型論的特徴, 日本アフリカ学会第55回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭(一般), 北海道大学, 2018年
  • コイサン諸語における器質性構音障害の症例:軽度舌小帯短縮症のグイ語話者によるクリック子音音素の発音, 日本言語学会第155回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 立命館大学, 2017年
  • クリック子音体系の言語獲得:グイ語事例研究, 日本言語学会第154回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 首都大学東京, 2017年
  • コイサン3語族を横断する音韻特徴:遺伝子的距離との関係, 日本アフリカ学会第54回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭(一般), 信州大学教育学部, 2017年
  • G|ui basic color terms, The 6th International Symposium of Khoisan Linguistics (Riezlern 6), 国際会議, Centre for African Language Diversity, University of Cape Town, 口頭(一般), Travellers Rest, Cederberg, South Africa, 2017年
  • 世界色彩俯瞰プロジェクトとカラハリ狩猟採集民の基礎色彩語, 高知大学人文社会科学部人文社会科学科国際社会コース研究プロジェクト, 国内会議, 高知大学人文社会科学部人文社会科学科国際社会コース, 口頭(招待・特別), 高知大学, 2017年
  • コイサン音韻類型論:初期報告, 日本言語学会第153回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 福岡大学, 2016年
  • グイ語の色彩語, 日本アフリカ学会第53回研究大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭(一般), 日本大学生物資源科学部, 2016年
  • Tonal alternations involved in reduplication in G|ui, 8th World Congress of African Linguistics, 国際会議, World Congress of African Linguistics, 口頭(一般), Kyoto University, 2015年
  • グイ語の4種類のクリックの器械音声学的分析, 日本音声学会研究例会, 国内会議, 日本音声学会, 口頭(一般), 日本女子大学目白キャンパス, 2014年
  • The aspect system and posture verbs in G|ui, The 5th International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics, 国際会議, Rainer Vossen, Institut für Afrikanische Sprachwissenschaften, Goethe Universität, Frankfurt am Mein, 口頭(一般), Riezlern/Kleinwalsertal, 2014年
  • Cross-Khoisan phonotactics: a typologically uncommon feature of Khoisan phonology, Kyoto University African Studies Seminar, 国内会議, 京都大学ASAFAS, 口頭(一般), 京都大学稲盛財団記念館, 2014年
  • Khoisan sound systems in typological perspective, Phonetics and Phonology of Sub-Saharan Languages, International conference, Oral Presentation(guest/special), 2013
  • Proposal of Khoisan Comparative Phonology Project, The final meeting of the Kalahari Basin Area project, 国際会議, Tom Güldemann, 口頭(招待・特別), Aarhus University, Denmark, 2013年
  • Cross-Khoisan comparative phonology, EuroBABEL final conference, 国際会議, European Science Foundation, 口頭(招待・特別), Golden Tulip Hotel, Leiden, 2012年
  • Genetic affiliations of ≠Haba and Tshila, The 20th International Conference of Historical Linguistics, 国際会議, ICHL20 Organizing Committee, 口頭(一般), Minpaku, Osaka, 2011年
  • ≠Haba Tonology: a Preliminary Report, The 4th International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics, 国際会議, Rainer Vossen, Institut für Afrikanische Sprachwissenschaften, Goethe Universität, Frankfurt am Mein, 口頭(一般), Riezlern/Kleinwalsertal, 2011年
  • Phonotactic constraints of roots in G|ui, The 6th World Congress of African Linguistics, 国際会議, The World Congress of African Linguistics, 口頭(一般), Colongne, 2009年
  • Khoisan ideophones – a case study of G|ui-!Xoon contact, The International Conference of the Global COE Program “Corpus-based Linguistics and Language Education” -A Geographical Typology of African Languages jointly with an international workshop on Khoisan Linguistics-, 国際会議, Global COE Program “Corpus-based Linguistics and Language Education”, 口頭(招待・特別), Tokyo University of Foreign Studies, 2009年
  • A typologically unique feature of the perception verbs in Khoe languages, The Third International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics, Khoisan Languages - an Endangered World, 国際会議, Organizers of International Symposium on Khoisan Languages and Linguistics, 口頭(一般), Riezlern, Austria, 2008年
  • A preliminary report on the perception verbs of K≠haba, Association for Linguistic Typology — the Seventh Biennial Meeting (ALT7), 国際会議, Association for Linguistic Typology, 口頭(一般), Paris, France, 2007年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

  • 科学研究費 国際共同研究強化(B) カラハリ・コエにおける言語と音楽の相互関係:クリックとポリリズム(2018年度-2022年度)
  • 科学研究費 挑戦的研究(萌芽) 音韻獲得の言語相対論の新展開:クリック子音獲得の事例研究(2018年度-2020年度)
  • 科学研究費 基盤研究(A) 稀少特徴と言語地域の音韻類型論:コイサン音韻論の貢献(2016年度-2020年度)
  • 科学研究費 基盤研究(B) コエ・クワディ語族カラハリ・コエ語派の言語学的ドキュメンテーション(2013年度-2017年度)
  • 科学研究費 萌芽研究 音韻論的言語類型論における新しい分析概念装置「拡張韻」の提案(2011年度-2013年度)
  • 科学研究費 基盤研究(A) 聴覚音声学と音韻構造の相互関係(2008年度-2012年度)
  • 科学研究費 基盤研究(B) コエ語族比較言語学の新展開(2007年度-2010年度)

Last updated on 2019/9/22

PAGE TOP