【終了】 2016年度第二回FINDAS研究会    [科研基盤研究(B) 研究代表者:水野善文 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承 」共催]

掲載日 | 2016年06月01日

研究会ポスター72016年度第二回FINDAS研究会

[科研基盤研究(B) 研究代表者:水野善文 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承 」共催]

日時: 2016年7月2日(土) 12:30~17:00
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 7階セミナー室  (〒113-0033 東京都文京区本郷2-14-10)

※本研究会は予約不要で、どなたでもご参加できます。

内容:

<第一部> ※英語による報告

◆Sreedevi Reddy(Hakuho Foundation International Japan Research Fellow & Visiting Fellow, Institute for Research in Humanities of Kyoto University)

“Love, Desire, and Sexuality in Triveni’s Novels: Centering Around ’Sothu Geddavalau’(She who was defeated, had Won)”

Triveni (Kannada:ತ್ರಿವೇಣಿ ) pen name of Anasuya Shankar (1928–1963), was a writer of modern Kannada fiction. Her novels have been women centric and known for, discussing psychological, emotional issues, and was among the first such writers in Kannada. I argue her writings helped in “raising feminist consciousness” of women by articulating issues faced by them in family, and society.

_______________________________________________

<第二部> ※日本語による報告

◆安永有希(東京外国語大学大学院博士後期課程)

「ヒンディー大衆文学作家デーヴキーナンダンの描く世界(The world of Devkinandan, a Renowned Novelist of Hindi Popular Literature)」

デーヴキーナンダン作品が読者の支持を得た一因として、インドの物語伝統の中で執筆したことが挙げられる。本報告では、スーフィーの恋愛詩・サンスクリット説話集・ダースターンを取り上げ、デーヴキーナンダン作品と比較し、その類似性を検討する。

◆高橋孝信(東京大学大学院元教授)

「タミル古代文学における自然――地勢・季節・時間・動植物(Natural background of Ancient Tamil Literature)」

紀元後1~2世紀のタミル古代文学の約8割をしめる恋愛文学では、テーマを暗示するための地勢・季節・時間・動植物が読み込まれる。今回の発表では、それらのうちのどれが重要なのかを再考する。

◆坂田貞二(拓殖大学名誉教授)

「ヒンディー語で16世紀に編まれた『ラーマの行いの湖』― その形成に資した先行作品群と後世の作品にそれがおよぼした影響(Hindi Epic of Rāmcaritmānas: With special Reference to the Preceding Sanskrit Rama Stories contributed to its Formation and the Later Works Formed under its Influence)」

16世紀のヒンディー語の東部方言でトゥルスィーダースが詠った『ラーマの行いの湖』は、物語の流れを古代叙事詩『ラーマーヤナ』から、思想的には14~15世紀にサンスクリット語で書かれた『アディヤートマ・ラーマーヤナ』から多くを得ていると言われる。その『ラーマの行いの湖』は後世の多くのラーマ物語に影響を及ぼした。ここでは16世紀のラーマ物語が、先行の作品をどう参照し、のちの作品にどういう影響をおよぼしたかを検証する。

【終了】2016年度 第一回FINDAS研究会 「貞しき女性・浄なる女性――歴史学的アプローチから」 (4/23)

掲載日 | 2016年03月30日

4月23日研究会【修正版】2016年度 第一回FINDAS研究会

貞しき女性・浄なる女性――歴史学的アプローチから

Women’s Faith and Purity in History

 

日時: 4月23日(土)13:00~

場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 3階セミナールーム

内容:

◆横地優子(京都大学文学研究科)

生理は女性を清めるか?

Menstruation as a Purifier of Women: A Historical Approach

要旨:

前近代の南アジアにおいて(南アジアに限らないが)、女性の地位が社会的・文化的に低い理由の一つとして、生理があるために女性が「不浄な存在」とみなされることが挙げられる。一方で、生理は女性を浄化する機能があることがマハーバーラタや法典文献などで述べられているが、この点はこれまであまり注目されていないように思われる。その理由は、LeslieがStrīdharmapaddhatiの研究に基づく1996年の論文(“Menstruation Myths” in Myth and Mythmaking)で指摘しているように、後世の法典文献では、生理の浄化機能に「女性がレイプされた時」という限定がつくためである。しかし、このような限定化・矮小化は本来のものなのかという疑問が生じる。本発表では、叙事詩、プラーナ、法典文献をできる限り渉猟して、生理の浄化機能の矮小化が歴史的な産物であるという仮定の証明を試みる。またその場合に、いつ頃からという点も検討したい。

 

◆太田信宏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

完璧な妻か、完璧な夫婦か――『ハディバデヤ・ダルマ(貞女の法)』再読

The Perfect Wife or the Perfect Conjugality: Rereading Hadibadeya Dharma (Duties of a Devoted Wife)

要旨:

