伊東 剛史 (ITO Takashi)

氏名 / Name 伊東 剛史 (ITO Takashi)
所属職名 / Affiliation 大学院総合国際学研究院/准教授
Institute of Global Studies/Associate Professor
電子メール / Email t.ito@tufs.ac.jp
ウェブページ / Website
取得学位 /
Academic Credentials
  • 修士(史学)(慶應義塾大学) 2000年
  • Ph.D. in History(ロンドン大学) 2005年
専門分野(科研費分類) /
Research Field(s) (by KAKEN)
  • ヨーロッパ史・アメリカ史
    History of Europe and America
  • 科学社会学・科学技術史
    Sociology/History of science and technology
研究キーワード /
Research Keywords
  • イギリス近代史,人と動物の関係史,感情史,痛みの文化史

自己紹介 / Biography

こちらをご覧ください。

学歴 / Academic Achievement

  • 2000年03月 慶應義塾大学文学研究科史学専攻 修了
    2000.03 Keio University Graduate School, Division of Letters Completed
  • 2005年03月 ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ史学科 修了
  • 2006年03月 東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻 単位取得満期退学
    2006.03 The University of Tokyo Graduate School, Division of General Culture Accomplished credits for doctoral program

受賞 / Awards

  • 日本科学史学会 学会賞(論文賞) (2017年06月)
  • Isobel Thornley Fund: Publication Subvention (2014年07月)

