【終了】2017年度 FINDAS共催国際シンポジウム 「南アジアにおけるベンガルを問う」(5/13)

掲載日 | 2017年04月17日

 

南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、5月13日(土)に、

東京外国語大学府中キャンパスにて、下記のとおり共催シンポジウムを開催いたします。

 

※予約不要でどなたでもご参加いただけます。


国際シンポジウム

「南アジアにおけるベンガルを問う」

 

日時: 2017年5月13日(土) 13:30~17:00(13時開場)

場所: 東京外国語大学研究講義棟227教室

http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html

◇シンポジウム終了後、意見交換会を予定しております

 

◆基調講演 谷口晉吉(東京外国語大学)

「ベンガル地域研究の基本視座を求めて」

 

◆コメンテーター

藤田幸一(京都大学)

田辺明生(東京大学)

ジョシ・アバイ(金沢星稜大学)

◆司会 粟屋利江(東京外国語大学)

 

ベンガル地方は南アジアの最東端に位置し、歴史的に見て、東南アジア世界、東アジア世界と重なり合う境界地帯といってよい。その様な境界地帯が、いかにしてベンガルというアイデンティティを獲得し、南アジア世界の中に位置づけられたのか?ベンガルが南アジア世界の辺境に位置するということが、その歴史や社会にどのような特徴を与えたのか?ベンガルは南アジアの中で例外的、あるいは、異端的な存在なのか?ベンガルの部族、カースト、農業社会構造、農家経営の階層性などを長期的視点から考察して、ベンガル地域研究の基本的な視座を見出したい。

 

主催:科学研究費補助金基盤(A)「批判的地域主義に向けた地域研究のダイアレクティック」(代表 小川英文)

共催:東京外国語大学 海外事情研究所

人間文化研究機構ネットワーク型機関研究プロジェクト地域研究推進事業 東京外国語大学拠点南アジア研究センター(FINDAS)


 

【終了】 2017年度 第一回若手研究者セミナー「日常的実践からみるスリランカ社会」 (4/16)

掲載日 | 2017年03月22日

南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、4月16日(日)に、
東京外国語大学本郷サテライトにて、下記のとおり研究会を開催いたします。

※予約不要でどなたでもご参加いただけます。

____________________________________________________________________________________

2017年度 第一回FINDAS若手研究者セミナー

「日常的実践からみるスリランカ社会」

日時: 2017年4月16日(日) 13:00~17:00予定
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 3階・セミナー室(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

◆Nirmala Ranasinghe(立教大学大学院観光学研究科研究生)

「スリランカ社会におけるビーチボーイのエンパワーメント――スリランカ・ヒッカドゥワを事例に」
Empowerment of Beach Boys in Hikkaduwa, Sri Lanka

 

ビーチボーイとは、海浜地域でインフォーマルな観光セクターに従事する若い男性のグループの通称である。本発表では、生き残るための手段として観光に携わっていたビーチボーイの生活戦略の目的は、「生存」よりも「向上」戦略へ変わり、彼らは経済的または社会的なエンパワーメントを獲得していることを議論する。
◆梅村絢美(日本学術振興会特別研究員PD)

「苦痛のイディオム、不幸のイディオムーースリランカ・シンハラ社会におけるドーサをめぐって」
Idioms of Distress and of Misfortune–About Dosa in Sinhalese

 

シンハラ人たちはしばしば、身体的な不調をワータ・ピッタ・セマという3つのドーサ(dosa)によって表現する。ドーサはまた、「障り」と訳されるように、不幸や禍の説明因子としても動員される。マーク・ニッチャーはかつて、シンハラ社会における人びとの不調をあらわす特有の表現を「苦痛のイディオム」と呼んだ。本発表では、苦痛や不幸を引き起こすとされるドーサについて、食物摂取や生活習慣などを通じて人びとがどのようにそれに対処し付き合っているのか検討する。

_________________________________________________________________________________________________

【お知らせ】 『東京外国語大学南アジア研究リサーチペーパー』No.1~5を刊行しました!

掲載日 | 2017年02月06日

『東京外国語大学南アジア研究リサーチペーパー』No.1~5のPDFファイルを掲載しました。下記の「研究成果」のページからダウンロードすることができます。

研究成果


製本冊子をご希望の場合には、送料着払いにてお送りいたします。FINDAS事務局のメールアドレス findas_office[at]tufs.ac.jpまで、メールにてお知らせください。

 

【終了】 2016年度 第六回FINDAS共催研究会 Western Imaginings of Spiritual India (2/7)

掲載日 | 2017年01月16日

南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、2月7日(火)17時から、
東京外国語大学府中キャンパスにて、下記のとおり共催研究会を開催いたします。

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。
____________________________________________________________________________________

2016年度 第六回FINDAS共催研究会

日時: 2017年2月7日(火) 17:00~19:00
場所: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 301
アクセス:http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access

※英語による報告

◆Prof. Meenakshi THAPAN
(Delhi School of Economics and Head, DS Kothari Centre for Science, Ethics and Education, University of Delhi)
http://sociology.du.ac.in/index.php/people/faculty?id=146