本報告では、1700年頃に南インド・マイスール王国の宮廷につかえる侍女が著したカンナダ語文献『ハディバデヤ・ダルマ(貞女の法)』を取り上げる。妻が遵守すべき規範について論じた他の同時代文献との比較も行いながら、夫婦関係を中心とした家庭生活に関する世俗道徳的な手引きとしての性格ももつ同書の内容的特徴を明らかにするとともに、当時の歴史的文脈のなかで同書がもつ意義についても考察する。

※本研究会はどなたでもご参加可能です。みなさまのお越しをお待ちしております。

【終了】2015年度 第三回FINDAS若手研究者セミナー 「サティー女神が生み出す<つながり> 」 (1/10)

掲載日 | 2015年12月17日

1月10日研究会ポスター2015年度 FINDAS 第三回若手研究者セミナー

サティー女神が生み出す<つながり>

: ラージャスターン州ラーニー・サティー寺院をめぐる祈りと運営のかたち

ラージャスターン州ジュンジュヌー県のサティー寺院で調査を進めてこられた田中鉄也さん(日本学術振興会特別研究員PD/国立民族学博物館)と、現代インドのサティー崇拝をテーマに博士論文を執筆されている相川愛美さん(デリー大学)をお迎えします。

※本研究会はどなたでもご参加可能です

日時: 2016年1月10日(日)13:00~17:00
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 5階セミナー室

内容:
◆相川愛美(デリー大学 Delhi University)
現代インドで生きるヒンドゥー教女性とその氏族女神の関係性――ラーニー・サティー女神信仰を事例として
The Relationship between Hindu Woman and Its Kula Devi (Family Deity) in Contemporary India : Focusing on Rani Sati Worship

要旨:
本発表では、13世紀に寡婦殉死し女神化されたラーニー・サティーに礼拝するインド・コルカタ在住のマールワーリー女性に着目することで、現代インド都市社会における女性の宗教像を明らかにする。19世紀からカルカッタへ移民したマールワーリー・アグルワールにとって、ラーニー・サティーは故郷とのつながりを表象する氏族女神であるだけではなく、女性たちにとっての「心の拠り所」ともいえる大きな存在である。本報告では、初めにラーニー・サティー寺院から出版されたテクストが提示する理想の女性像とそのテクストが書かれた背景を確認した後、ラーニー・サティーを信仰する一人の女性の日常生活と宗教活動を中心にして、女神とその女性たちの関係性について読み解こうとする。

 

◆田中鉄也(日本学術振興会)
現代インドにおける「公益の仕事」としてのヒンドゥー寺院運営――公益信託「ラーニー・サティー寺院トラスト」を事例に
Managing Hindu Temples for the “Public” in Contemporary India: A Case Study of a Public Trust named “Shree Rani Satiji Mandir Trust”

要旨:
本発表は、インド・ラージャスターン州のラーニー・サティー寺院を事例に、公益信託によるヒンドゥー寺院運営の特徴を詳らかにする。ジャーラーンという親族組織の極めて「私的」な女神信仰は、カルカッタに移住してきたマールワーリー・ジャーラーンが1920年代に自らの財産を「公的なもの」へと読み変える過程で、寺院へと姿を変えた。特定のコミュニティに限定した共助的活動に終始しているように見える寺院運営がいかに「公益の仕事」と解釈できるのか、本報告で分析する。

以上です。
みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

【終了】2015年度 第五回FINDAS研究会「Women’s Writings in Bengal(女が書くということ――ベンガルの場合)」(12/15)

掲載日 | 2015年11月24日

12月15日ポスターこのたび、東京外国語大学拠点(FINDAS)では、12月15日(火)に、「第五回FINDAS研究会 Women’s Writings in Bengal(女が書くということ――ベンガルの場合)」を開催いたします。

平日開催になりますが、貴重な機会となりますので、どうぞふるってご参加ください。

※予約不要で、どなたでもご参加できます。

_____________________________

2015年度 第五回FINDAS研究会

Women’s Writings in Bengal

女が書くということ――ベンガルの場合

日時:2015年12月15日(火)16:00~17:30
場所:東京外国語大学 研究講義棟3階 307

 

◆Selina Hossain (バングラデシュを代表する女性作家)

“Gender War: My Literature My Stories”

In this session, I will discuss my own writings and experiences: ‘Gender war: My literature My Stories’. It is intended to be a reflection on discrimination against women as I experienced it since my childhood, both within my own family as well as across various realms of the broader society. The primary focus will be on how I manifest feminist issues in my own writings, especially discrimination and violence against women, and how I cope with threats from fundamentalist groups that condemn my writings even in present days.
◆Subha Chakraborty Dasgupta (デリー大学教授、比較文学専門)

“Our Stories: The Many Voices of Contemporary Women’s Narratives from Bengal”

I will talk about contemporary Women’s narratives in Bengal drawing upon both mainstream and non-mainstream writers. I will begin with an exploration of contemporary women’s writing in Bengal to locate areas of differences and identify themes relevant to the new identities of women in the rapidly changing world. I will then move on to areas where the narrator makes an attempt to portray realities outside that of the middle-class milieu, thinks in terms of shared histories. Then I will also take a look at non-mainstream narratives, those of the “ordinary woman” who is not a writer as such, but who has stories to tell often with reference to ordinary or marginalized men and women, or experiences related to changing borders. A central area in my presentation will deal with the contribution of such narratives to new ways of perceiving reality.

