東京外国語大学

活動報告

活動報告フランスからインターンシップの大学院生2名がセンターを訪問しました

2016.09.12

フランスからインターンシップの大学院生2名がセンターを訪問しました

2016年9月5日(月)に、国際交流基金パリ日本文化会館による日本語普及事業「自主訪日研修」インターンシップ・プログラムの一部として、日本語教育専攻の大学院生2名(イナルコ・パリディドロ大学共同日本語教育専攻修士課程)が本学で研修を実施しました。
2人は、当センターを訪問し、研修生の研究テーマである「年少者日本語教育と教材制作」「複数言語文化環境で生きる子どもたちのことばの教育やキャリア形成」について、「日本では学校での日本語学習のための教材開発をしていますか。」「日本語の教員の研修はしていますか。」など熱心に質問をしていました。

詳しくは、大学ホームページ「トピックス」をご覧ください。