【終了】 2016年度 第一回FINDAS若手研究者セミナー: バングラデシュにおけるマイノリティの生活戦略(11/5)

掲載日 | 2016年10月14日

11%e6%9c%885%e6%97%a5%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、11月5日(土)に、
東京外国語大学本郷サテライトにて、下記のとおり研究会を開催いたします。

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。
_________________________________________________________

2016年度 第一回FINDAS若手研究者セミナー

「バングラデシュにおけるマイノリティの生活戦略(’How Do We Survive’: From Minorities’ Experiences in Bangladesh)」

日時: 11月5日(土)13:00~17:00
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 3階セミナールーム
内容:

石坂 貴美(日本福祉大学大学院アジア福祉社会開発研究センター 客員研究所員)

「マイクロファイナンス利用にみる人びとの暮らしを守る実践――バングラデシュのマイクロ医療保険調査を基に(Wisdom and Practices of Microfinance Members for Safety Net: Based on Data from a Survey of Micro Health Insurance in Bangladesh)」

バングラデシュでは社会保障制度が未整備であり、マイクロファイナンス(以下、MF)を利用する低所得者層のセーフティ・ネットは脆弱である。本発表では、MF機関が提供する医療保険に関する実態調査を基に、金融サービス利用によるMF利用者の暮らしを守る実践について考察する。情報の非対称性からサービス利用が妨げられる例がある一方で、少ない選択肢のなかから流動性、収益性、安全性といった金融商品の要素を見極めて利用する例もみられる。

上澤 伸子(東京外国語大学大学院総合国際学研究科 博士後期課程)

「バングラデシュにおける民族的・宗教的マイノリティ女性の就労選択 (The Choice of Work for Ethnic and Religious Minority Women in Bangladesh)」

本発表では、現代バングラデシュにおいて民族的・宗教的マイノティ集団ガロの女性が「稼ぎ手」としていかなる就労選択を行っているか、農村家族の生存戦略という観点から明らかにする。中北部国境地帯の調査村では、20~30代のガロ女性の半数が、村で主として農業に従事する一方で、半数は都市で看護師・美容師・家事使用人として働く。一般的に美容師や家事使用人は、社会的地位の低い職業としてネガティブにとらえられてきたが、本発表ではガロ女性固有のオルタナティブな就労機会としてとらえることとする。

______________________________________________________________________________________

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

FINDAS事務局

 

 

【終了】 2016年度 FINDAS共催 ダッカ・テロ事件ワークショップ (10/9)

掲載日 | 2016年09月18日
10%e6%9c%889%e6%97%a5%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a
東京外国語大学アジア・ アフリカ言語文化研究所基幹研究人類学班、FINDAS、
日本南アジア学会、(特活) アジア砒素ネットワーク共催ワークショップ

 

 

 

 

「ダッカのテロ事件とバングラデシュの若者たちーーその背景とこれからを考える」
日時: 2016年10月9日(日)14:00~17:30
場所: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・大会議室
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access

 

※参加無料、予約不要、転送歓迎

趣旨:
2016年7月1日のダッカ・テロ事件では、 バングラデシュの首都ダッカの高級住宅街にあるレストランを武装 集団が襲撃し、日本人7名を含む20名の犠牲者を出し、 それは日本でも大きな衝撃をもって報じられました。 1971年の独立以来、バングラデシュと日本は、 政府開発援助やNGOの取り組みを通して緊密な関係を築いており 、その開発の現場にたずさわる日本人が犠牲となったことに、 関係者の間には、深い悲しみと戸惑いの声があがりました。
本ワークショップでは、事件から3か月がたち、 その解明が進む中で、 バングラデシュをフィールドにする様々な研究者や実務家を招き、 この事件が生み出されたバングラデシュ社会の多様な背景や新たな バングラデシュとの関わりについて、多角的な視点から考えます。

プログラム:

◆開会挨拶 粟屋利江(東京外国語大学)
◆趣旨説明 外川昌彦(東京外国語大学AA研)
◆司会   丹羽京子(東京外国語大学)

