箕浦 信勝 (MINOURA Nobukatsu)

氏名 / Name 箕浦 信勝 (MINOURA Nobukatsu)
所属職名 / Affiliation 大学院総合国際学研究院/准教授
Institute of Global Studies/Associate Professor
電子メール / Email
ウェブページ / Website http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/tanana/minoura/main.html
取得学位 /
Academic Credentials
  • 修士(文学)(北海道大学) 1993年
専門分野(科研費分類) /
Research Field(s) (by KAKEN)
     
研究キーワード /
Research Keywords
  • 言語学 手話言語学 アサバスカ語学 言語類型論
    linguistics, sign language linguistics, Athabaskan linguistics, linguistic typology

自己紹介 / Biography

各個言語のフィールドワークに基づく文法記述を柱とした記述言語学が研究の根幹をなしている。1989年からの10年間はアラスカ州内陸部の上タナナ・アサバスカ語(Upper Tanana Athabaskan)のフィールド調査をした。その後日本のろう者の母語である日本手話を研究調査するようになり現在に至っている。また2004年夏からは、マダガスカルのろう者の母語であるマダガスカル手話のフィールド調査も始めた。このような自ら研究調査を行った言語からのデータを含めた、言語類型論的考察にも興味を持っている。

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • Do I have to stick to Malagasy Sign Language (TTM) proper?, 東京外国語大学論集, 96巻, 129-161, 2018年
  • On benefactive person agreement marker in Malagasy Sign Language (TTM), 東京外国語大学論集, 94号, 37-52, 2017年
  • マダガスカル語の複節構文に関して, 語学研究所論集, 20巻, 43-61, 2015年
    On Malagasy Multi-clausal Constructions, Journal of the Institute of Language Research, 20, 43-61, 2015
  • ノルウェー手話とマダガスカル手話の予備的比較研究, 東京外国語大学論集, 88巻, 91-116, 2014年
  • マダガスカル語の他動性に関して, 語学研究所論集, 19巻, 85-108, 2014年
    On transitivity in Malagasy, Journal of the Institute of Language Research, 19, 85-108, 2014
  • On S, A, P, T, and R alignment in Malagasy Sign Language (TTM), 語学研究所論集, 19巻, 1-21, 2014年
  • Event Integration Patterns in Malagasy, 東京外国語大学論集第86号, 2013年
  • Inversion in Sayula Popoluca and Japanese Sign Language, 東京外国語大学語学研究所論集第18号, 18巻, 41-54, 2013年
  • マダガスカル語の所有・存在表現, 語学研究所論集第18号, 18巻, 141-161, 2013年
    Possessive and Existential Expressions in Malagasy, Journal of the Institute of Language Research, 18, 18, 141-161, 2013
  • Theme, Rheme, and Focus in Malagasy Sign Language, 東京外国語大学論集第85号, 85巻, 177-198, 2012年
  • More on Word Order in Malagasy Sign Language, 東京外国語大学論集第84号, 84巻, 159-184, 2012年
  • Between Lexeme-Forming Derivation and Paradigmatic Inflecion, 語学研究所論集第16号, 16号, 1-28, 2011年
  • Relativization or Nominalization in Malagasy Sign Language (TTM), 東京外国語大学論集第81号, 81巻, 183-228, 2010年
  • Word Order in Malagasy Sign Language (TTM), 東京外国語大学論集第77号, 77巻, 47-69, 2008年
  • A Preliminary Typology of Wh-Questions, Area and Culture Studies, Vol. 68, 68, 37-64, 2004
  • Classifiers as Bipartite Stems, Journal of the Institute of Language Research, 9, (9), 59-85, 2004
  • 動詞における付加語句的要素の標示について --いわゆるapplicativeについて--, 東京外国語大学論集第67号, 67巻, 39-60, 2004年
    Marking Adjunct-like Elements on Verbs --On So-Called Applicative--, Area and Culture Studies, Vol. 67, 67, 39-60, 2004
  • On Word Classes of Japanese Sign Language, Asian and African Languages and Linguistics 32, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, (32), 33-55, 2004
  • Inversion in Japanese Sign Language, Area and Culture Studies, Vol. 63, 63, 39-54, 2002
  • 日本の北アメリカ的言語:日本手話, 東京外国語大学百周年記念論文集, 223-257, 1999年
    A North American-ish Language of Japan: Japanese Sign Language223-257, 1999
  • A Note on Posssessive Construction in Upper Tanana Athabaskan, A Report of the Joint Research Project: Analysis and Description of Individual Languages and Linguistics Typology, 177-196, 1997年
    A Note on Possessive Construction in Upper Tanana Athabaskan, A Report of the Joint Research Project: Analysis and Description of Individual Languages and Linguistics Typology, 177-196, 1997

著書 / Books

  • 言語聴覚士テクスト 第3版, 医歯薬出版株式会社, 教科書, 分担執筆, 2018年
    Textbook for the Speech Therapist, Third Edition, Ishiyaku Publishers, Inc., Textbook, Allotment Writing, 2018

Last updated on 2019/7/3

PAGE TOP