石川 博樹 (ISHIKAWA Hiroki )

氏名 / Name 石川 博樹 (ISHIKAWA Hiroki )
所属職名 / Affiliation アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa/Associate Professor
電子メール / Email ishikawa@aa.tufs.ac.jp
ウェブページ / Website http://www.aa.tufs.ac.jp/~ishikawa/
http://www.aa.tufs.ac.jp/~ishikawa/
学位 /
Degree
  • 学士(文学)(東京大学) 1997年
  • 修士(文学)(東京大学) 1999年
  • 博士(文学)(東京大学) 2007年
研究分野(e-Rad分野) /
Research Field(s) (by e-Rad)
  • アジア史、アフリカ史
    History of Asia and Africa
  • 史学一般
    Historical studies in general
  • 地域研究
    Area studies
研究キーワード /
Research Keywords
  • アフリカ史

学歴 / Academic Achievement

  • 1997年03月 東京大学文学部歴史文化学科東洋史学専修課程 卒業
    1997.03 The University of Tokyo Faculty of Literature Graduated
  • 1999年03月 東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻 修了
    1999.03 The University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology Completed
  • 2004年03月 東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻 単位取得満期退学
    2004.03 The University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology Accomplished credits for doctoral program

所属学会 / Affiliated Academic Societies

    • 日本アフリカ学会
    • 史学会
    • 日本オリエント学会
    • 日本ナイル・エチオピア学会
    • キリシタン文化研究会
    • 日本ポルトガル・ブラジル学会

受賞 / Awards

  • 日本ナイル・エチオピア学会第30回学術大会最優秀発表賞 (2021年04月)
    Best Presentation Award at the 30th Annual Conference of the Japan Association for Nilo-Ethiopian Studies (2021.04)
  • 第28回日本オリエント学会奨励賞 (2006年10月)
  • 第11回日本ナイル・エチオピア学会高島賞 (2005年04月)

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • 16~18世紀のエチオピア北部におけるテフの消費拡大とインジェラの成立 , 農耕の技術と文化, 30巻2022年
    The Increase of Teff Consumption and the Birth of Injera in Northern Ethiopia during the 16th and 18th Centuries, Technology and Culture of Agriculture, 302022
  • アフリカ史研究と歴史教育:高大連携講座を終えて, 房総史学, 55号, 73-78, 2015年
  • 16~18世紀のエチオピアにおけるエンセーテ栽培に関する史料訳注, アジア・アフリカ言語文化研究, 84号, 163-181, 2012年
  • 17、18世紀北部エチオピアにおけるエンセーテの食用栽培に関する再検討, アフリカ研究, 80号, 1-14, 2012年
  • Northern Ethiopian Historiography during the Second Half of the Solomonic Period (1540-1769), Nilo-Ethiopian Studies, 16号, 1-12, 2011年
  • 『ガッラの歴史』訳注, アジア・アフリカ言語文化研究, 76号2008年
  • スペイン王立歴史アカデミー付属図書館所蔵イエズス会北部エチオピア布教関係文書, オリエント, 50巻2号, 299-302, 2008年
  • Queima Cattle Tribute in the Christian Kingdom of Northern Ethiopia, with Special Reference to Its Historical Significance, Nilo-Ethiopian Studies, 12巻, 1-12, 2008年
  • 北部エチオピアのキリスト教王国に於ける民族移動とその結果:ゴンダール期のダモトのジャウィを中心に, アフリカ研究, 72号, 1-15, 2008年
  • ソロモン朝後期の北部エチオピアに於ける歴史叙述の特色, オリエント, 49巻2号, 182-199, 2007年
  • オロモ進出期に於けるエチオピア北部の牛税ケイマ, アフリカ研究, 69号, 45-57, 2006年
  • Changes in the Military System of Northern Ethiopia during the Gondar Period (1632-1769): Their Influence on the Decline of the Solomonic Dynasty, Orient, 41巻2006年
  • ブラガ地方文書館所蔵イエズス会エチオピア北部布教関係文書集MS779の内容と来歴:その史料的価値の解明のために, オリエント, 48巻1号, 187-207, 2005年
  • On the Functions of the Beht waddad and the Talallaq blattenoc gweta of the Solomonic Dynasty, 1607-1682, Nilo-Ethiopian Studies, 8/9巻, 77-89, 2003年
  • 17世紀前半ソロモン朝のベフト・ワッダド:イエズス会のエチオピア布教失敗の一要因, オリエント, 43巻2号, 99-116, 2001年
  • エチオピア王国ソロモン朝の衰退と州統治者:ゴンダール期(1632~1769年)における統治者称号の分析を通して, 史学雑誌, 107巻4号, 1-38, 1998年

