2014年11月8日 第2回FINDAS国際ワークショップ ”Rethinking Indian Cinema” <終了しました>

掲載日 | 2014年10月01日

東京外国語大学拠点FINDASでは、来る11月8日(土)に「2014年度第2回FINDAS国際ワークショップ “Rethinking Indian Cinema”」を開催いたします。インドの映画産業や映画コンテンツの系譜を通して、インド世界の同時代的な諸相を明らかにする試みです。
※本研究会はどなたでもご参加可能です。事前のご連絡は不要です。

*************************************************

2014年度 第2回FINDAS国際ワークショップ

タイトル
“Rethinking Indian Cinema”
日時:2014年11月8日(土)13:00-18:00
場所:東京外国語大学本郷サテライト 5階セミナールーム

発表者 1
Anil ZANKAR (Freelance, Vividha Communications)
タイトル
“The Innovative Parallel”

内容:
The term ‘Bollywood’ has become fashionable in India and outside of India while discussing Indian films. It is a problematic label tied to the bulk of Hindi films making them as if the flagship of popular Indian culture over the years. Hindi cinema does have the advantage of being a pan-Indian audience and rides on the back of Hindi being the national language. However, it should be pointed out that Hindi has been a language of a large area essentially states like UP, Bihar, Rajasthan, Chattisgarh, Jharkhand and MP mainly and many large language groups exist in India outside this area. The other regional film industries have been strong and have their own histories. While the mainstream Hindi films by and large deal in stereotypes; changing only superficially, the innovation is present in greater measure in the regional films. This innovation has a history of a few decades in the post-Independent India. It has occurred over this period in the form of various movements having different impulses.

発表者 2
Fumiko OSHIKAWA (Kyoto University)
タイトル
Hindi Films in Multiplex Age: Citizenship and ‘Others’

内容
調整中

※コメンテーター
Hiroshi YAMASHITA (Tohoku University)

言語:英語(通訳無し)

2014年10月13日 第3回FINDAS研究会「Lindsey Harlanさん講演会」のお知らせ <終了しました>

掲載日 | 2014年09月11日

pos-20141013東京外国語大学拠点FINDASでは、2014年度第3回FINDAS研究会を10月13日(月・祝)に開催いたします。今回は南アジアの宗教研究でご著名なコネチカット大学のLindsey Harlanさんをお招きし、メーワール地方の女神と王権に関するご講演いただく予定です。

※本研究会はどなたでもご参加可能です。事前のご連絡は不要です。

 

 

2014年度 第3回FINDAS研究会

日時:2014年10月13日(月・祝)13:00~17:00
場所:東京外国語大学本郷サテライト 7階会議室

Lindsey Harlan(Professor of Religious Studies, Connecticut College)講演会

タイトル:
“A Battle of Wits: The Jain Goddess Gevar Bai and the Great King Raj Singh”

内容:
ラージプート王権と深く結び付いたジャイナ教の女神の活躍。そして、王子を生き返らせたジャイナ教の聖人。語り継がれる伝説の多様なヴァリエーションから、ジャイナ教と王権との、複雑で流動的な関係の歴史が紡ぎ出される。17世紀から現代まで、時を越えて人びとの心を掴み続けてきた物語から、ラージャスターン南部に広がる宗教世界のあり方を捉えようとする試み。

言語:英語

以上、よろしくお願いいたします。

 

2014年7月5日 第2回FINDAS研究会「南アジア・市民活動のアクチュアリティ」のお知らせ <終了しました>

掲載日 | 2014年06月18日

東京外国語大学拠点FINDASでは、2014年度第2回FINDAS研究会を7月5日(土)に開催いたします。万障お繰り合わせのうえ、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

※本研究会はどなたでもご参加可能です。事前のご連絡は不要です。
**************

2014年度 第2回FINDAS研究会

全体テーマ:
「南アジア・市民活動のアクチュアリティ」

日時:2014年7月5日(土)13:00-17:00
場所:東京外国語大学本郷サテライト 5Fセミナールーム

・発表者1:田口陽子(日本学術振興会特別研究員(PD)京都大学)

タイトル:
「市民社会」と「政治社会」の相互関係――ムンバイの市民運動を事例に

要旨:
本発表は、インドの都市部で近年盛り上がりを見せる市民運動について、「市民社会」と「政治社会」の関係性という観点から報告する。二つの相互に関連し合う社会概念のカテゴリーが、インドの社会科学、都市行政、メディア、市民活動家たちの間でどのようにリアリティを形成しているのかを検討する。

・発表者2:大橋正明(聖心女子大学)

タイトル:
「インドNGOの光と影」

要旨:
インドや南アジアに40年間ほどNGOの活動家として関わってきた者としての経験を土台に、本発表ではマクロ的な視点から、インドのNGOの主要な特徴と課題について述べる。その中で、南アジアの他の主要国と比較するが、最後は特に西ベンガル州とバングラデシュのマイクロクレジットを巡るNGOの状況の対比を行う。
以上よろしくお願いいたします。