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • (校正中)History of the Zoo, Aline Steinbrecher, Mieke Roscher and Brett Mizelle (eds), Handbook of Historical Animal Studies (Berlin: DeGruyter, forthcoming), 2021年
  • (校正中)ロンドン動物学会と動物学の制度化——専門分科の分岐点, 大野誠編『近代イギリス科学の社会史』(昭和堂、近刊予定), 2020年
  • (印刷中)感情史の萌芽と心理学——ホイジンガとフェーヴル, エモーション・スタディーズ, 5巻2020年
  • (書評)並松信久『農の科学史——イギリス「所領知」の革新と制度化』(名古屋大学出版会、2016年), 西洋史学, 269号, 87-89, 2020年
  • 20世紀初頭のフィリピン南部における鳥類収集——新種の発見と命名をめぐって, 専修大学人文科学研究所月報, 305号, 25-48, 2020年
  • 犬になるということ——(書評)大石高典・近藤祉秋・池田光穂編『犬からみた人類史』(勉生出版、2019年), クァドランテ, 22巻, 129-132, 2020年
  • イギリスにおける動物福祉の歴史——現代日本の視点から, 動物観研究, 24号, 9-12, 2019年
  • ミカドキジの命名、採集、および保全繁殖の歴史に関する基礎研究, 専修大学人文科学研究所月報, 300号, 27-48, 2019年
  • Flying Penguins in Japan's Northernmost Zoo, Tracy McDonald and Dan Vandersommers (eds) Zoo studies: a new humanities (Montreal: McGill-Queen's University Press, 2019), 237-261, 2019年
  • Review of Daniel E. Bender, The animal game: searching for wildness at the American zoo (Cambridge, MA: Harvard University Press, 2017), Isis, 109巻2号, 432-433, 2018年
  • Playing by their own rule: gentleman menagerists and the Zoological Society of London in Victorian Britain, Institutionalization of science and the public sphere in Modern Britain (Report of Research Project, Grant-in-Aid for Scientific Research (B)(No. 26284088) , 68-81, 2018年
  • 犬吠埼灯台から考える「科学のリロケーション」, 専修大学人文科学研究所月報, 291号, 1-22, 2018年
  • 19世紀のロンドン動物学会からみた動物学の制度化, 化学史研究, 44巻4号, 164-175, 2017年
  • (書評)勝田俊輔・高神信一編『アイルランド大飢饉––––ジャガイモ・「ジェノサイド」』, 科学史研究, 2017年
  • 眠れぬ夜の苦しみ––––ダーウィンと生体解剖論争, 女性とジェンダーの歴史, 4巻2016年
  • The state and the popularisation of science in Victorian Britain: The Scientific and Literary Societies Act of 1843, Historia Scientiarum , 25巻3号, 216-251, 2016年
  • (書評)Ian Jared Miller, The nature of the beasts: empire and exhibition at the Tokyo Imperial Zoo (Berkeley: University of California Press, 2013), 科学史研究, 277号, 388-389, 2016年
  • Review of Lisa Uddin, Zoo renewal: white flight and the animal ghetto (Minneapolis: University of Minnesota Press, 2014), Humanimalia: a journal of human/animal interface studies, 7巻2号, 154-160, 2016年
  • (書評)Sarah Amato, Beastly Possessions: Animals in Victorian Consumer Culture (Toronto: University of Toronto Press, 2015), ヴィクトリア朝文化研究, 14巻, 114-118, 2015年
  • 帝国・科学・アソシエーション—「動物学帝国」という空間—, 近藤和彦編『ヨーロッパ史講義』 , 2015年