書籍等出版物 / Books and Other Publications

  • 環境に挑む歴史学, 勉誠出版, 学術書, 単著, 2016年
  • 食と農のアフリカ史:現代の基層に迫る, 昭和堂, 学術書, 共編者(共編著者), 2016年
    A History of Food and Agriculture in Africa: Exploring the Basis of Modernity, Showado, Scholarly book, Joint editor, 2016
  • 世界の名前, 岩波書店, 一般書・啓蒙書, 単著, 2016年
  • アフリカ学事典, 昭和堂, 事典・辞書, 分担執筆, 2014年
  • 人はみなフィールドワーカーである:人文学のフィールドワークのすすめ, 東京外国語大学出版会, 一般書・啓蒙書, 分担執筆, 2014年
  • 世界史B 新世界史教授資料 授業実践編, 山川出版社, 教科書・概説・概論, 分担執筆, 2013年
  • 世界史(AB共通) 教授資料研究編, 山川出版社, 教科書・概説・概論, 分担執筆, 2013年
  • アフリカ世界の歴史と文化:ヨーロッパ世界との関わり, 放送大学教育振興会, 教科書・概説・概論, 共著, 2013年
  • 世界地名大事典 第3巻 中東・アフリカ, 朝倉書店, 事典・辞書, 分担執筆, 2012年
  • 東方キリスト教諸教会:基礎データと研究案内, 上智大学アジア文化研究所イスラーム地域研究機構, 学術書, 分担執筆, 2012年
  • 生まれる歴史,創られる歴史:アジア・アフリカ史研究の最前線から, 刀水書房, 学術書, 分担執筆, 2011年
  • 環境と歴史学, 勉誠出版, 学術書, 分担執筆, 2010年
  • 図説 世界の文字とことば, 河出書房新社, 一般書・啓蒙書, 分担執筆, 2009年
  • ソロモン朝エチオピア王国の興亡:オロモ進出後の王国史の再検討, 山川出版社, 学術書, 単著, 2009年
    The Rise and Fall of the Solomonid Ethiopia: Reconsideration of Its History after the Oromo Migration, Scholarly book, Sole author, 2009
  • 超領域交流史の試み:ザビエルに続くパイオニアたち, 上智大学出版会, 学術書, 分担執筆, 2009年
  • Beyond Borders: A Global Perspective of Jesuit Mission History, Sophia University Press, 学術書, 分担執筆, 2009年
  • 岩波世界史史料 第2巻 南アジア・イスラーム世界・アフリカ, 岩波書店, 事典・辞書, 分担執筆, 2009年

MISC / MISC

  • 巻頭特集「祈りでつながるイスラーム」序文, フィールドプラス, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2019年
  • 史跡を巡り、ごちそうに出会う, フィールドプラス, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, その他, 単著, 2019年
  • 大教室で受講者の声を聴く, Gloe Voice, 東京外国語大学, その他, 単著, 2016年
  • アフリカで神のことばに出会う(リレーエッセイ「ことば紀行」第19回 ゲエズ語), パブリッシャーズ・レビュー 白水社の本棚, 白水社, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2014年
  • アフリカの食:人と植物が織りなす歴史と文化, フィールドプラス, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著, 2013年
  • エチオピアの栄光,ルワンダの悲劇, 歴史と地理 世界史の研究, 山川出版社, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著, 2010年
  • 文字社会と無文字社会の狭間にて, フィールドプラス, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 記事・総説・解説・論説等(その他), 単著, 2009年