◆総合討論

__________________________________________________

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

【終了】2015年度 FINDAS・国際ベンガル学会ほか共催セッション「Islam, Nationalism and Civil Society in Bangladesh」、および「Feminist View in Bengali Literature 」(12/12-13)

掲載日 | 

12月12-13日ベンガルパネル・ポスターこのたび、東京外国語大学拠点(FINDAS)では、12月12日(土)・13日(日)の国際ベンガル学会(於:東京外国語大学)において、共催セッション「Islam, Nationalism, and Civil Society in Bangladesh」、および「Feminist View in Bengali Literature 」を開催いたします。

※どなたでも参加できますが、学会内の催しのため、お申込みをしていただく必要がございます。 原則として、当日まで参加申し込み可、参加費は5000円です。

国際ベンガル学会HP http://www.tufs.ac.jp/ts2/society/Bengal/ippan.html

 

 

__________________________________

International Congress of Bengal Studies 2015

The Tokyo University of Foreign Studies, Tokyo, Japan, December 12-13.

NIHU Program Contemporary India Area Studies, Center at TUFS (FINDAS),

12th December:

Islam, Nationalism, and Civil Society in Bangladesh

Session 1: Civil Society and Political Mobility       (13:00-15:00, Room 107)

Chair: Manosh Chowdhury  (Jahangirnagar University)

Introduction      Togawa, Masahiko (Hiroshima University)

Islam, Nationalism and Civil Movement: Beyond Bipolar Politics

Speaker 1           Salimullah Khan (University of Liberal Arts Bangladesh)

Two views of Islam in late colonial Bengal: On the difference between Nazrul Islam and Farrukh Ahmad

Speaker 2           Fahmidul Haq (University of Dhaka)

Shahbag Movement: Unfinished Conflict between Secularism and Religiosity in Bangladesh?

Speaker 3           Kusakabe, Naonori (Otsuma Women’s University)

NGOs and Islam in Bangladesh: Are NGOs Anti-Islam or Actors in Civil Society?

Speaker 4           Moiyen Zalal Chowdhury (Sharat) (Hiroshima University)

Civil Movement through Social Media, Identity Politics, and Islam.

Discussant

Horiguchi, Matsushiro (Former Ambassador of Japan to Bangladesh, President of Japan-Bangladesh Society, and Prof. at Nihon University)

Murayama, Mayumi (IDE-Jetro)

 

Session 2: Islam in Public Sphere       (15:30-17:30, Room 107)

Chair Moiyen Zalal Chowdhury (Sharat)

Speaker 1           Ali Riaz (Illinois State University)

Constructing and Deconstructing Narratives: Shahbagh and Islamist Politics in Bangladesh

Speaker 2           Momotaj Begum (Hiroshima University)

Female Tablighi as ‘Indirect Opinion Builder’ in Society: Understanding Gender Politics of Hefajat-e-Islam in contemporary Bangladesh

Speaker 3           Bulbul Siddiqi (North South University)

Reconsidering Politics: the Case of the Tablighi Jamaat in Bangladesh

Speaker 4           Humayun Kabir (North South University)

‘Protectors of Islam’—Hefazat-e-Islam: Ulama in Politics and the State and Islamism in Bangladesh

Discussant

Nejima, Susumu (Toyo University)

Nakatani, Tetsuya (Nara Prefectural University)

 

13th December 

Session 3: Feminist View in Bengali Literature       (9:30-11:30, Room 104)

Chair: Awaya, Toshie  (Tokyo University of Foreign Studies)

Speaker 1           Hossain, Selina  (Fareea Lara Foundation)

Feminist View in Bengali Literature

Speaker 2           Priyalekha, N. S. (University of Delhi)

Female Sexuality in the Writings of Kavita Sinha, Kamala Das and Amrita Pritam

Speaker 3           Shahanaz Begum (Purnidevi Chowdhury Girls’ College)

Locating Tahmima Anam in the Literature of Bangladesh’s War of Liberation: A Study of the Golden Age and The Good Muslim

Speaker 4           Biswas, Parthita (Uniersity of Kalyani)

Santa Devi – Sita Devi and Women Emancipation with Special Reference to Tagorean Influence

Discussant    Awaya, Toshie (Tokyo University of Foreign Studies)

_________________________________________________

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

FINDAS事務局