『語学研究所論集』執筆要項
1. 体裁:B5版。スタイルシートによる。

2. 枚数:論文は20ページ程度、研究ノートは10ページ程度。

3. 分量:論文は21000字程度、研究ノートは10000字程度。
  レジュメの字数は、日本語400〜600字、外国語300語程度。

4. マージン:上下32ミリ、左右23ミリ。

5. 句読点:「,」(全角コンマ)及び「.」(全角ピリオド)

6. 本文:10ポイント相当。原則として、日本語(明朝体)、欧文(Times体)。

7. 見出し:MSゴチック。章見出しを入れる。表記は1. 2. …とする。

8. タイトル:12ポイント相当、中央揃え。
  サブタイトルは11ポイント相当。位置は2行目、中央揃え。

9. 執筆者名:12ポイント相当。位置はタイトルから1行空け、右揃え。
  本文が日本語の場合は日本字、外国語の場合は外国語で書く。
    (例) 山田 太郎     Taro YAMADA
        山田 一

10. こちらでレイアウト編集する関係上、ヘッダ及びフッダ(ページ番号)は打たないでください。

11. 提出していただくもの:
(1) 「電子データ」及び「B5版あるいはB5版相当でプリントアウトした完全原稿」
(2) 表題の外国語訳(目次用)。
(3) 要旨(論文の場合)。研究ノートの場合は提出不要。
  日本語で執筆の場合は日本語以外のもの、日本語以外で執筆の場合は日本語のものを提出。

12. 原稿の提出方法:
(1) 「電子データ」
  原則としてMS-WORD作成のうえ、 WORDファイルとPDFファイルの2種類を提出してください。
  提出方法は、フロッピーディスク、或いはメール添付のファイルとします。
(2) 「B5版あるいはB5版相当でプリントアウトした完全原稿」
  電子データ以外に、レイアウト済みでプリントアウトした原稿を提出してください。
  体裁はB5版でお願いします。ただし、お使いのプリンターの都合上、B5版用紙でプリントアウトが不可能な場合は、A4版用紙にB5版をプリントアウトしたものでも構いません。
 

▲ ページ先頭へ戻る

© All rights reserved. Institute of Language Research, Tokyo University of Foreign Studies.