2014年6月3日 第1回FINDAS研究会「Dalit Studies Today」 <終了しました>

掲載日 | 2014年05月07日

研究会「Dalit Studies Today」のポスター東京外国語大学拠点FINDASでは、ダリト研究者お二人を招聘し、研究会を6月3日(火)に開催いたします。本研究会は、科研「近現代インドにおける食文化とアイデンティティに関する複合的研究」(基盤(B)代表:井坂理穂)との共催となります。

※本研究会はどなたでもご参加可能です。事前のご連絡は不要です。

 

 

 

2014年度 FINDAS研究会(研究グループ1)

Title: “Dalit Studies Today”

Date: June 3, 2014 (Tuesday), 18:00-20:00
Venue: Collaboration Room 1, 4th Floor, Building 18, Komaba Campus, the University of Tokyo
(東京大学 駒場キャンパス18号館 4階コラボレーション・ルーム1)
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html)

発表者1: Ramnarayan RAWAT (University of Delaware)
“Parallel Public and Dalit Genealogies of Indian Democracy”

Drawing from the activities of the Adi-Hindu Mahasabha and Swami Achutanand’s writings in the early twentieth century, this paper analyzes Dalit organizations that played a crucial role in constituting two important forms of democratic practice. It first traces the emergence of the innovative practice of counter-demonstrations, in which Dalit groups actively contested Congress agendas and outlined their own agendas. And second, it examines the Adi-Hindu Mahasabha’s use of printed publications to frame and articulate a political critique of power.

発表者2: Shahana BHATTACHARYA (Kirori Mal College, University of Delhi)
“Labour as Caste or Caste as Labour?: Tannery workers’organisations Madras and Calcutta c. 1930-1970”

This paper poses once again the old questions about the inter-relationship of labouring and caste identities as these emerged historically. Located at the cusp of ‘labour’ and ‘dalit’ studies, it urges an integrated approach to build an understanding of these intimately intermeshed structures and identities. It argues these points from a closer historical study of the politics of caste and labour in the leather tanning industry from about the early 20th century till the early 1960s. It examines specifically how caste, class and labour process informed and moulded each other in the making of the earliest unions of the tannery workers in two important leather producing areas – Madras, comprising several linked clusters across the province, and the concentrated cluster in Calcutta.

言語:英語(通訳無し)

2014年5月31日 国際ワークショップ「’Untouchability’ in India and Japan: Labour and Space」 <終了しました>

掲載日 | 2014年04月23日

FINDAS International Workshop (2014) Poster_result東京外大拠点(FINDAS)では、5月31日(土)に「’Untouchability’ in India and Japan: Labour and Space」と題して国際ワークショップを開催いたします。「不可触性」に関するインドと日本における研究成果を接合させる試みです。

国際ワークショップ
「’Untouchability’ in India and Japan: Labour and Space」

場所:東京外国語大学府中キャンパス(アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール)
(アクセス http://www.tufs.ac.jp/access/
日時:2014年5月31日 10:30-(受付開始10:00)
言語:英語(同時通訳付き)

※詳しい内容は下記プログラムをご覧ください。
※どなたでもご参加いただけます。事前のご連絡は不要です。

================================================
FINDAS International Workshop 2014

Title:
‘Untouchability’ in India and Japan: Labour and Space

Venue: Tokyo University of Foreign Studies (Fuchu Campus),
Agora Global, Prometheus Hall
(access: http://www.tufs.ac.jp/access/)

Date: 31st May (Sat.), 2014
Opening Address 10:30-10:35
Kodai KONISHI (Research Fellow of FINDAS)

Keynote Speech 10:35-10:45
Toshie AWAYA (Director of FINDAS)

Session
Chair: Riho ISAKA (The University of Tokyo)

1. Miwako SHIGA (Senshu University) 10:45-11:30
Human Rights Depending on the Goodwill of the Majority? :
Prohibition of Forcible Conversion Act and Dalit Struggle at the ‘Public’ Sphere

2. Shahana BHATTACHARYA (Kirori Mal College, University of Delhi, India) 11:30-12:15
‘Untouchable’ Leather and ‘Suitable’ Labour:
Stigma, Caste and Work in the Leather Industry in Late Colonial India

Lunch 12:15-13:30

3. Tsutomu TOMOTSUNE (Tokyo University of Foreign Studies) 13:30-14:15
Domination with Discriminatory Integration:
Multilayered Subcontracting System and Buraku’s Strategy

4. Ramnarayan RAWAT (University of Delaware, USA) 14:15-15:00
Spatial and Occupational Exclusion:
A Comparative History of Untouchability in India and Japan

Tea Break 15:00-15:20

Comments: 15:20-16:00
Takashi SHINODA (Daito Bunka University)
Kiyonobu HIROOKA (Osaka University of Tourism)

General Discussion 16:00-17:20

Closing Remarks 17:20-17:30
Riho ISAKA (The University of Tokyo)

Reception 18:00- 19:30