<第一部>

◆高田峰夫(広島修道大学)
「ダッカのテロ事件-イスラーム研究との関連で」

◆南出和余(桃山学院大学)
「農村の若者の生活から見たテロ事件」

◆石山民子(アジア砒素ネットワーク)
「家庭やコミュニティの視点から振り返るダッカ事件」

◆外川昌彦(東京外国語大学AA研)
「ダッカの若者たちとテロ事件」

休憩

<第二部>

◆コメントとその後の展開   日下部尚徳(東京外国語大学)

リプライ、ディスカッション

◆閉会挨拶   堀口松城(元バングラデシュ大使、日本バングラデシュ協会会長)

※連絡先:  外川昌彦(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、fakir@aa.tufs.ac.jp)

以上です。
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
FINDAS事務局

【終了】 2016年度 第四回FINDAS研究会 Reading Together: Village Pasts and Futures in Hindi, Urdu, and English Novels (9/19)

掲載日 | 2016年08月15日

9月研究会南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、9月19日(祝・月)に、ロンドン大学 アジア・アフリカ研究学院(SOAS)のProf. Francesca Orsini氏をお迎えし、下記のとおり研究会を開催いたします。
貴重な機会となりますので、どうぞ奮ってご参加ください。

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

_____________________________________________________________________________

2016年度 第四回FINDAS研究会

日時: 2016年9月19日(祝・月) 13:00~17:00
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト3階セミナールーム
内容:

※英語による報告
Francesca Orsini
(Professor of Hindi and South Asian Literature at the School of Oriental and African Studies, University of London)

 

“Reading Together: Village Pasts and Futures in Hindi, Urdu, and English Novels”

What does it mean to take multilingualism seriously when studying literature? One way, this paper suggests, is to consider works on a similar topic or milieu written in the different languages and compare both their literary sensibilities and their social imaginings. Rural Awadh offers an excellent example, as the site of many intersecting processes and discourses—of shared Hindu-Muslim sociality and culture and Muslim separatism, of nostalgia for a sophisticated culture and critique of zamindari exploitation and socio-economic backwardness, as the home of Urdu and of rustic Awadhi. This chapter analyses three novels written at different times about rural Awadh—one set before 1947 and the others in the wake of the Zamindari Abolition Act of 1950 and the migration of so many Muslim zamindars from Awadh, either to Pakistan or to Indian cities. The first is Shivaprasad Singh’s Alag alag vaitarṇī (1967) , the other two are Qazi Abdul Sattar’s Urdu novel Shab-gazīda (1988) and the Awadh subplot in Vikram Seth’s A Suitable Boy (1993). Without making them representatives of their respective languages, by “reading together” these three novels I am interested in exploring how they frame and what they select of Awadh culture, how much ground and sensibility do they share, and how they fit within and contribute to broader traditions of “village writing” in Hindi, Urdu and Indian English.

 

◆コメンテーター 松木園 久子(大阪大学)

__________________________________________________________________________

以上です。
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。
FINDAS事務局

【終了】2016年度 第三回FINDAS研究会 Exploring Contemporary South Asia (7/5) 

掲載日 | 2016年06月16日

第三回FINDAS研究会 Exploring Contemporary South Asia

このたび、南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、7月5日(火)18時半より、東京大学・駒場キャンパスにて2016年度第三回研究会を開催い7月5日研究会たします。

アメリカ・オレゴン大学で教鞭をとるDr. Arafaat Valiani氏、Dr.Nadia Loan氏をお迎えし、
ガーンディーとRSSの運動と歴史的関係、および現代パキスタンの宗教教育とジェンダーをテーマに議論していただきます。

 

_______________________________________________________________________________________________________

2016年度 第三回FINDAS研究会

日時: 2016年7月5日(火)18:30-20:30
場所: 東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーションルーム2
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

内容:

※英語による報告

◆Dr.Nadia Loan
(Instructor, Department of Women’s and Gender Studies, University of Oregon)

“Handwriting the Quran: Inscribing Devotion in Contemporary Pakistan”

This paper examines inscriptional/writing practices among women participants of
Quranic study in urban Pakistan. New religious educational programs designed to teach women
the translation and interpretation of the Quran have become very popular in urban centers of
Pakistan. In particular, reading comprehension is braced and performed by the act of inscribing
the meaning of the Quran through one’s interpretive labor. This paper ethnographically explores
how new pedagogies and knowledge practices related to religious learning are employed in these
sites and mediate women’s relationship with the Quran.