  • 近代科学の「周縁」ー 19 世紀イギリスにおけるジェントルマン科学と気候順化ー, 専修大学人文科学研究所月報 , 275号, 17-37, 2015年
  • ロンドン動物園と科学史の演劇性, 科学史研究, 54巻272号, 59-64, 2015年
  • 19世紀ヨーロッパのポピュラー・サイエンス, 科学史研究, 54巻272号, 53-54, 2015年
  • 満ち溢れる禽獣-動物観の変容と都市のトポグラフィー, 金沢学院大学紀要-文学・美術社会学編, 11号, 236-246, 2013年
  • Locating the Transformation of Sensibilities in nineteenth-century London, Peter Atkins (ed.) Animal cities: beastly urban histories (Farnham: Ashgate, 2012), 2012年
  • 「マーティン法」の余波―19世紀イギリスにおける動物福祉の法制化と世論形成, 金沢学院大学紀要―文学・美術・社会学編ー, 10巻, 227-242, 2012年
  • Mechanisms and Meanings of Scientific Enterprise: The Acclimatisation Project of the Zoological Society of London, 1856-1857’, Korean Journal of British History, 20巻, 447-480, 2008年
  • The Zoo, Urban Regenesation and Popular Sensibilities about Animal Life in Nineteenth-Century London, Lars Nilsson (ed.), Urban Europe in Comparative Perspective, 2007年
  • ‘Problems of the “Zoological Empire”: Migration and Identity of Mid-Nineteenth-Century British Bird Collectors’, K. Kondo and D. Bates (eds), Proceedings of the 5th Anglo-Japanese Conference of Historians, 123-129, 2006年
  • チャールズ・ナイトと『ペニーマガジン』—19世紀前半英国の出版文化, 史学雑誌, 74巻1号, 131-159, 2005年
  • 景観美、楽園、トポグラフィー—都市の中の動物園・1830年代のロンドン, 年報都市史研究, 12巻, 107-125, 2004年
  • 「社会全体の利益のために」—ロンドン動物園と科学団体の公共性—, 森村敏己・山根哲也編『集いのかたち—歴史における人間関係—』, 2004年

著書 / Books

総説・解説記事 / Review Papers

  • (校正中)動物園, 日本科学史学会編『科学史事典』(丸善出版、近刊予定), その他記事, 単著, 2021年
  • (提出済)ダーウィンとストリキニーネ, 現代思想, その他記事, 単著, 2020年
  • London Zoo and the Victorians, 1828–1859, Proofed, a Boydell&Brewer Blog, 書評,文献紹介等, 単著, 2020年
  • 100年を2度遡る—Modern London, 1900-1940の魅力, アティーナ・プレス, 書評,文献紹介等, 単著, 2019年
  • 現代のプロメテウス, ピエリア, その他記事, 単著, 2019年
  • ホモ・アフェクトゥス——もうひとりの自分、学問のはじまり(新入生へのメッセージ), ピエリア, その他記事, 単著, 2018年
  • 痛みは普遍的なのか?ー『痛みと感情のイギリス史』から考える, ピエリア, 書評,文献紹介等, 単著, 2017年
  • (座談会記事)『痛みと感情のイギリス史』とEEBO, 紀伊國屋書店Book Web Pro, その他記事, 共著, 2017年
  • ダーウィン『種の起源』, 池田嘉郎・村上衛・森本一夫・上野愼也(編)『名著で読む世界史 120』, 総説・解説(その他), 単著, 2016年
  • 19世紀のロンドン動物園からみた動物学の専門分科, 化学史研究, 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 単著, 2016年
  • 食べられるために存在しているのだろうか?ー今から180年前のロンドン動物園で、はじめてキリンを見た人びとが考えたことー, 市民ZOOネットワーク ニューズレター , 総説・解説(その他), 単著, 2016年
  • 自然と人間, 南塚信吾・秋田茂・高澤紀恵編『新しく学ぶ西洋の歴史』(ミネルヴァ書房), ミネルヴァ書房, 総説・解説(その他), 単著, 2016年
  • 動物園と近代ヨーロッパの自然科学, 歴史と地理ー世界史の研究ー, 山川出版社, 総説・解説(商業誌), 単著, 2012年
  • 近代イギリス(回顧と展望), 史学雑誌, 史学会, 総説・解説(学術雑誌), 単著, 2009年
  • 「素晴らしい脚注です!」―英国留学奮闘記 2000-2005, 『クリオ』, 東大クリオの会, その他記事, 単著, 2008年

