本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



 

にほんご指導者養成プログラム

お申込み受付は、2月22日(水)午前10:00から開始します。
詳しくは、「お申込み」のページをご覧ください。


日本語教育入門(本郷・昼間)

講座名 日本語教育入門(本郷・昼間)

J1704104

会場名 本郷サテライト 曜日・時間 金曜日 16時30分~18時00分
開講日

2017年4月7日~6月30日 (休講日 5月5日)

講師 柏崎 雅世(本学元教授)
重点を置く学習内容 文法・会話・リスニング・文字・発音・作文・その他(それぞれの項目の指導法)
受講対象者 初めて日本語教育の世界に足を踏み入れてみたいと思う方、また、教えることまでは考えていないが、日本語を外国語として捉えてみたいと考えている方を対象とする。
講座説明

1. 日本国内、および世界における日本語教育の現状や日本語教育の変遷を概観して、どのような日本語教師が期待されているのかを考える。 2. 外国語として日本語を教えるために、国語教育も視野に入れながら、日本語教育の具体的な内容(言語要素)、方法(技能別指導法)、教室活動を学び、現場に立つ準備を進める。

テキスト 教材配布(講師作成のハンドアウトを使用)
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月7日
4月14日
4月21日
4月28日
5月12日
5月19日
5月26日
6月2日
6月9日
6月16日
6月23日
6月30日
1.日本語教育の世界 2.期待される日本語教師像
1.日本語教育の変遷  2.日本語教授法概観
1.各種スタンダード 2.コースデザイン・シラバス
国語教育と日本語教育
日本語教育の内容1:音声
日本語教育の内容2:文字表記
日本語教育の内容3:語彙
日本語教育の内容4:文法
日本語教育の技能別指導法1:読む指導
日本語教育の技能別指導法2:話す指導
日本語教育の技能別指導法3:書く指導
1.日本語教育の技能別指導法4:聞く指導 2.まとめ
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
柏崎
回数

全12回

受講料

25,200円

開講形式 単独講義 定員 20名

日本語教育専門Ⅰ(本郷・夜間)

講座名 日本語教育専門Ⅰ(本郷・夜間)

J1704105

会場名 本郷サテライト 曜日・時間 木曜日 19時00分~20時30分
開講日

2017年4月6日~6月29日 (休講日 5月4日)

講師 中村 則子(本学非常勤講師)
姫野 昌子(本学名誉教授)
藤森 弘子(本学教授) 
重点を置く学習内容 会話・リスニング・発音・その他(コミュニケーション能力・語彙)
受講対象者 2015年度、2016年度の「実践日本語教育」を受講された方
若干の日本語教育経験がある方や、日本語教育の基礎知識を持っている方
日本語教育能力検定試験に合格された方
他機関で420時間の日本語教師養成講座を受講された方
講座説明

1. 日本語の音声指導:日本語音声の特徴を概観した上で、自らの外国語発音学習の経験を思い起こし、日本語音声の指導方法について考える。 
2. 日本語教育における教室活動:教室内でコミュニケーション能力を高める活動を検討する
3. 日本語の語彙指導:
①学習者のつまずきやすい点に留意し、効率よく基本的な語彙力を習得する方法を考える。
②一方的な講義ではなく、自発的思考力を促すため、出席者による意見交換も行う

テキスト 教材配布(講師作成のハンドアウトを使用)
日程 各回の授業内容 講師名
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
4月6日
4月13日
4月20日
4月27日
5月11日
5月18日
5月25日
6月1日
6月8日
6月15日
6月22日
6月29日
日本語の音声指導ー日本語の音声の特徴
日本語の音声指導ー単音の指導
日本語の音声指導ーリズムの指導
日本語の音声指導ー韻律の指導
日本語教育における教室活動の実践:初級
日本語教育における教室活動の実践:中級
日本語教育における教室活動の実践:技能別
日本語の語彙指導-語彙の多様性と分類
日本語の語彙指導-語構成と造語法
日本語の語彙指導-意味分析と指導法
日本語の語彙指導-似たことばの使い分け(1)
日本語の語彙指導-似たことばの使い分け(2)
中村
中村
中村
中村
藤森
藤森
藤森
姫野
姫野
姫野
姫野
姫野
回数

全12回

受講料

25,200円

開講形式 単独講義 定員 20名

にほんご指導者養成プログラム 概要

【趣旨】

 国内外における日本語教育と学習ニーズの高まりを背景に、社会人等に対して、体系的で実践的な日本語の指導を行うことのできる人材「にほんご指導者 」育成を目指したプログラムを提供します。
 本プログラムは2~3年にわたる系統だった教育枠組みを提供し、(1) 日本語教育の基礎知識、概論知識、そして技能実習を含む専門教育を行い、 (2) プログラムの履修者に対して能力水準判定を経て、にほんご指導者の認定を行います。

【対象者】

社会人(学生等の受講を排除するものではありません)

【内 容】

 本プログラムは、本学の日本語教育の実績を活かした体系的で実践的な日本語の指導能力と技能の習得を目指した教育プログラムです。
 日本語教師の資格の目安として、日本語教育能力検定試験を受けたり、420時間以上の日本語教育に関する研修を受講することが求められます。しかし、日本語教育能力検定試験の出題範囲は多岐にわたり、また、420時間の研修も達成には時間がかかります。
 本プログラムでは、日本語教育能力検定試験の出題範囲のうち、特に日本語、日本語教育に特化し、日本語教育のエッセンスを厳選しました。座学による知識習得だけでなく日本語教育実習やインターンといった技能実践を含む総時間数150時間以上の質の高い日本語教育プログラムを提供します。本プログラムを受講することにより、日本語教師としての実践力および次のステップにつながる基礎力を養成します。

【認定証】

 プログラムの修了者には、能力水準判定を行ったうえで、所定の能力水準であることを示す認定証を、東京外国語大学オープンアカデミー名により、交付します。
※認定証を発行された方は、「東京外国語大学・オープンアカデミー にほんご指導者ネット」(仮称)に登録していただだきます。同ネットを通じ、修了者に対して日本語教育に関する情報等を提供します。

オープンアカデミー
に関するお問い合わせ
(平日 9:00-17:00)
東京外国語大学 総務企画課
電話:042-330-5823
FAX:042-330-5140
Eメールでのお問い合わせ

Copyright© Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.