講演・口頭発表等 / Presentations

  • エチオピア北部におけるインジェラの成立に関する歴史学研究 , 海外学術調査フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, ポスター発表, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 & オンライン, 2021年
    Historical Study o the Birth of Injera in Northern Ethiopia, Overseas Scientific Research Forum, Domestic presentation, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, Poster presentation, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies & Online, 2021
  • エチオピア関連ポルトガル語史料における作物名称MilhoとGrãoに関する考察, 日本アフリカ学会第58回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 広島市立大学 & オンライン, 2021年
    Study on "Milho" and "Grão" as Cultivated Plant Names in Portuguese Documents on Ethiopia, 58th Annual Meeting of the Japan Association for African Studies, Domestic presentation, Japan Association for African Studies, Oral presentation (general), Hiroshima City University & Online, 2021
  • 16~18世紀エチオピア北部におけるテフの重要性の変化について , 日本ナイル・エチオピア学会第30回学術大会, 国内会議, 日本ナイル・エチオピア学会, 口頭発表(一般), 徳島大学 & オンライン, 2021年
    On the Change of Importance of Teff in Northern Ethiopia during the 16th and 18th Centuries, 30th Annual Conference of the Japan Association for Nilo-Ethiopian Studies, Domestic presentation, Japan Association for Nilo-Ethiopian Studies, Oral presentation (general), Tokushima University & Online, 2021
  • エチオピアのオロモの移動:その歴史的意義と研究の困難さ, 国立民族学博物館共同研究課題「人類史における移動概念の再構築:「自由」と「不自由」の相克に注目して」2020年度第1回研究会, 国内会議, 国立民族学博物館共同研究課題「人類史における移動概念の再構築:「自由」と「不自由」の相克に注目して」, 口頭発表(招待・特別), 国立民族学博物館&オンライン, 2020年
  • FAOSTATに基づくアフリカにおけるジャガイモ栽培の変遷(1961~2018年), 科研費基盤研究(B)「アフリカ食文化研究の新展開:食料主権論のために」2020年度第2回研究会, 国内会議, 科研費基盤研究(B)「アフリカ食文化研究の新展開:食料主権論のために」, 口頭発表(一般), オンライン, 2020年
  • 経済活動から見た北部エチオピアの2王国の比較研究, 日本アフリカ学会第57回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 東京外国語大学&オンライン, 2020年
  • 文字記録から見たエチオピアの諸王国における農業:アクスム王国とソロモン朝エチオピア王国の比較を中心に, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「アフリカ農業・農村史の再構築:在来農業革命の視点から」2018年度第3回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭発表(一般), 東京外国語大学本郷サテライト, 2019年
  • アフリカ史から世界を見る, 河合塾みらいぶプラス「次代を担う若手研究者によるライトニングトーク:さあ、学問探しの旅に出かけよう!」, 国内会議, 河合塾みらいぶプラス, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 2018年
  • 一皿のなかの歴史:歴史学研究と地域研究, 地域研究コンソーシアム2016年度ワークショップ「地域研究の底力:現場から考える」, 国内会議, 地域研究コンソーシアム, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 京都大学稲盛財団記念館, 2016年
  • 食と農のアフリカ史:アフリカ史研究の可能性を探る, 第221回アフリカ地域研究会, 国内会議, 京都大学アフリカ地域研究資料センター, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 京都大学稲盛財団記念館, 2016年
  • 北部エチオピアにおける歴史叙述の種別とその特質, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「アフリカに関する史的研究と資料」2014年度第2回研究会, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「アフリカに関する史的研究と資料」, 口頭発表(一般), 東京外国語大学本郷サテライト5階セミナールーム, 2014年
  • アフリカ分割とルワンダ大虐殺, 平成26年度千葉県高等学校教育研究会歴史部会秋季研究協議会, 国内会議, 千葉県高等学校教育研究会歴史部会, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 成田高校, 2014年
  • フランス植民地期カメルーンの農業統計の概要, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化(2)」2014年度第1回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化(2)」, 口頭発表(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所セミナー室, 2014年