研究発表 / Presentations

  • 気候馴化と動物資源管理の歴史ー19世紀イギリスを中心に , 上智大学地球環境研究所「サステナビリティとダーウィニズムについて考える」, 国内会議, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 2020年
  • The Logistics of Bird Collecting in the Age of Empires: Walter Goodfellow’s Expedition to Taiwan, New Guinea and the Philippines, Logistical Nature: Trade, Traffics and Transformations in Natural History Collecting, 国際会議, Museum für Naturkunde Berlin, Zoological Gardens Berlin, Humboldt University Berlin, 口頭(一般), 2020年
  • The Honour of Naming a New Species: Emotional Communites of Naturalists in the Early Twentieth Century, Colloquium, Centre for the History of Emotions, Max Plank Institute for Human Development , 国際会議, 口頭(招待・特別), Center for the History of Emotions, Max Planck Institute for Human Development, 2019年
  • (コメンテイター)『犬からみた人類史』を読んで, 書評会:大石高典、近藤祉秋、池田光穂編『犬からみた人類史』(勉誠出版、2019年), 国内会議, 東京外国語大学海外事情研究所, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 東京外国語大学海外事情研究所, 2019年
  • Building the Ark in Modern Rome: Animals and Architecture in Post-Regency London, Genius Loci and Accumulation of Memories, 国際会議, 口頭(一般), Sala A de la Facultad de Derecho de la UNED, 2019年
  • The Legacy of Enlightenment Science?: The Identification and Identity of Animal Species in the Age of Empires, Enlightenment and Identity, 国際会議, International Society for Eighteenth-Century Studies, 口頭(一般), Edinburgh University, 2019年
  • The Naming of the Mikado Pheasant: Ornithology, Aviculture and Zoogeography in the Age of Empires, International Society for the History, Philosophy and Social Studies of Biology, 国際会議, 口頭(一般), Norwegian University of Science and Technology, 2019年
  • 動物園と科学の関係ー黎明期のロンドン動物園を題材として, 日本科学史学会科学史学校, 国内会議, 日本科学史学会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 日本大学, 2019年
  • イギリスにおける動物福祉の歴史ー現代日本の視点から, 動物観研究会公開ゼミナール2018, 国内会議, 動物観研究会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 東京農工大学, 2018年
  • Disucussant in the sesseion "Knowledge, Practices and the Decolonization of India", Empire Forestry Networks and Knowledge Production, 国際会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 2018年
  • (コメンテイター)Closing roundtable with Kimiyo Ogawa and Takashi Ito, ソフィア・シンポジウム Humanity and the Post-Human in Mary Shelley’s Frankenstein, 国際会議, 上智大学ヨーロッパ研究所, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 上智大学ヨーロッパ研究所, 2018年
  • 科学の大衆化が専門分科と専門職業化に及ぼした影響ー19世紀のロンドン動物学協会を事例に, 日本西洋史学会・小シンポジウム「近代イギリスにおける科学の制度化と公共圏」, 国内会議, 口頭(一般), 広島大学, 2018年
  • ダーウィンと「動物の痛み」ー感情史研究の一事例として, 感情心理学会セミナー, 国内会議, 感情心理学会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 名古屋大学, 2017年
  • ワークショップ「痛みと共感への学際的アプローチ」, ワークショップ「痛みと共感への学際的アプローチ」主旨説明, 国内会議, 科研費(基盤(B))「共感の共同体」, その他, 2017年
  • (コメンテイター)シンポジウム「感情史の射程―日独事例研究から―」, ドイツ現代史学会, 国内会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 共立女子大学, 2017年
  • 『痛みと感情のイギリス史』合評会, 東洋大学人間科学総合研究所公開セミナー「歴史学と感情研究『痛みと感情のイギリス史』合評会」, 国内会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 2017年
  • Playing by their own rules: gentleman menageries and the Zoological Society of London in Victorian Britain, IOS International Workshop, 国際会議, 口頭(一般), 2017年
  • Postmodern nature in Japan's northernmost zoo, 頭脳循環研究プロジェクト・総括ワークショップ「ヨーロッパ史における中心・周縁再考」, 国際会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 2017年
  • Penguin Parade and Flying Seals: “The Cult of the Cute” in the Japan’s Northernmost Zoo Panel on 'Zoos and global history',, Annual Meeting of the American Historical Association, 国際会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), Denver, 2017年
  • Secrets of Beastly Business: Economy, Industry and Animal Life in the Japan's Northernmost Zoo in the Late Twentieth Century, Workshop titled "Thinking With Human and Nonhuman Animals: Zoo Studies and a New Humanities", 国際会議, 口頭(招待・特別), McMaster University, Canada, 2016年
  • 19世紀のロンドン動物学協会からみた動物学の専門分科, 化学史研究発表会(年会)シンポジウム「近代イギリスにおける科学の制度化ー専門分科と公共圏」, 国内会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 三重大学, 2016年
  • 黎明期のロンドン動物園 , 市民ZOOネットワーク 3月セミナー, 国内会議, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 東京外国語大学, 2016年
  • Weeping elephants, Charles Darwin and the vivisection controversy: a cultural history of "embodied pain" in Victorian Britain, ICC-TUFS joint seminar on 'Europe seen from abroad", 国際会議, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), クラクフ国際文化センター、ポーランド, 2016年