 

“Finding Faith : Western Imaginings of Spiritual India”
In its search for a meaningful disciplinary enterprise, anthropology
focuses on those ‘others’ who live at the edge of civilizational chaos, the
marginalized, underprivileged, those cast aside or abandoned, as well as
the middle classes and the elite, as they construct their social worlds. In
Asia, or atleast in India, our anthropological gaze is not focussed on
those western, European others (in the 20th century) who aspire to fulfil
their goals through an imagining of a social and ‘spiritual’ landscape in
India.
In this presentation, I argue that western imaginings of spiritual India
rest not merely on their efforts to embed themselves in a local spiritual
enterprise. More importantly, it rests on their understanding of their
active role, as they envisage it, in the context of a changing India. I
refer to these western (especially women) protagonists as the ‘new
missionaries’ who seek responsibility, and simultaneously fulfillment,
through their participation in spiritual living. In this manner, the
colonial gaze and the ensuing privilege is reproduced and enables them to
act in particular ways. No doubt, gender, sexuality, rejection, and
fulfillment and the inevitable place of charismatic others are all part of
this significant process of becoming in India.
◆コメンテーター: 松尾瑞穂(国立民族学博物館)
主催:AA研国際研究集会(AA研共同利用・共同研究課題「シングル」と家族 ―縁(えにし)の人類学的研究)
共催:科学研究費基盤A「ジェンダーに基づく暴力複合の文化人類学的研究」(代表・田中雅一 京都大学)
後援:東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)
連絡先:wakana@aa.tufs.ac.jp (椎野)

 

:::::::::

Date: 7th February 2017

Time: 17:00-19:00

Languages: English

Venue: Room 301, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa(ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies(TUFS)

Access: http://www.aa.tufs.ac.jp/en/about/access

Admission: Free

 

◆Presenter: Prof. Meenakshi THAPAN (Delhi University)

“Finding Faith : Western Imaginings of Spiritual India”

 

In its search for a meaningful disciplinary enterprise, anthropology
focuses on those ‘others’ who live at the edge of civilizational chaos, the
marginalized, underprivileged, those cast aside or abandoned, as well as
the middle classes and the elite, as they construct their social worlds. In
Asia, or atleast in India, our anthropological gaze is not focussed on
those western, European others (in the 20th century) who aspire to fulfil
their goals through an imagining of a social and ‘spiritual’ landscape in
India.
In this presentation, I argue that western imaginings of spiritual India
rest not merely on their efforts to embed themselves in a local spiritual
enterprise. More importantly, it rests on their understanding of their
active role, as they envisage it, in the context of a changing India. I
refer to these western (especially women) protagonists as the ‘new
missionaries’ who seek responsibility, and simultaneously fulfillment,
through their participation in spiritual living. In this manner, the
colonial gaze and the ensuing privilege is reproduced and enables them to
act in particular ways. No doubt, gender, sexuality, rejection, and
fulfillment and the inevitable place of charismatic others are all part of
this significant process of becoming in India.

 

◆Discussant: Mizuho Matsuo (National Museum of Ethnology)
Supported by Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
No.16H01969, Prof. Masakazu Tanaka, and the Center for South Asian Studies (FINDAS)

 

 

【終了】 2016年度 第五回FINDAS共催研究会 [科研基盤研究B・研究代表者:水野善文「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承 」](1/21)

掲載日 | 2016年12月27日

南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、1月21日(土)に、
東京外国語大学本郷サテライトにて、下記のとおり研究会を開催いたします。

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

____________________________________________________________________________________

2016年度 第五回FINDAS共催研究会[科研基盤研究B、研究代表者:水野善文「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承 」]

日時: 2017年1月21日(土) 13:00~17:00予定
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 7階・セミナー室(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
内容:
◆沖田瑞穂(中央大学・非常勤講師)
「現代インド映画における『マハーバーラタ』の英雄像の継承と編成ービーマ、アルジュナ、クリシュナを中心として(中間報告)」
Succession and transition of Images of the Mahābhārata Heroes in Contemporary Indian Movies – – Focusing on Bhīma, Arjuna, Kṛṣṇa

『Mahabharat』(2013年)と『Arjun: The Warrior Prince』(2012年)の二篇のアニメ映画において『マハーバーラタ』の英雄がどのように描かれているのか、原典との対比により考える。『Mahabharat』では、原典に見られる戦士像が現代に忠実に継承されている。『Arjun: The Warrior Prince』は、ディズニー映画として世界を視野に作成された背景から、神話性は剥奪され、アルジュナはあくまでただの人間、クリシュナの神性もまったく描かれない。
◆井田克征(金沢大学・非常勤講師)
「神について語ること:中世マラーティー語のバクティ文学から」
To Say Something about God: A Study on the Medieval Bhakti Literature of Mahārāshtra

本報告は,中世マハーラーシュトラにおいて展開したマハーヌバーヴ派の中で神の化身達に関する語りがどのようになされたのか調査し,そうした語りと信仰集団としての彼らのあり方との関わりを考察する。

 

<研究会終了後、科研関係者の打ち合わせ>