  • 東洋史、エチオピア史、アフリカ史, 日本アフリカ学会第50回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 東京大学, 2013年
    Oriental History, Ethiopian History, and African History, Domestic presentation, Japan Association for African Studies, Oral presentation (general), Tokyo University, 2013
  • エチオピアの栽培植物エンセーテをめぐる歴史学研究 , 2012年度第4回AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭発表(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • ポルトガル植民地期農業統計資料に見えるアンゴラの南米原産作物栽培, 日本ポルトガル・ブラジル学会2012年度大会, 国内会議, 日本ポルトガル・ブラジル学会, 口頭発表(一般), 天理大学, 2012年
  • ポルトガル植民地期アンゴラ農業統計資料の概要, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化」2012年度第1回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化」, 口頭発表(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • 移動する考古学者たち:グレートジンバブウェと大英帝国の考古学, 日本アフリカ学会第49回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 国立民族学博物館, 2012年
  • アフリカの悲劇が問いかけるもの:ルワンダ大虐殺の背景と教訓, 府中市生涯学習セミナー「東京外国語大学連携講座 アフリカのいまを考える」, 国内会議, 府中市生涯学習センター, 口頭発表(一般), 府中市生涯学習センター, 2012年
  • アフリカの石造建築:エチオピアのゴンダール様式, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」2011年度公開国際シンポジウム, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「アフリカ文化研究に基づく多元的世界像の探求」, 口頭発表(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • 言語分布に見るエチオピアの歴史, 2011年度AA研言語研修アムハラ語講座文化講演, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭発表(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • イエズス会エチオピア布教年報に関する一考察:ブラガ地方文書館MS779の史料的意義を中心に, 日本アフリカ学会第48回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, ポスター発表, 弘前大学, 2011年
  • イエズス会史料に見える北部エチオピアの自然環境と農業, 第1回紅海社会研究会, 国内会議, 紅海社会研究会, 口頭発表(一般), 東京外国語大学本郷サテライト, 2011年
  • もうひとつのキリシタン時代:知られざるイエズス会エチオピア布教, 日本ナイル・エチオピア学会第20回学術大会, 国内会議, 日本ナイル・エチオピア学会, 口頭発表(招待・特別), 長崎大学, 2011年
  • エチオピアの「帝国」とアフリカ人種論, 第5回帝国史研究会, 国内会議, 帝国史研究会, 口頭発表(一般), 武蔵大学, 2011年
  • 北部エチオピアのエンセーテ:関連史料の再検討, アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用共同研究課題「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化」2010年度第2回研究会, 国内会議, アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用共同研究課題「歴史的観点から見たサハラ以南アフリカの農業と文化」, 口頭発表(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年
  • ハム仮説とエチオピア:19世紀中葉イギリスの人種論におけるエチオピア, 日本オリエント学会第52回大会, 国内会議, 日本オリエント学会, 口頭発表(一般), 国士舘大学, 2010年
  • ハム仮説とエチオピアの「ガッラ」, 日本アフリカ学会第47回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 近畿大学, 2010年
  • エチオピアの文字文化:アフリカ史におけるエチオピア例外論についての一考察, 第5回アフリカ史研究会, 国内会議, アフリカ史研究会, 口頭発表(一般), 世界史研究所, 2009年
  • 北部エチオピアにおけるエンセーテ利用についての史的考察, 第107回史学会大会, 国内会議, 史学会, 口頭発表(一般), 東京大学, 2009年
  • イエズス会史料に見えるエチオピアのキリスト教王国, 2009年度第3回AA研フォーラム, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭発表(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2009年
  • 北部エチオピアのエンセーテ:ブルース説の再検討, 日本アフリカ学会第46回学術大会, 国内会議, 日本アフリカ学会, 口頭発表(一般), 東京農業大学, 2009年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

  • 科学研究費 基盤研究(C) 植民地期PALOPにおける主食用作物栽培とその社会的影響に関する研究(2015年度-2017年度)
  • 科学研究費 若手研究(B) ポルトガル語史料を用いたアフリカにおけるキャッサバの普及に関する歴史学研究(2011年度-2013年度)

Last updated on 2021/10/17

PAGE TOP