◆Dr. Arafaat Valiani
(Associate Professor, Department of History, University of Oregon
http://history.uoregon.edu/profile/valiani/)

“Mohandas Gandhi and the Rashtriya Swayamsevak Sangh (RSS): Two Complex and Overlapping Social Movements in Colonial and Contemporary India”

Scholars of social movements and Indian nationalism juxtapose Mohandas Gandhi’s non-violent movement with the xenophobic Hindu nationalist movement that has organized ferocious episodes of ethnic cleansing against minority communities in contemporary India. Through a close reading of Gandhi’s writing on popular mobilization and resistance, and a detailed historical investigation of hitherto understudied Quit India Movement in 1942, I underscore the continuities and discontinuities between Gandhi’s satyagraha movement and the militant Hindu nationalist movement in the western Indian state of Gujarat in the colonial and postcolonial periods. In particular I describe the competing and complementary visions of both movements which emphasized the virtues of discipline, strategy and affective masculinity.

___________________________________________________________________________________________________________________

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

【終了】 2016年度第二回FINDAS研究会    [科研基盤研究(B) 研究代表者:水野善文 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承 」共催]

掲載日 | 2016年06月01日

研究会ポスター72016年度第二回FINDAS研究会

[科研基盤研究(B) 研究代表者:水野善文 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承 」共催]

日時: 2016年7月2日(土) 12:30~17:00
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 7階セミナー室  (〒113-0033 東京都文京区本郷2-14-10)

※本研究会は予約不要で、どなたでもご参加できます。

内容:

<第一部> ※英語による報告

◆Sreedevi Reddy(Hakuho Foundation International Japan Research Fellow & Visiting Fellow, Institute for Research in Humanities of Kyoto University)

“Love, Desire, and Sexuality in Triveni’s Novels: Centering Around ’Sothu Geddavalau’(She who was defeated, had Won)”

Triveni (Kannada:ತ್ರಿವೇಣಿ ) pen name of Anasuya Shankar (1928–1963), was a writer of modern Kannada fiction. Her novels have been women centric and known for, discussing psychological, emotional issues, and was among the first such writers in Kannada. I argue her writings helped in “raising feminist consciousness” of women by articulating issues faced by them in family, and society.

_______________________________________________

<第二部> ※日本語による報告

◆安永有希(東京外国語大学大学院博士後期課程)

「ヒンディー大衆文学作家デーヴキーナンダンの描く世界(The world of Devkinandan, a Renowned Novelist of Hindi Popular Literature)」

デーヴキーナンダン作品が読者の支持を得た一因として、インドの物語伝統の中で執筆したことが挙げられる。本報告では、スーフィーの恋愛詩・サンスクリット説話集・ダースターンを取り上げ、デーヴキーナンダン作品と比較し、その類似性を検討する。

◆高橋孝信(東京大学大学院元教授)

「タミル古代文学における自然――地勢・季節・時間・動植物(Natural background of Ancient Tamil Literature)」

紀元後1~2世紀のタミル古代文学の約8割をしめる恋愛文学では、テーマを暗示するための地勢・季節・時間・動植物が読み込まれる。今回の発表では、それらのうちのどれが重要なのかを再考する。

◆坂田貞二(拓殖大学名誉教授)

「ヒンディー語で16世紀に編まれた『ラーマの行いの湖』― その形成に資した先行作品群と後世の作品にそれがおよぼした影響(Hindi Epic of Rāmcaritmānas: With special Reference to the Preceding Sanskrit Rama Stories contributed to its Formation and the Later Works Formed under its Influence)」

16世紀のヒンディー語の東部方言でトゥルスィーダースが詠った『ラーマの行いの湖』は、物語の流れを古代叙事詩『ラーマーヤナ』から、思想的には14~15世紀にサンスクリット語で書かれた『アディヤートマ・ラーマーヤナ』から多くを得ていると言われる。その『ラーマの行いの湖』は後世の多くのラーマ物語に影響を及ぼした。ここでは16世紀のラーマ物語が、先行の作品をどう参照し、のちの作品にどういう影響をおよぼしたかを検証する。