東京外国語大学

新着情報

新着情報大泉町でポルトガル語劇を上演しました

2017.12.18

大泉町でポルトガル語劇を上演しました

2017年12月9日(土)、本学でポルトガル語を主専攻言語として学ぶ2年次の学生が、群馬県大泉町の文化むら小ホールで、本年度の外語祭で上演したポルトガル語によるブラジルの喜劇Lisbela e o prisioneiro(リズベーラと囚人)の公演(共催:ブラジル総領事館)を実施しました。会場はほぼ満席となり、大泉町長の村山俊明氏と、ブラジル総領事館のルイーザ・オルタ・バルボーザ副領事が来場されました。 大泉町はブラジル人が多く居住している地域です。当日は多くのブラジル人の親子連れが来場し、字幕を介すこともなく即座に返ってくる反応に刺激され、学生たちの演技にもひときわ熱がこもりました。
また語劇の上演に先立ち、地元の子どもたちによるオーケストラ「国境なき音楽団」の演奏が披露されました。
上演終了後、学生らはブラジルの子どもたちとの交流を楽しみました。

 ▼「(学生)群馬県大泉町でポルトガル語劇上演」報告はこちら(東京外国語大学HP)

 ▼開催のお知らせはこちら(多言語・多文化教育研究センターHP)