トップ » CAASについて

CAASについて

アジア・アフリカ研究・教育コンソーシアム(CAAS)は、アジア・アフリカ地域を対象とする研究で世界のトップレベルにある4つの高等教育機関が、アジア・アフリカ地域を対象とした研究・教育活動につい て連携を強めるため、2007 年3月に設立されました。

グローバリゼーションの進行する今日、アジア及びアフリカの占める役割は重要性を増してきつつあります。しかし、これらの地域は、極めて多様性に富んでいることから、一つの大学や研究機関のカバーする範囲には自ずと限界があり、幅と厚みのある研究・教育を行うためには、複数の機関による連携が必要とされていました。CAASでは、アジア・アフリカ研究において長い伝統と高いレベルを誇ってきた大学が、相互の結びつきをより強固にし、国境を越えた協力体制を築くことにより、世界のアジア・アフリカ研究に新たな広がりをもたせて行くことを目指します。

協定書

(2007年3月7日) 

Appendix (2010年4月14日)

Appendix (2011年3月10日)

Appendix (2017年2月23日)

CAASトップページ

____________________________________________________________
国際化拠点室
Copyright©2010 Tokyo University of Foreign Studies, All Rights Reserved

このページの先頭へ