花薗 悟 (HANAZONO Satoru)

氏名 / Name 花薗 悟 (HANAZONO Satoru)
所属職名 / Affiliation 大学院国際日本学研究院/准教授
Institute of Japan Studies/Associate Professor
電子メール / Email hanazono@tufs.ac.jp
ウェブページ / Website
取得学位 /
Academic Credentials
  • 修士(言語学)(東京外国語大学) 1997年
    M.A.(linguistics)(Tokyo University of Foreign Studies) 1997
  • 博士(言語文化学)(大阪外国語大学) 2000年
    Ph. D.(Language and culture)(Osaka University of Foreign Studies) 2000
専門分野(科研費分類) /
Research Field(s) (by KAKEN)
  • 日本文法学
    Japanese grammar
研究キーワード /
Research Keywords

学歴 / Academic Achievement

  • 1992年03月 東京外国語大学外国語学部日本語学科 卒業
    1992.03 Tokyo University of Foreign Studies Faculty of Foreign Language Graduated
  • 1997年03月 東京外国語大学地域文化研究科博士前期課程 修了
    1997.03 Tokyo University of Foreign Studies Graduate School, Division of Regional Culture Completed
  • 1997年04月 東京外国語大学地域文化研究科博士後期課程 中退
    1997.04 Tokyo University of Foreign Studies Graduate School, Division of Regional Culture Unfinished Course
  • 2000年03月 大阪外国語大学言語社会研究科博士後期課程 修了
    2000.03 Osaka University of Foreign Studies Completed

所属学会 / Affiliated Academic Societies

    • 日本語学会
      The Society for Japanese Linguistics

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • 沖縄首里方言における連体修飾複文―「内の関係」を表す連体修飾―, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 45号, 191-204, 2019年
    On adnominal clauses in Shuri Okinawan, Bulletin of Japanese Language Center for International Students, (45), 191-204, 2019
  • 日本語教育は危機言語教育に寄与できるか, 東京外国語大学国際日本学研究報告 no.3, 3巻, 17-20, 2018年
  • 沖縄首里・那覇方言の「~ティ イチュン/チューン」(「~て いく/くる」)について, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 44号, 49-63, 2018年
  • 初級沖縄語教育における動詞活用の導入について, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集 , 42号, 73-84, 2016年
    How to Teach Verb Inflections of Okinawan, Applying the Methodology of Japanese Pedagogy, Bulletin of Japanese Language Center for International Students, (42), 73-84, 2016
  • 沖縄語のカラ格について, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 41号, 173 -183, 2015年
    On kara-case in Naha And Shuri dialect of Okinawan, Bulletin of Japanese Language Center for International Students, (41), 173 -183, 2015
  • 願望表現, 日本語大事典, 460-461, 2014年
    expression of desire, desiderative, An encyclopedia of Japanese language and lingistics, 460-461, 2014
  • 希求, 日本語大事典, 471-471, 2014年
    optative, An encyclopedia of Japanese language and lingistics, 471-471, 2014
  • 日本語教育の方法論を応用した初級沖縄語教科書について , 「日本語・日本学研究 」4, 4号, 111-129, 2014年
    An essey of developing an elementary Okinawan textbook adapting the methodology of Japanese pedagogy, (Journal for Japanese studies) no.4 p.111 -129, (4), 111-129, 2014
  • 「現代首里方言」動詞のティ形について, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 40号, 161-171, 2014年
    On "ti-form" of modern Shuri dialect of Okinawan, (Bulletin of Japanese Language Center for International Students, (40), 161-171, 2014
  • 民主主義科学者協会言語科学部会-昭和20年代の奥田靖雄-, 国文学 解釈と鑑賞, 76巻1号, 171-182, 2011年
  • 満洲国時代の奥田靖雄, 国文学 解釈と鑑賞, 950号, 164-170, 2010年
  • 『~にあたって』について, 『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』31 東京外国語大学, 2005年
  • 『Nを 通して』と『Nを 通じて』, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 30号2004年
    On the postposition "N wo tooshite/tuuzite"(30)2004
  • 『Nに わたって』について, 東京外国語大学留学生日本語教育センター論集, 29号2003年
    On the postposition "N ni watatte"(29)2003
  • 言語学者奥田靖雄氏の満州時代について, 『近現代東北アジア地域史研究会 NEWS LETTER』15 近現代東北アジア地域史研究会, 2002年
  • 文法形式としてのモダリティ, 博士学位論文 大阪外国語大学, 1999年
    Modality as a grammatical category1999
  • 条件形複合用言形式の認定, 『国語学』197 国語学会, 1999年
    On the conditional verb-complex in modern Japanese1999
  • 希望形式の過去 -「~したかった」の文について-, 『日本研究教育年報(1997年度版)』 東京外国語大学日本課程, 1998年
    On the sentence of "~shitakatta"1998

著書 / Books

  • 『初級沖縄語』, 研究社, 教科書, 単著, 2020年
    Okinawan:An Introduction, Kennkyusha, Textbook, Single Author, 2020
  • 日本語教育学研究への展望―柏崎雅世教授退職記念論集 , ひつじ書房, 単行本(学術書), 共編著, 2009年
  • 『複合助詞がこれでわかる』, ひつじ書房, 単行本(学術書), 共著, 2007年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

  • 科学研究費 挑戦的萌芽研究 危機言語継承教育に対する日本語教育の方法の適用―沖縄語を対象として―(2013年度-2014年度)

Last updated on 2020/6/27

PAGE TOP