  • Cruelty in Smithfield: meat trade and animal law in nineteenth-century London, 第12回国際都市史学会, 国際会議, ヨーロッパ都市史学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), ポルトガル・リスボン, 2014年
  • ロンドン動物園と科学知の演劇性ー1836年のキリン・センセーションー, 日本科学史学会年次総会, 国内会議, 日本科学史学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 札幌・酪農学園大学, 2014年
  • ヴィクトリア時代における自然誌と医学-コブラ毒の議論をめぐってー, 専修大学人文科学研究所定例研究会, 国内会議, 専修大学人文科学研究所, 口頭(一般), 専修大学, 2014年
  • Science for gentlemanly breeders?: British acclimatisation revisited, ISHPSSB meeting, 国際会議, ISHPSSB, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), モンペリエ, 2013年
  • 自然誌・医学・帝国統治-19世紀後半イギリスにおけるコブラ毒の議論をめぐって-, 日本西洋史学会大会, 国内会議, 日本西洋史学会, 口頭(一般), 京都大学, 2013年
  • 象の涙―ダーウィン『人間と動物の感情表現』をめぐる考察―, 環境史研究会ワークショップ, 国内会議, 環境史研究会, 口頭(一般), 東京大学, 2012年
  • The 'Charm of Novelty': The Restructuring of the London Zoo and the Cultural Industries in mid-nineteenth-century Britain, International Conference on Urban History, 国際会議, European Association for Urban History, 口頭(一般), プラハ, 2012年
  • 19 世紀イギリスにおける動物虐待防止法の成立とロンドンの時空間秩序, 史学会全国大会, 国内会議, 史学会, 口頭(一般), 東京大学, 2011年
  • Animals in the Metropolitan Landscape, 1820-1860, Conference in Honour of Professor Penelope J. Corfield, 国際会議, Conference in Honour of Professor Penelope J. Corfield, 口頭(一般), ロンドン, 2009年
  • 1836年英国のキリン・フィーバー―自然の脱・神話化?, 自然史学会連合講演会, 国内会議, 自然史学会連合, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 千葉県立中央博物館, 2008年
  • Acclimatising Himalayan Pheasants: The Interregional Dimension of the Theory and Practice of Natural History, 3rd Korean-Japanese Conference of British History, 国際会議, 3rd Korean-Japanese Conference of British History, 口頭(一般), 光州,韓国, 2008年
  • 英国博物館の再編と「信託管理」の確立―1830〜1870年代のイギリスの文化政策―, 研究会「歴史と人間」, 国内会議, 研究会「歴史と人間」, 口頭(一般), 一橋大学, 2008年
  • 帝国と科学―19世紀インドにおけるヒマラヤ産野鳥の収集プロジェクト―, 日本科学史学会生物学史分科会例会, 国内会議, 日本科学史学会生物学史分科会, 口頭(一般), 東京大学, 2006年
  • The Zoo, Urban Regeneration, and Popular Sensibilities about Animal Life in Nineteenth-Century London, 8th International Conference on Urban History, 国際会議, European Association for Urban History, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), ストックホルム, 2006年
  • The Miscarried “Zoological Empire”: Migration and Identity of Late Nineteenth-Century British Bird-Collectors, 5th Anglo-Japanese Conference of Historians, 国際会議, 5th Anglo-Japanese Conference of Historians, 口頭(一般), 5th Anglo-Japanese Conference of Historians, 2006年
  • 19世紀ロンドン動物園のモータル・エコノミー, 身体医文化論研究会, 国内会議, 身体医文化論研究会, 口頭(一般), 慶応義塾大学, 2006年
  • 'The Eden of Northern Marylebone': London’s Zoological Gardens and the Metropolitan Experience in the 1830s, Annual Meeting of the History Science Society, 国内会議, History of Science Society, 口頭(一般), ミネアポリス, 2005年
  • The Utopian Moment?: Recovering 'Animal Agency' in the Nineteenth-Century London Zoo, Annual Meeting of the British Society for the History of Science Society, 国際会議, Annual Meeting of the British Society for the History of Science Society, 口頭(一般), リーズ, 2005年
  • 立ち現われる巨大娯楽空間と「文化」の制度化?19世紀ロンドン動物園を事例に, 社会経済史学会全国大会, 国内会議, 社会経済史学会全国大会, 口頭(一般), 一橋大学, 2005年
  • 「コロニアル・サイエンス」再考―19世紀ロンドン動物園の気候順化プロジェクト, イギリス都市生活史研究会, 国内会議, イギリス都市生活史研究会, 口頭(一般), 京都大学, 2004年
  • 未知との遭遇?ロンドン動物園と19世紀英国社会における自然観の変容, 日本西洋史学会大会, 国内会議, 日本西洋史学会, 口頭(一般), 東北学院大学, 2004年
  • International Symposium on the Socio-Spatial Structures and Typology of Traditional Cities, ‘Representing “Animate Nature” in the Urban Milieu: The Zoo and the “Metropolitan Improvements” in Early Nineteenth-Century London’, 国際会議, ‘Representing “Animate Nature” in the Urban Milieu: The Zoo and the “Metropolitan Improvements” in Early Nineteenth-Century London’, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), ケンブリッジ, 2003年
  • In Quest of the Impeyan Pheasant: Networks of the Zoo-Animal Collectors in the 1850s, Nordic Postgraduate Workshop in History of Science and Technology, 国際会議, Nordic Postgraduate Workshop in History of Science and Technology, 口頭(一般), オルフス, 2003年
  • In Quest of Exotic Wildlife: Remaking the London Zoo in the 1850s, Seminar on Britain in the Long Eighteenth Century, 国際会議, Seminar on Britain in the Long Eighteenth Century, 口頭(一般), ロンドン, 2003年
  • Liberals versus Diehards in the Zoological Gardens of London, 1828-47, Postgraduate Conference on Subversion in History, 国際会議, Postgraduate Conference on Subversion in History, 口頭(一般), ロンドン, 2002年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

Last updated on 2020/9/20

PAGE TOP